上川隆也 長谷川博己に関するニュース

<女性チャンネル♪LaLa TV>8月9月2か月連続企画【追悼】蜷川幸雄ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」他故・蜷川幸雄氏 演出・監督の舞台、映画、関連作品を一挙放送

PR TIMES / 2016年07月26日11時08分

●ドキュメンタリー『疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~』放送日時:2016年8月1日(月)11:00~ほか●映画『蛇にピアス』放送日時:2016年8月5日(金)25:15~ほか出演:吉高由里子、高良健吾、ARATA、あびる優、ソニン、 (特別出演)市川亀治郎(現 猿之助)、井出らっきょ、小栗旬、唐沢寿明、藤原竜也原作:金原ひとみ(第130回芥川賞受賞作品 [全文を読む]

春の桜は日本人の心!?桜ソングだけじゃない!桜(さくら)絡みの日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年05月12日10時45分

そんな一風変わった主人公を、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんや新川優愛さん、上川隆也さんがガッチリと支えます。小説、アニメと様々なメディアで注目を集めてきた同作が満を持しての実写ドラマ化。これからの展開が楽しみです。 というわけで、今回はたくさんのドラマ作品の中から、「桜(さくら)」に関する日本のドラマを5本ピックアップさせて頂きました。ドラマタイトル [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

主演は仲間由紀恵と上川隆也である。かのドラマ、原作は司馬遼太郎だが、主人公・千代は戦国の女に徹した原作から設定を大きく変えられ、反戦思想を内に秘めた現代的な女性になった。古参の大河ファンや司馬遼太郎ファンはその“脚色”に難色を示すが、逆に視聴率は4年ぶりに20%台を回復する。そう、従来の大河の主要視聴者ではない、女性たちが見てくれたのだ。そして、その流れを [全文を読む]

NHKで「金田一耕助」のドラマ、映画ラッシュのなぜ

NEWSポストセブン / 2016年11月23日07時00分

西田敏行、豊川悦司、小野寺昭、鹿賀丈史、片岡鶴太郎、上川隆也、稲垣吾郎、長瀬智也、山下智久らが演じてきた。 そんな中、先日、BSプレミアムで放送された『スーパープレミアム 獄門島』。金田一は、長谷川博己であった。 日本への復員船の中で病没した戦友鬼頭千万太に頼まれ、金田一は千万太の故郷・獄門島にやってきた。しかし、千万太が心配していた通り、三人の妹が次々殺 [全文を読む]

【女性チャンネル♪LaLa TV】蜷川幸雄さんを偲び追悼放送が決定 舞台「ヘンリー六世」「ジュリアス・シーザー」

PR TIMES / 2016年05月13日18時34分

シェイクスピア没後400周年記念 蜷川幸雄演出 舞台「ヘンリー六世」「ジュリアス・シーザー」 【舞台】「ヘンリー六世」 HD 日本初放送 2016年5月14日(土)23:00~ 演出:蜷川幸雄 出演:上川隆也(ヘンリー六世)、大竹しのぶ(ジャンヌ・ダルク/マーガレット)、高岡蒼甫(リチャード)、池内博之(サフォーク伯爵/ジョージ)、長谷川博己(シャルル/ [全文を読む]

蜷川幸雄「ヘンリー六世」「―シーザー」を追悼放送

Smartザテレビジョン / 2016年05月13日18時00分

「ヘンリー六世」は上川隆也が主人公・ヘンリー六世を演じた、'10年上演の7時間におよぶ大作。出演者は上川の他、大竹しのぶ、高岡奏輔(上演時は蒼甫)、池内博之、長谷川博己、草刈民代、吉田鋼太郎、瑳川哲朗ら。14日夜11時から放送される。 「ジュリアス・シーザー」は'14年上演作。阿部寛、藤原竜也、横田栄司、吉田鋼太郎らが195分にわたり熱演を披露する。こち [全文を読む]

“独断と偏見”で選ぶ!年末年始にまとめてみたい2015年お薦めドラマたち

日本タレント名鑑 / 2015年12月26日09時55分

この原作は、実は俳優の上川隆也さんがずっと舞台化を希望していた作品との事。上川版もいつかみてみたいですね。 日曜劇場と並ぶドラマ枠といえば、最近人気急上昇中のテレビ朝日の木曜ドラマ枠。先日終了した『遺産争族』も非常に重厚で見応えがありました。まっすぐな善人役や、軽いノリの男性役の多い向井理さん。『遺産争族』ではダークサイドに転じるシーンもあり、また役者とし [全文を読む]

「花咲舞が黙ってない」がCS初登場! 2015年1月の日テレプラスはドラマが充実! 新作・人気作・名作など連続ドラマ9作放送

PR TIMES / 2014年12月25日13時37分

スペシャルドラマもあわせて放送する作品もありますので、この機会にぜひご覧ください! ▼ラインアップ 「花咲舞が黙ってない」 【出演】杏、上川隆也ほか 「ST赤と白の捜査ファイル(スペシャルドラマも放送)」 【出演】藤原竜也、岡田将生ほか 「悪夢ちゃん」 【出演】北川景子、GACKT、優香、木村真那月ほか 「家政婦のミタ(特別版も放送)」【出演】松嶋菜々子、 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

宿・近江屋で龍馬(福山雅治)と中岡(上川隆也)が急襲される。血にまみれた龍馬が言う。 「中岡、わしはこの命、使いきれたのか‥‥」 忘れられない名シーンである。 9位には「おしん」(NHK・83~84年)が入った。おしん(音羽信子)と啓太(渡瀬恒彦)の2人は静かに海辺を散歩する。子犬を連れた女性(語り手の奈良岡朋子)が「どうぞいつまでもお元気で」と言って去っ [全文を読む]

フォーカス