彼女 松田龍平に関するニュース

松嶋菜々子、3年ぶり復帰作『吉良奈津子』は夏ドラマに一石を投じるか?

リアルサウンド / 2016年07月28日06時10分

出産から3年を経た現在、彼女が職場へと復帰するところから物語はスタートする。当然のごとく、かつてと同じ部署で働けると思っていた彼女だが、配属されたのは「営業開発部」という聞き慣れない部署だった。「部長」というポストこそ与えられたものの、どこか覇気のない部下たち。新社長の肝いりで設置されながらも、ほとんど実績を残していない「営業開発部」は、会社にとってもお荷 [全文を読む]

『カルテット』に谷間さん登場?松田龍平のオトナな言い間違いが話題

しらべぇ / 2017年01月25日16時30分

彼女は夫の谷村大二郎(富澤たけし)とともに店を営む女性だ。しかし、彼女が座りながら話すと、その緩い胸元が気になってしまったのか、司の様子が不自然に。そして、なにを間違えたのか「谷間さん」と彼女のことを呼んだのだ。その後、彼女は大二郎に連れられ、一旦外に。カルテットの他の3人に間違いを指摘されるが、時すでに遅しで、司は両手に持ったデコポンを見つめるばかりだっ [全文を読む]

松田龍平、おじさん役が意外とハマる! 続編を予感させる“ほっこり”人情喜劇

anan NEWS / 2016年11月04日20時00分

ところが、彼女は祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためにハワイへ帰ってしまう。エリーに会いたい一心のおじさんが取った行動は、なんと空き缶拾い。飲料メーカーが主催する懸賞でハワイ旅行を当てようと、空き缶の応募券を集めまくる! 情熱のベクトルが完全に別方向へ向いているけど、懸命に目的を果たそうとする姿はどこか憎めなくて、愛らしさを感じるほど。雪男の協力を得て、念 [全文を読む]

「残念なイケメン」に心がなごむ 不器用さにキュンとくる映画3選

Woman.excite / 2016年02月13日10時00分

スキーで転んで入院した祥子をお見舞いに行き、恐縮する彼女に「心配させてよ。心配しちゃうのが仕事っていうか…」とねぎらう人の好さ。夏は故郷の海辺で、冬は雪の降るクリスマス、下宿の前の庭で、世之介は祥子に「キスしていい? じゃ、ちょっと失礼して…」とキス。そんなこと聞く男って最低! と普段なら思うのですが、嫌味のなさはさすがイケメン。かっこいいのにもったいない [全文を読む]

『カルテット』4人の“最後の夜”に感動! “全員片思い”から“全員両思い”へ

リアルサウンド / 2017年03月15日06時10分

真紀にとっての元・義母である巻鏡子(もたいまさこ)が刑事から聞いた話によると、彼女は10歳の頃に母を事故で亡くし、その後は義父と暮らすも虐待を受けていたという。賠償金を得ていたため金銭的には余裕があった彼女は、本名を捨て、「早乙女真紀」から戸籍を購入し、別人として東京で暮らしていたというのだ。彼女が失踪したのと同時期に義父が亡くなったため、警察は彼女が父を [全文を読む]

両思いは現実、片思いは夢のよう。切なくて苦しい満島ひかりと高橋一生に萌えてしまう/『カルテット』第八話レビュー

messy / 2017年03月08日22時00分

帰郷前夜には4人に御礼の手料理を振る舞い、4人の生活習慣の乱れが大いに目に付く、と滔々指摘する寮母さん……いや、金八先生みたいな境子さんでしたが、現在息子はコンビニ強盗の罪で拘留中という事実が彼女の身には降りかかっています。しかし嘆き悲しむ素振りは見せぬまま、真紀にも「自分の人生を生きてください。ごめんね。じゃあね。ばいばい」と気丈に声をかけて去っていきま [全文を読む]

