ニュース 松本伊代に関するニュース

和田アキ子「なんで線路に」ヒロミの前で失言し赤面

日刊大衆 / 2017年05月03日18時05分

この日、「おまかせ!ニュースランキング TOP10」のコーナーで、タレントの神田沙也加(30)の結婚について、母親が松田聖子(55)であることを知らない人が多かったという話題を取り上げた。番組では街頭インタビューを実施。VTRの中で、神田の母親について「松本伊代」と答えた若者の映像が流れた。 和田アキ子(67)が「今週もいろいろありましたね。どう? 24 [全文を読む]

第4回「松本伊代の謝罪で懸念される“炎上芸能人枠”認定の可能性」

WEB女性自身 / 2017年01月31日00時00分

松本伊代らしいじゃん! アイドル時代の彼女を知る人はニュースを知ってもなんとも思わなかったことでしょう。今回の騒動は松本伊代さん(51)と早見優さん(50)が収録の合間に踏切内へ侵入。記念撮影を行っていたところ警報機が鳴って慌てて線路外へ出たというもの。それが業務妨害や迷惑行為にあたるとして、ネットで炎上してしまったようです。 伊代さんが謝罪したことで事態 [全文を読む]

『週刊プレイボーイ』創刊50周年―その歴史の中で読者は何に「熱狂」したか?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月16日17時30分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 男性週刊誌『週刊プレイボーイ』(以下『週プレ』)は1966年10月28日に創刊し、今年をもって50周年を迎えた。1964年に創刊した『平凡パンチ』の対抗誌という位置づけだったが、そのライバル誌も1988年に休刊しており、生き残ることの難しさを思い知らされる。そんな『週プレ』が、メモリアルイヤーを記念して『週刊プレ [全文を読む]

【痛すぎる】虚構じゃないのかよ、松本伊代・早見優「線路内入ってみた!」撮影で書類送検!

秒刊SUNDAY / 2017年02月10日13時56分

松本伊代 引用:松本伊代公式ブログ「天使のバカ」http://ameblo.jp/iyo/ーネットの反応・ 痛いとは思うけど…… これで書類送検と聞くと、警察は20万円の万引き犯では動かないくせにと思ってしまう 松本伊代さん・ 松本伊代と早見優の件はディストピアっぽくてイイネ・ 松本伊代と早見優が線路に、、、、w・ 昭和を代表するアイドルが何やってるんや [全文を読む]

「ステージに立って歌ってる時が一番楽しいかな」松本伊代さん

まぐまぐニュース! / 2016年05月10日03時51分

メルマガでは毎週エキサイティングなNY生活やインタビューのウラ話などほかでは記事にできないイシューを届けてくれる 出典元:まぐまぐニュース[全文を読む]

50才でも自然体の小泉今日子「加齢は劣化ではなく変化」

NEWSポストセブン / 2016年02月26日07時00分

小泉がすっぴんで自宅を公開した表紙のほか、母・由美さんが初めてメディアに登場するなど、大きなニュースとなった。 女性アイドルの当たり年といわれる「花の82年」にデビューした小泉今日子。中森明菜(50才)、松本伊代(50才)、早見優(49才)、堀ちえみ(49才)といったスターが同期としてデビューするという、アイドル全盛期だった。“聖子ちゃんカット”が大流行し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松本伊代、夫・ヒロミの丸刈りを否定「安心してください、髪ありますよ」

TechinsightJapan / 2015年11月26日19時55分

タイトルも“急に”だったことから「丸刈りのような短髪にしたのか」と一部のニュースで取り上げていたが、妻の松本伊代が「髪ありますよ」と丸刈り説を否定した。 25日に更新された『ヒロミオフィシャルブログ「時遊人」』の写真はサイドがかなり刈り上げられており、彼が大幅なイメージチェンジをしたのではないかと捉える人が多かったようだ。 しかし26日、『松本伊代のブログ [全文を読む]

6月21日生まれは超絶ナルシスト!?誕生日でわかる○○ランキング【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年06月20日11時45分

みなさんには、これだけは誰にも負けない!と思うものってありますか?例えば、話すのは苦手でも聞き上手だったり、リーダーには向いていなくてもサポートは得意だったり。人にはそれぞれ、得手・不得手がありますよね。占いサイト『365誕生日大占術』 などで人気の心理占術研究家・天城映さんによると、あらゆるテーマに関して1位~366位まで順位をつけられるそう。今回はその [全文を読む]

浅田美代子、松本伊代、佐藤浩市ら通う美容室を西麻布に発見

NEWSポストセブン / 2012年09月09日07時00分

そのころ、担当していた女優さんたちのアップスタイルを作るときに、髪をとめるU字形のねじピンを見ながら、これに巻きつけたらどうなるだろうと思ってやってみたんです」 5つのどの店舗もお客さんの姿が外から見えないよう考慮されていて、リラックスできる居心地のよさも大きなポイント! ※六本木美容室 西麻布店 住所:東京都港区西麻布3-13-10 パークサイドセピア3 [全文を読む]

続出した「線路立ち入り」 秋の観光で安全に入れる場所も

NEWSポストセブン / 2017年09月16日16時00分

小田急沿線火災、JR神田駅での乗客リュックサック出火、東京メトロ銀座線での白煙騒動など、鉄道炎上事故のニュースが多い近頃。昨今他に鉄道関連で話題になった内容を振り返ってみると、「線路内立ち入り」で“ネット炎上”するケースが増えてきていることに気づく。 昨年は“インスタ映え”を求めて、線路内に寝転んだ写真を投稿した男性や、同様の内容で動画を投稿した女子高生が [全文を読む]

芸能人「線路侵入」の踏切、かえって観光名所化? 撮影相次ぎ、警察「絶対にやめて」

弁護士ドットコムニュース / 2017年08月19日09時51分

(弁護士ドットコムニュース[全文を読む]

4位にヒロミ&伊代!「理想の芸能人夫婦」第1位は?

