センター試験 河合塾に関するニュース

学研Web講座からセンター対策の映像授業 「大学合格スイッチ」 数学I・A発売開始!

PR TIMES / 2014年05月21日14時03分

毎年50万人以上が受験する大学入試センター試験(以下、センター試験)で、受験生の平均得点率はおおむね60%前後※です。ほぼ高2までの学習内容で構成されている試験でなぜその程度しか得点できないのか? そこには、「学校で学んだ範囲だから解けるだろう」という間違った思い込みで、センター試験独自の出題傾向対策が不十分になってしまう、という落とし穴があります。※「平 [全文を読む]

大学入試“今昔物語” 親子世代でこれだけ違う

OVO [オーヴォ] / 2017年05月26日11時27分

大学入試センター試験を廃止し、新しいテストを導入することが文部科学省から発表されて、その頃受験、という子供を持つ親たちを困惑させているが、そのセンター試験だって、始まった頃と今では、ずいぶん事情が変わってきた。センター試験がスタートした1990年と2015年を比較すると、たとえば4年制大学へ進学する割合は、17.8%から48.9%に増え、2人に1人が大学 [全文を読む]

トーハン MVPブランド センター試験対策「Mark sheet Note(黒本ノート)」を販売 ~受験生に定評のある参考書「黒本」シリーズとコラボレーション~

DreamNews / 2016年10月25日15時00分

株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)は、ナカバヤシ株式会社(本社・大阪市中央区、辻村肇社長)・株式会社河合出版(本社・東京都渋谷区、両角恭洋社長)と、受験生に定評のあるセンター試験対策参考書「黒本」シリーズとコラボレーションをした「Mark sheet Note(黒本ノート)」を、トーハン独占販売のMVPブランド商品として全国約500書店で [全文を読む]

センター試験対策におすすめの参考書まとめ

マイナビ進学U17 / 2016年03月18日12時03分

センター試験は受験生最大の関門といえるもの。国立大学を受験する人は失敗することができないため、効率の良い勉強方法が重視されるはずです。校外学習には予備校、家庭教師、進学塾などありますが、今回は、参考書の選び方についてご紹介いたします。自分に合った参考書をしっかり選んで、来年のセンター試験に向けて、万全の準備をしましょう!■参考書を選ぶ前に、自分の実力を把握 [全文を読む]

学研教育出版、2015年センター試験ボーダー情報を1月21日(水)より速報開始!

PR TIMES / 2015年01月22日11時04分

ボーダー率を1%単位で検索できる独自のシステム 株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川/社長:碇 秀行)の大学受験情報サイト「ガクセイト」では、先日実施された大学入試センター試験のボーダー情報を特設Webページにて1月21日(水)より公開しました。 このボーダー予測の速報システムは、河合塾 [全文を読む]

短期集中映像講座でセンター試験を攻略! 人気講座「大学合格スイッチ」 より数学II・B発売開始

PR TIMES / 2014年10月16日16時47分

近年の地方国公立大学人気もあり大学入試センター試験※(以下、センター試験)受験者数は、年々増加傾向です。なかでも国公立大学志望者がセンター試験を受験する場合、理系・文系問わず数学が必須となります。ところが、数学II・BはI・Aに比べ難度が高く勉強範囲も広いのが特徴です。しかし、高得点を取るには、特別な才能や適性は必要ありません。徹底的に「基礎項目を覚える」 [全文を読む]

『8割取れるセンター物理』講座を11/8より配信開始、スタディ・タウンの映像授業・大学受験シリーズ

DreamNews / 2013年11月11日13時00分

この『8割取れるセンター物理』講座は、センター試験の物理対策の映像授業を、PC、スマホ、タブレットで受講できるサービス。センター物理が「図を使った問題」が大半を占めていることに注目し、この「図を使った問題」を、パターンを覚えて解けるようにする点が特徴。センター10年分を分析し、センター8割に必要な30パターンだけに絞り込んでいる。全30回の講座(約22時 [全文を読む]

親世代・子世代で大学入試を比較!『大学入試の昔と今』をインフォグラフィックで公開

@Press / 2017年05月25日14時00分

「大学入試センター試験」は2020年1月の実施を最後に廃止され、新しいテストを導入することが文部科学省から発表されています。また、新しいテストの実施だけでなく、大学入試全体、さらには高校教育、大学教育を含めた改革を行っていくことが現在議論されています。河合塾では、こうした改革の概要や議論の背景について、ビジュアルでわかりやすく表現するデザイン手法“インフォ [全文を読む]

大学入試大改革で大学間格差拡大か 脱暗記主義の落とし穴、進学校有利鮮明に

Business Journal / 2015年03月04日06時00分

改革の骨子は現在実施されている大学入試センター試験を廃止して、新テストを導入するというものだ。詳細は下表(河合塾・大学入試情報より抜粋)の通りだが、スケジュール通りに進行するのならば、現在の小学6年生から新たな方式での受験を強いられることになる。1979年に導入された共通一次試験に始まり、90年に大学入試センター試験と名称こそ変わったものの30年あまり、ほ [全文を読む]

フォーカス