代々木ゼミナール 河合塾に関するニュース

代ゼミの予備校ビジネス縮小から学ぶ教訓

JIJICO / 2014年09月10日12時00分

これは代々木ゼミナールのコーポレートコピーです。「第一志望は、ゆずれない」の駿台予備学校、「すべては一人ひとりの生徒のために」の河合塾とともに三大予備校と称せられています。8月28日、代々木ゼミナールは「お知らせ 平成27年度の校舎集約・事業再編について」をリリースしました。骨子は、今年度中に全国の27拠点を主要都市の7拠点に集約し、利用ニーズの高い大学入 [全文を読む]

代ゼミ、独り負けのウソ?他事業へシフトで健全な新陳代謝、「継続は美徳」の罠

Business Journal / 2014年09月09日01時00分

大手予備校の「代々木ゼミナール」(代ゼミ)を運営する高宮学園は8月25日、来年3月末で全国27カ所ある校舎のうち20カ所を閉鎖すると発表し、話題を呼んだ。例えば8月29日付朝日新聞は、次のように報じている。「大手予備校『代々木ゼミナール』(東京都)が、校舎の閉鎖と大幅な人員削減に踏み切る。来月1日からは、早期退職の募集も始まる。『3大予備校』と呼ばれた一角 [全文を読む]

4メガ予備校 東大合格者数だけでなく中学受験でも競う時代に

NEWSポストセブン / 2013年03月14日16時00分

三大予備校の駿台予備学校、河合塾、代々木ゼミナールに加え、現役高校生への指導に強い東進ハイスクールをあわせて大学受験は4メガの時代と言われている。全国展開や衛星授業による地方への浸透で盤石に見えるこれら4メガが、大学受験以外の分野へも拡大する動きを活発化させている。 つい先日、駿台予備校を運営する駿河台学園と、中学受験専門の学習塾である兵庫の浜学園が今年の [全文を読む]

東大卒の3分の1は社会で活躍できない理由

プレジデントオンライン / 2017年04月20日09時15分

少子化の中、苦戦する教育・学習塾業界の中で、河合塾・駿台と並んでかつて「3大予備校」といわれた代々木ゼミナールは2014年に27校のうち20校を閉鎖。一方で、ナガセは16年3月期の売上高457億円、営業利益65億円と過去最高益をたたき出す。 【弘兼】東進ハイスクールの特徴は現役生の多さ。予備校は浪人生のものという印象を変えました。これは永瀬さんの戦略だっ [全文を読む]

なぜ最大手だった代ゼミが無残に?北九州予備校、なぜ全国3位に?「王道」徹底で驚異的成果

Business Journal / 2017年02月22日06時00分

2014年、大手予備校の代々木ゼミナール(代ゼミ)が、27カ所ある校舎を7カ所に減らすと発表し、当時は大きな話題になりました。かつて、代ゼミは駿台予備校、河合塾と並び「三大予備校」と呼ばれ、大変な人気でした。また、多くの人気講師を抱え、「講師の代ゼミ、学生の駿台、机の河合」(講師が優れている代ゼミ、学生が優秀な駿台予備校、長机・長椅子ではなく個別の机・椅 [全文を読む]

河合塾、過酷労働強制を講師が告発 「雇い止め」是正求めると脅迫、大量不当解雇

Business Journal / 2014年12月21日06時00分

代々木ゼミナールの大規模な校舎再編や希望退職者募集でクローズアップされた予備校の経営、雇用問題。代ゼミより経営状態は良いとされる大手の一角、河合塾(本部・名古屋市)については、不当な「雇い止め」を行っていると愛知県労働委員会に申し立てがあり、審査されている。20年以上働き続けてきたベテラン講師が告発するのは、外からはうかがい知れない予備校業界のブラックな実 [全文を読む]

18歳人口縮小で代ゼミ失速 経営としては究極の失敗と大前氏

NEWSポストセブン / 2014年10月10日07時00分

かつては駿台、河合塾と並んで三大予備校と称された代々木ゼミナールの経営が窮地に陥っている。なぜ代ゼミだけがこれほど失速したのかについて、大前研一氏が解説する。 * * * 帝国データバンクが9月上旬、「学習塾・予備校主要35法人の経営実態調査」を発表した。それによると、少子化が進む中でも業績は横ばいを維持し、約8割の法人で3期連続の黒字となったが、大幅な校 [全文を読む]

東進ハイスクールが全国統一? “損切り”代ゼミより駿台&河合塾のほうがアブない!

週プレNEWS / 2014年09月03日06時00分

駿台予備学校(駿台)、河合塾と並ぶ三大予備校のひとつ、代々木ゼミナール(代ゼミ)が、全国の校舎の7割にあたる20校を来春にも閉鎖することが発表され波紋を呼んでいる。 対象は仙台、大宮、横浜、京都、神戸、小倉、熊本などの校舎で、閉鎖する校舎では来春以降の生徒募集を行なわない。この大リストラ後は東京の本部校、札幌、新潟、名古屋、大阪南、福岡の各校と、芸術大受験 [全文を読む]

校舎の7割閉鎖の代ゼミ 「私大文系に強い」の伝統がアダに

NEWSポストセブン / 2014年09月02日16時00分

「日々是決戦」をキャッチフレーズに、かつては武道館に約2万人を集めて“入学式”を行なって耳目を集めた予備校大手の代々木ゼミナール(代ゼミ)が校舎の7割を閉鎖すると発表した。大胆な経営判断の背景には、この20年間の「大学受験」の激変がある。教育事業のコンサルティングを行なう高等教育総合研究所代表の亀井信明氏は、過去に成功した予備校ビジネスモデルをこう説明する [全文を読む]