日刊大衆 / 2017年05月26日07時05分

“不倫”や“離婚”など、最近はネガティブなニュースばかりが目立つ「芸能人夫婦」。しかしその陰で、円満な結婚生活を送っている芸能人夫婦は多い。そんなおしどり夫婦のエピソードを聞いて、幸せな気分になる人も多いことだろう。そこで今回は、未婚の男女100人に「憧れの芸能人夫婦」を聞いてみた。 第5位(6%)には、反町隆史(43)と松嶋菜々子(43)夫妻がランクイン [全文を読む]

コミュ障や嫌煙家が警鐘!「モラルのない大人が多すぎる」

しらべぇ / 2017年03月24日08時00分

公園での花見の後や、渋谷のハロウィンなどで、ゴミを片づけないでそのまま放置する光景がニュースになっている。近頃、自分さえよければいい、だれかに見られてなかったらいいと思う大人たちが多くなっているのではないだろうか?(violet-blue/iStock/Thinkstock)■モラルのない大人が多すぎると思う人は全体の7割しらべぇ編集部では、全国20~60 [全文を読む]

行列に割り込んだり、ホテルで偽名使い逮捕される恐れも

NEWSポストセブン / 2017年03月05日07時00分

そのニュースを聞いて、「えっ、そんなことが犯罪になるの?」と驚いた人も多いのでは。身近にあり得る犯罪について解説する。◆自転車で歩道を走る ついやってしまいがちなのが、自転車による違反行為だ。「自転車で歩道を走るのは道路交通法違反です。歩道に“普通自転車歩道通行可”の標識などがある時、13才未満の子供や70才以上の高齢者、体の不自由な人が運転している時、そ [全文を読む]

「指定日前にゴミ出し」など、ついやってしまいがちな犯罪

NEWSポストセブン / 2017年03月04日07時00分

松本伊代(51才)と早見優(50才)が書類送検されたニュースを聞いて、「えっ、そんなことが犯罪になるの? もしかすると私も同じようなことをやってたかも」(44才・主婦) のように驚いた人も多いのでは。2人は1月中旬、旅番組のロケで京都を訪れ、踏切から線路に立ち入って写真を撮影、松本が自身のブログにアップした。 松本としては“軽いノリ”だったのかもしれないが [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(2)市川紗椰のモデル時代のお宝写真集

アサ芸プラス / 2017年02月18日17時57分

まさかその翌年に夜ニュースのキャスターになって、毎日見られるようになるとは誰も想像できなかったはずです」(鎌田氏) 98年の「月刊永作博美」から始まった「月刊〇〇」シリーズは1冊まるごと1人の女優を取り上げ、しかも他で見られないような過激な中身が人気を呼び、大ヒットした。芸能評論家の織田祐二氏が熱く語る。「雑誌スタイルのため発売時間が短く、気づいた時には入 [全文を読む]

ヒロミ、伊代の線路立ち入りを謝罪。「ダメなものはダメ」

WEB女性自身 / 2017年02月12日06時00分

番組MCの松本人志(53)も今回のニュースについて言及。「少し(世間に対しての)見せしめの部分もあったと思う」と自身の率直な感想を述べた上で、「僕が言えることは、伊代ちゃんやロンブーの亮君のような(天然な)人はSNSをやめるべきだよね」と別角度から苦言を呈し、これにはヒロミも「絶対やめると思います」と苦笑いを浮かべていた。 [全文を読む]

まだ16だから? 松本伊代さん線路内で写真撮影し謝罪…どんな罪になるのか

弁護士ドットコムニュース / 2017年01月17日10時53分

たとえば、踏み板を勝手に線路に設置して、それが浮いていて車輪に当たるなどの場合は、往来危険罪で処罰される可能性もあり得ます」 (弁護士ドットコムニュース)【取材協力弁護士】岡田 一毅(おかだ・かずき)弁護士2013年度京都弁護士会副会長。交通事故などの交通法務に詳しく、大手損保会社の顧問弁護士も勤める。また医療法人の顧問弁護士など、医事法務についても手が [全文を読む]

テレビ局関係者に聞いた、評判のいい&評判の悪い“二世タレント”は?

サイゾーウーマン / 2016年12月30日11時45分

ハッキリ言って客を呼べるタレントではないことから、コスパを考えると相当難アリの存在です」(テレビ局プロデューサー) 2017年は、二世タレント界隈から明るいニュースがもたらされることに期待したい。 [全文を読む]

週刊プレイボーイ50周年記念本『熱狂』で、現在のグラビアを彩るトップ3人が刺激された“熱狂”とは

週プレNEWS / 2016年10月18日16時00分

1966年の創刊時より、150人を超える美女たちのグラビアや時代ごとのニュースを映した活版記事、人物インタビューに連載まで網羅し、320ページのボリュームで再録された保存版だ。 石川、片山、馬場の3人は現在のグラビアを代表する顔として登壇。『熱狂』について、それぞれの感想を聞かれると、 「グラビア界の黒船と呼ばれたリア・ディゾンさんのページが印象的です。グ [全文を読む]

フォーカス