病院 関西電力に関するニュース

日本ではじめて、全国の糖尿病専門医と連携した医療保険者向け『優秀糖尿病臨床医ネットワークサービス』4月からスタート!

PR TIMES / 2012年03月29日16時28分

『優秀糖尿病臨床医ネットワーク』は、堀田 饒先生(中部ろうさい病院名誉院長)、清野 裕先生(関西電力病院病院長)、渥美 義仁先生(東京都済生会中央病院常勤顧問・糖尿病臨床研究センター所長)など、日本の糖尿病治療を代表する医大の教授、名誉教授クラスの先生方に評議員としてご参画いただき、優秀糖尿病臨床医の推薦・選考をいただいております。また主な特別顧問として、 [全文を読む]

新電力「エコスタイルでんき」関西電力管内へ販売エリアを拡大

PR TIMES / 2016年09月01日15時59分

【電力販売サービス概要】★法人様向け 特高・高圧電力販売サービスビル・独立店舗・学校・病院・介護施設・工場向けのサービスです。割引率はお客様の現在のご契約内容と1年間の電気の使用パターンによってお客様毎に異なりますので、まずは電気受給調査票を当社HPの見積依頼より送信ください。それを基に当社よりお客様へ最適な電気料金プランをご案内いたします。★法人様(高圧 [全文を読む]

ブームの火付け役が論破する「糖質ダイエット批判」

WEB女性自身 / 2014年02月17日07時00分

清野裕医師(関西電力病院長)は『糖エネルギーが不足すると体は自分の筋肉を分解してアミノ酸に変え、筋肉量がどんどん減っていってしまう』と言っていますが、この『糖新生』という代謝は最初は肝臓で起こり、飢餓状態が続いた場合にのみタンパク質が使われる。絶食を続けないかぎり、筋肉は減りません」 【批判2】骨密度が落ちて骨粗鬆症になる【論破2】「骨粗鬆症の原因はカルシ [全文を読む]

原発反対“橋下ブラックアウト”で政治生命終わると大前研一

NEWSポストセブン / 2012年05月10日07時00分

病院などでは死者が出るかもしれない。だから、常に10%ぐらいの余力を確保しておかねばならないのだ。 橋下市長が関電いじめを続け、大飯原発3・4号機を再稼働させないままにしたとする。その結果、1回ブラックアウトが起きたら、財界は“橋下ブラックアウト”と呼ぶだろう。それで彼の政治生命は「ジ・エンド」だ。 [全文を読む]

「第4回 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」6月1日から募集開始 ~おいしい、バランスのよい手作りごはんで、健康&幸せ家族を目指そう!~

PR TIMES / 2017年05月25日12時30分

栄養士・管理栄養士を目指す全国の学生が対象 公益社団法人 日本糖尿病協会(所在地:東京都千代田区麹町2-2-4、理事長:清野 裕・関西電力病院総長)は、「第4回 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」(後援予定:厚生労働省・文部科学省 等)の参加者を2017年6月1日(木)から7月31日(月)までの2カ月間、日本全国から広く募集します。 当協会では、 [全文を読む]

【コラム】過労自殺と遺されたもの

NewsCafe / 2016年10月20日16時45分

落ち込んでいる本人自ら病院やカウンセリングルームに行ける人はよいですが、そうした専門機関に行かない人も多くいます。そのときは一緒に行くのもよいのではないでしょうか。亡くなった人を思い、感情は揺れ動きます。癒す場が身近にあればよいですが、時には専門家を頼ってもよいでしょう。 [執筆者:渋井哲也]NewsCafeコラム [全文を読む]

【イベント報告】簡単・時短「残業ごはん」料理教室②

Welby Media / 2014年11月28日19時24分

◆Tomoko先生の簡単・時短 「残業ごはん」レシピはこちら http://media.welby.jp/wp-content/uploads/2014/11/141110recipes.pdf ■ご紹介 今回ご紹介した「ひじきのチャーハン」のレシピは、先生が寄稿された「関西電力病院のおいしい糖尿病レシピ」本(P.163 ひじきチャーハン)に掲載されてい [全文を読む]

ベーリンガーインゲルハイム 第50回(2013年度)ベルツ賞受賞論文を発表

PR TIMES / 2013年10月16日19時37分

本年度は、寄せられた応募論文の中から、1等賞に「インクレチン:生理学、病態生理学、そして臨床医学への展開」(関西電力病院 清野 裕先生ら)が選ばれました。2等賞には「ブドウ糖によるインシュリン分泌とインクレチン:生理的意義の理解に向けて」(信州大学医学部内科学講座 糖尿病・内分泌代謝内科 駒津 光久先生ら)が選出されました。贈呈式は本日、ドイツ大使公邸で執 [全文を読む]

政治が脱原発のためにすべきこと 岸 博幸「『2030年に原発ゼロ』と、政府はまず言わないといけない」

週プレNEWS / 2012年07月04日06時00分

昨年の東電管内では、真夏にエアコンをつけず、熱中症で病院に搬送された高齢者の方が多くいた。なかにはそれが原因で亡くなった方もいた。 エネルギー政策の内容によって人が亡くなるのは最悪だと僕は思っています。言い方を変えれば、死人が出るような節電なんて絶対にさせてはいけない。そう考えると、やはり「即時撤廃」には無理があるんです。 ―時間をかけて減らしていくしかな [全文を読む]

フォーカス