松田美由紀 長女の元カレと「手つなぎ」でパーティーに出席

NEWSポストセブン / 2012年06月14日07時00分

きゅっとひとつに結んだ髪にシックな装いの彼女は、金髪に黒縁メガネをかけた若い男性を同伴していた。 多くの出席者でごった返す会場内を、ふたりは時には手をつなぎ、時には腕を組んで片時も離れることなく歩き回っていた。男性は若手実力派アートディレクターのA氏(36才)。写真家のレスリー・キーや『VOGUE』などの広告や宣伝にかかわるなど多岐にわたって活躍している人 [全文を読む]

松田龍平パターンか!? いまだ謎多きココリコ・田中直樹の電撃離婚

日刊サイゾー / 2017年05月10日11時00分

これに彼女が耐えられなかったのかもしれません。夫に強烈な不満があるわけではなく、気持ちの問題。彼女は20代の楽しい時期を2人の子どもの育児に費やし、ようやく昨年後半から仕事を再開し始めた。やりたいこともたくさんある中で、新居購入は“重かった”のかもしれません」と推測する。 似たようなケースでいえば、俳優・松田龍平と女優・太田莉菜夫婦もそうだ。2人はまだ離婚 [全文を読む]

松田龍平・翔太ならどっちの彼女になりたい? 女性の熱愛希望は…

しらべぇ / 2017年05月08日07時00分

・合わせて読みたい→「正統派vs雰囲気イケメン」 女性が支持するのは意外にも…(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日 対象:全国20~60代の松田龍平・翔太兄弟を知っている女性532名(有効回答数) [全文を読む]

すれ違いを自覚した夫婦が、相手の幸せを願ったら/『カルテット』第七話レビュー

messy / 2017年03月01日23時00分

彼女が自ら語っていたように<夫に片思いしている>ことが圧倒的な勢いで伝わります。 幹生が「人殺しちゃった」と告白すると、さすがの真紀も言葉を失いますが、彼女に迷惑をかけるまいと離婚を口にする幹生に、真紀がした提案は「逃げよう」。「逃げて誰もいないところで一緒に暮らそう」「一緒にいるの嫌なら、いい距離置くようにするから」と。「やったの俺だから」と真紀を巻き込 [全文を読む]

松嶋菜々子、濡れ場解禁!? 3年ぶりの連ドラ主演作にファンの期待高まる

メンズサイゾー / 2016年06月21日10時00分

彼女が演じる役は広告代理店の売れっ子ディレクターで、40歳手前で結婚して出産し、育児休暇で職場を離れていたキャリアウーマンだ。ドラマ内でも3年ぶりに"職場復帰"する彼女が、周囲との人間関係に頭を悩ませながら仕事と家庭の両立に奮闘する姿が見どころだという。 "産後復帰した女性が働くこと"をテーマにした同作。社会問題と言える内容を扱うことからシリアスな作風にな [全文を読む]

それでもぼくらはヒゲを生やす。大学で増殖を続ける“ちょいヒゲ男子”の主張

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月25日12時00分

恐らく彼女は髭が嫌いだ。言葉を偽っている。しかし彼女の思いやりの心は紛れもない本物だ。② スイーツ女子:21歳A.「不潔。テレビでヒゲは雑巾より汚いって言ってたし」待て待て待て待て。言っとくがなぁ、髭に付着している細菌は便器並みなのだ。まぁ確かに不潔かもしれない。でもなぁ、でもなぁあ! 人間の指先に付着している細菌は便器の10倍なんだぞお!? “10倍かめ [全文を読む]

前田敦子、妊娠でモヒカンの恋人の故郷に結婚報告!?

Movie Walker / 2015年07月23日09時00分

彼女のようなお嫁さんはとっても楽しいと思う」と話す。 また、今回が沖田作品初出演となる千葉は、「出てくる登場人物たちがすごく面白くて、脚本を読みながらクスっとなることが多く、いろいろな事を感じましたが、脚本を読み終わった時は家族っていいなって心から思えました」とコメント。 本作はオール広島ロケを敢行し、瀬戸内海に浮かぶ四島(下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下 [全文を読む]

