評価 河合塾に関するニュース

人工知能と360°コンピテンシー評価で、企業と学生をマッチングする「GROW」 性格や価値観の潜在意識を診断する「IAT」を、スマートフォンに世界初搭載

@Press / 2016年08月24日11時00分

Institution for a Global Society株式会社(本社・東京都渋谷区、代表取締役社長・福原 正大、以下 IGS)は、グローバル人材の評価・育成事業「GROW( https://grow-to-global.com/ )」を2016年2月より、日本国内でサービスを開始しております。この度、世界で初めてスマートフォンで実施できる「IAT [全文を読む]

朝日新聞社、IGSとグローバル人材育成分野で業務提携

PR TIMES / 2015年06月10日20時01分

学生の評価、成長支援、企業とのマッチングサービス「GROW」を展開 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長・渡辺雅隆)は、教育ベンチャーのInstitution for a Global Society株式会社(代表取締役社長・福原正大、以下IGS)とグローバル人材育成分野で業務提携いたしました。 第一弾として、グローバル人材評価・育成事業「GROW」を展開し [全文を読む]

東大卒の3分の1は社会で活躍できない理由

プレジデントオンライン / 2017年04月20日09時15分

そこでその後の評価が決まります。 【弘兼】授業の質が数字に表れる。 【永瀬】そういうことです。 【弘兼】時代によって、子どもたちの気質は変わったと感じますか? 【永瀬】はい。以前の子どもは叱られて伸びる「叱られ世代」でした。一方で、今は褒められると頑張る「褒められ世代」になっています。 【弘兼】僕たちの世代は自分たちがガツンと言われてきたので、褒めるのは苦 [全文を読む]

グローバル人材評価・育成「GROW」をスタート

PR TIMES / 2016年02月10日16時35分

人工知能(AI)を活用したIGSのマッチングサービスに協力 株式会社朝日新聞社(本社・東京都中央区、代表取締役社長・渡辺雅隆)は、Institution for a Global Society株式会社(本社・東京都渋谷区、代表取締役社長・福原正大、以下IGS)と協力し、グローバル人材の評価・育成事業「GROW」を開始いたしました。GROWは学生の能力を評 [全文を読む]

東進ハイスクールが全国統一? “損切り”代ゼミより駿台&河合塾のほうがアブない!

週プレNEWS / 2014年09月03日06時00分

「東進が画期的だったのは全国展開にあたり、自前での地方校設立にこだわらず、各地域で評価が高い進学塾と提携を結んで系列校としたこと。そうした系列校や直営校へ、東進の人気講師による映像授業をオンデマンドで配信しているのです。この方式だと、不動産への投資が少なく済み、自前の校舎でも大教室を造らなくていい。つまり講義を全国規模、かつ低コストで実施できます」 一方 [全文を読む]

Fランク大学生は「給付型奨学金」をもらえない?

メディアゴン / 2017年03月11日07時30分

(抜粋・平成28年12月19日付け) (対象学校種)大学、短期大学、高等専門学校、専門学校 (家計基準)住民税非課税世帯 (学力・資質基準)全体を高校等からの学校推薦とし、成績基準の目安等をガイドラインで示しつつ、各学校が定める基準に基づき推薦 (以下のいずれかの要件を満たす者から推薦) ①十分に満足できる高い学習成績を収めている者 ②教科以外の学校活動等 [全文を読む]

東大理IIIに息子3人入れた母の発言炎上は嫉妬が原因なのか

NEWSポストセブン / 2015年09月22日16時00分

しかし、話題に話題を呼んだこの記事の評価の大半は批判だ。バッシングや罵倒といえるものも多い。例えば、こんなふうにである。・これは教育ではなく虐待だ・東大合格が人生のゴールという旧世代の価値観で久しぶりに呆れた・子どものため子どものためと自分のエゴを押しつける毒親にしか見えない 息子3人を灘中・高校から東京大学理科三類(医学部)に合格させたママ、佐藤亮子氏 [全文を読む]

フォーカス