「早稲田塾」が大量閉鎖を推し進める真の狙い あの「東進」の運営会社が見せた将来への布石

東洋経済オンライン / 2017年06月07日16時40分

よく駿台、河合塾、代々木ゼミナールの3大予備校と比較されるが、これら3大予備校が主に浪人生を対象にした文字どおりの予備校であり、母体も学校法人であるのに対し、ナガセの東進ハイスクールや東進衛星予備校は、現役生を対象にした現役予備校であり、母体が株式会社という違いがある。18歳人口のピーク期は1990年代前半。当時はおよそ3人に1人は浪人するという時代であり [全文を読む]

マーケティングの因数分解パート2「ペストに注意!」/竹林 篤実

INSIGHT NOW! / 2016年10月17日06時30分

賢かった代ゼミ代々木ゼミナールが、予備校事業を縮小・撤退している。18歳人口の継続的減少が、今後も見込まれるのだから、予備校業界での生き残りが厳しくなるのは当然のこと。特に、国公立トップ校合格を目指す駿台や河合塾に比べて、代ゼミは私立を対象としていたから厳しさもひとしおだ。私立大学は既に全入に近い状況である。早稲田でさえ、試験を受けて入ってくる学生は半分以 [全文を読む]

異常な医学部ブームの罠…6年大学通った末に低収入&激務、儲けるのは困難

Business Journal / 2016年10月15日06時00分

代々木ゼミナールの『医学部の志望倍率ランキング2016年』によると、次のように、トップ10までがなんと倍率30倍以上となっている。・東海大:85.7倍・金沢医大:55.2倍・昭和大:50.8倍・日本大:45.7倍・岩手医科大:40.2倍・福岡大:36.7倍・愛知医科大:33.6倍・獨協医科大:31.6倍・杏林大:30.6倍・藤田保健衛生大:30.6倍 1位 [全文を読む]

グダグダすぎる主人公を反面教師に! 全国の浪人生に贈る、予備校生マンガ『冬物語』

日刊サイゾー / 2015年11月14日13時00分

予備校といえば、その代名詞ともいえるのが駿台予備学校、河合塾、代々木ゼミナールのいわゆる3大予備校。「生徒の駿台、机の河合、講師の代ゼミ」なんて言われてました。いま思うと、「机の河合」って、扱いがヒドすぎますね。 そんな浪人、予備校ブームの最中に生まれた『冬物語』というマンガがあります。浪人して予備校に通う受験生たちの、まさしく「冬」な心境を描いた作品で [全文を読む]

代ゼミ、税制免除めぐり国税が調査を検討か 不動産事業シフトで国税が狙う“本丸”

Business Journal / 2014年10月12日01時00分

8月、学校法人高宮学園は全国27カ所に展開する大手予備校・代々木ゼミナール(以下、代ゼミ)を7カ所へ減らす方針であると明らかにした。校舎の大量閉鎖方針は業界を超えて世間に驚きを与えたが、国税当局もこの代ゼミの大規模リストラ計画に強い関心を示しているという。 高宮学園は、閉鎖する校舎やその不動産をホテルなどにリニューアルして再活用する方針を検討しているが、「 [全文を読む]

校舎7割閉鎖の代ゼミ SAPIXを傘下に収めて少数精鋭路線に

NEWSポストセブン / 2014年09月04日07時00分

予備校大手の代々木ゼミナール、通称「代ゼミ」が、校舎の7割を閉鎖すると発表し、大きな話題となっている。ただし、今回の騒動を単純に「代ゼミの凋落」と見るのは早計だ。受験人口が先細りしている以上、大学受験ビジネスは斜陽産業といわざるを得ない。代ゼミはそこから最初に抜け出して次の展開を見据えている。 「駅前の一等地の校舎を売却するので、経営的に危うくなることは考 [全文を読む]

代ゼミ、大量閉校で“ジリ貧”予備校事業から不動産業へ華麗な転身?優良物件多数保有

Business Journal / 2014年08月30日14時00分

大手予備校の「代々木ゼミナール」(代ゼミ)を運営する高宮学園は8月25日、来年3月末で全国27カ所ある校舎のうち20カ所を閉鎖すると発表した。 1957年に開校した代ゼミは、駿台予備学校、河合塾と並び「3大予備校」と呼ばれ、一時代を築いた。1990年代には、人気講師の授業には徹夜で並ぶ受験生もいるほどで、衛星中継によって講義を全国各地で受けられるようにする [全文を読む]

代ゼミ独り負け 「SAPIXの買収効果で挽回も可能」と専門家

NEWSポストセブン / 2014年08月27日07時00分

「駿台」、「河合」と並んで大学受験予備校の老舗といわれ、頭文字をとった“SKY戦争”の一角を占めていた「代々木ゼミナール」が脱落しつつある。全国27拠点のうち20もの閉鎖、主要な模擬試験の廃止、教職員のリストラなど、次々と縮小路線を余儀なくされている。 代ゼミ不振の要因は大方報じられている通り。少子化や大学全入時代により、「20年前に比べて浪人生が3分の1 [全文を読む]

大手4予備校の東大合格者実績 実際の合格者数より多い理由

NEWSポストセブン / 2013年04月07日07時00分

■駿台予備校 1235名 ■河合塾 1184名 ■東進 588名 ■代々木ゼミナール350名 合計すると3357名。ところが、この年の東大合格者数は3108人。なんと200名以上も実際の数字を上回っているのだ。いったいなぜか? 「各予備校によって、自校の合格者とする基準が異なるためです」 こう話すのは、学力問題および予備校事情に詳しい教育評論家の小宮山博 [全文を読む]

フォーカス