子供たちの活躍の裏で...前妻が明かした松田優作の在日差別への恐れと日本国籍への執着

リテラ / 2015年06月13日08時00分

ただ彼女(美由紀)と築いた家庭では長女になるでしょうから、そういった意味での"長女"という表現ならわかりますが」(「女性セブン」小学館/6月4日号より) 美智子と優作は1975年に結婚、翌年に娘が生まれている。ところが、1980年に優作は当時18歳だった新人女優・熊谷美由紀(旧姓)と不倫関係になり、美智子と別れて美由紀と再婚した。美智子はいわば、美由紀に夫 [全文を読む]

ムロツヨシ 本名が明かせない理由と猫が飼えない理由

NEWSポストセブン / 2017年05月27日07時00分

母親とは4才の時に別れてからずっと会っていないんですが、彼女にはすでに新しい家族がいて、子供もいるようなんです。俳優になろうと思って名前を考えた時、もし本名だったら、母親がテレビを見て『あ、私の息子だ』って目障りなんじゃないかってムロさんは思ったそうなんです。実際はそこから17年くらい売れないんですけどね(苦笑)」(テレビ局関係者) そんなムロにとって家族 [全文を読む]

『カルテット』幸福感あふれる最終回に絶賛の声! 早くも“アンコール”熱望も

リアルサウンド / 2017年03月22日06時15分

真紀の存在に気付いたメンバーは、一瞬表情が固まるものの、楽しげな演奏で去ろうとする彼女を引き止める。そして、久しぶりに真紀と向き合ったすずめは、彼女の頭に白いものを見つけ、労わるように抱きしめる。その後ろから、さらに家森も抱きしめ、別府は車を取りに行く。また、4人での生活が始まった。 1年ぶりに揃っての夕食。別府と家森は、下の名前で呼び合うようになっており [全文を読む]

人生をやり直したのは「普通」に生きたかったから、もうやり直したくないのは今が幸せだから/『カルテット』第九話レビュー

messy / 2017年03月15日22時00分

自分は彼女に特別さを求めていたけれど、真紀は普通の人になって生きたかったのだということに。真紀は幹生と結婚して名前が<巻真紀>になることを望み、ときめきよりも安らぎある「家族」を求め、ヴァイオリンを続けることよりも専業主婦になって「家庭」を守ることに固執していましたが、その理由が今になって腑に落ちたのでしょう。他人の名を騙ることで生き延びた真紀は、早く普通 [全文を読む]

高橋一生、『カルテット』“片思い”判明にネット騒然! SAJ三段活用に「切なすぎる」の声

リアルサウンド / 2017年03月08日06時11分

職場にも早々に馴染むと、上司からピアノのコンサートのチケットを2枚もらうのだが、彼女はそれを別府と真紀にプレゼントすることを思いつく。すずめは別府のことが好きだが、真紀のことも好きなので、ふたりに幸せになってほしいと考えているのだ。職場の男性に食事に誘われたと嘘をついて、半ば強引に、ふたりをデートへと送り出す。 ここで鋭かったのが、家森だ。いつもわがままを [全文を読む]

松田龍平は〇〇的な男?太田莉菜が不倫に至った理由を占ってみた【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2017年03月03日11時55分

もともと好奇心旺盛なうえ、早くから刺激に満ちた芸能界にいた彼女にとって、家事と育児に追われる日々は我慢できないものだったのかもしれません。だからと言って既婚者が、好奇心の赴くままに恋をするのは、いかがなものかと思いますが。■太田莉菜の恋愛スタイルお次は太田さんの恋愛傾向について。こちらも結婚と同じで、落ち着いた恋愛はできない人みたいです。◎パターン化すると [全文を読む]

松田龍平が離婚へ 万能の姑・松田美由紀の存在が影響か

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

もともと翔太くんも彼女とは友達でしたからね。彼女はいつも松田家と仲よくご飯を食べていましたよ。子育てと仕事の関係に関しても龍平さんの理解のもと、美由紀さんがフルサポートしていました」 実際、美由紀は莉菜のことを実の娘のようにかわいがった。莉菜の妊娠がわかった時、美由紀は以下のように喜びを爆発させている。《自分のことのように嬉しいです。私も結婚したくなっちゃ [全文を読む]

フォーカス