浪人 河合塾に関するニュース

グダグダすぎる主人公を反面教師に! 全国の浪人生に贈る、予備校生マンガ『冬物語』

日刊サイゾー / 2015年11月14日13時00分

大学行くなら浪人して当たり前という、予備校天国の時代でした。かくいう僕も、かつては予備校で浪人生をしてました。 予備校といえば、その代名詞ともいえるのが駿台予備学校、河合塾、代々木ゼミナールのいわゆる3大予備校。「生徒の駿台、机の河合、講師の代ゼミ」なんて言われてました。いま思うと、「机の河合」って、扱いがヒドすぎますね。 そんな浪人、予備校ブームの最中に [全文を読む]

なぜ最大手だった代ゼミが無残に?北九州予備校、なぜ全国3位に?「王道」徹底で驚異的成果

Business Journal / 2017年02月22日06時00分

「予備校が冬の時代に入った」と聞くと、多くの学生が浪人することなく大学に入学しているということですから、社会的には良いことのような気さえしてしまいますが、もちろん予備校業界にとっては深刻な問題です。 2014年、大手予備校の代々木ゼミナール(代ゼミ)が、27カ所ある校舎を7カ所に減らすと発表し、当時は大きな話題になりました。かつて、代ゼミは駿台予備校、河合 [全文を読む]

校舎の7割閉鎖の代ゼミ 「私大文系に強い」の伝統がアダに

NEWSポストセブン / 2014年09月02日16時00分

浪人生(過年度卒業者の入学志願者数)は同じ期間に29万人から8万人まで激減した。 「代ゼミでは1990年代の資料を見ると全国総合模試の受験者は50万人を超えていたが、近年は10万人を大きく割り込む状況だった」(代ゼミ関係者)という。 森上教育研究所大学情報研究会の後藤健夫氏は、特に代ゼミへの逆風が強かったと指摘する。 「駿台は理系に強く、河合塾は国公立大に [全文を読む]

4メガ予備校 東大合格者数だけでなく中学受験でも競う時代に

NEWSポストセブン / 2013年03月14日16時00分

「先進国では通常、大学入学のために浪人はしないものです。ところが日本では戦後、若者の人口が急激に増えたため、受験をむかえたとき多くが入学できず、行き場をなくしてしまった。そういった社会的な問題を解決するために予備校が生まれました。特殊な歴史の遺産といってよい存在です」 ところが現在の20歳前後の人口は、1990年代前半までに大学受験をむかえた第2次ベビーブ [全文を読む]

「早稲田塾」が大量閉鎖を推し進める真の狙い あの「東進」の運営会社が見せた将来への布石

東洋経済オンライン / 2017年06月07日16時40分

よく駿台、河合塾、代々木ゼミナールの3大予備校と比較されるが、これら3大予備校が主に浪人生を対象にした文字どおりの予備校であり、母体も学校法人であるのに対し、ナガセの東進ハイスクールや東進衛星予備校は、現役生を対象にした現役予備校であり、母体が株式会社という違いがある。18歳人口のピーク期は1990年代前半。当時はおよそ3人に1人は浪人するという時代であり [全文を読む]

マーケティングの因数分解パート2「ペストに注意!」/竹林 篤実

INSIGHT NOW! / 2016年10月17日06時30分

ましてや浪人してまで私立大学を狙う層は激減している。事業縮小は賢明である。さらに代ゼミが賢かったのは、事業縮小後の展開まで考えていたことだろう。京都駅前に「ホテルカンラ京都」がある。ミシュランガイド京都・大阪版に5年連続で選ばれるほどの、知る人ぞ知るホテルである。この前身は、京都駅前にあった代ゼミ。代ゼミは18歳人口縮小を読み、予備校事業の次を考え、駅前の [全文を読む]

代ゼミ、税制免除めぐり国税が調査を検討か 不動産事業シフトで国税が狙う“本丸”

Business Journal / 2014年10月12日01時00分

「この不況時代に浪人などさせていられる裕福な家庭はごく一部」(予備校業界関係者)といわれる今、浪人生を中心とする生徒構成も収益構造にマイナスに作用し、代ゼミの経営は急速に悪化していた。このため、都市部の校舎だけを残して全国の校舎を大幅整理し、講師400人を対象に希望退職を実施することを決めた。 6年前には本部校舎として東京・渋谷に27階建ての高層ビルが建設 [全文を読む]

18歳人口縮小で代ゼミ失速 経営としては究極の失敗と大前氏

NEWSポストセブン / 2014年10月10日07時00分

1992年度は約35%だった「浪人率」が2013年度は約12%にまで減少している。これでは、私立大学志望の浪人生に重きを置いていた代ゼミが失速するのは当たり前だろう。 ※週刊ポスト2014年10月17日号 [全文を読む]

代ゼミ、大量閉校で“ジリ貧”予備校事業から不動産業へ華麗な転身?優良物件多数保有

Business Journal / 2014年08月30日14時00分

しかし、少子化の影響や現役合格志向による浪人生の減少で、予備校に入学する受験生の絶対数が激減し、事業縮小は避けられない状況となってきた。 「受験生の減少は少子化のみならず、推薦やAO入試を採用する大学も増え、現役で大学に入学することが比較的容易になり、また経済的に余裕のない家庭も増加していることもあって、浪人する学生が減っていることも要因です」 東京都内 [全文を読む]

代ゼミ独り負け 「SAPIXの買収効果で挽回も可能」と専門家

NEWSポストセブン / 2014年08月27日07時00分

少子化や大学全入時代により、「20年前に比べて浪人生が3分の1に減ったことと、国公立・理系大学の現役志向が強まり、私大文系受験に強みを持っていた代ゼミで浪人してまで勉強しようという受験生が減った」(東京の私立高校教諭)ことに尽きよう。 だが、年々減っていく受験生のパイの奪い合いは他の予備校でも熾烈を極めており、代ゼミの「独り負け」と結論づけるには、まだ早い [全文を読む]

フォーカス