北海道電力 関西電力に関するニュース

「日本全国の電気代ランキング2015年夏版」のインフォグラフを発表!

@Press / 2015年07月27日09時30分

一般的な料金プランで同じ量の電気を使った場合は、電気代がもっとも高いのは北海道電力、ついで沖縄電力、関西電力となりました。また、各社のもっとも高い電気の単価を比較した場合も、北海道電力が最高額となり、ついで関西電力、中部電力となっています。 ■インフォグラフでみる「日本全国の電気代ランキング2015年夏版」 <一般的な料金プランで同じ量の電気を使うと一番高 [全文を読む]

東電管内への越境売電で色めき立つ電力業界〜新電力、完全自由化加速は視界不良

Business Journal / 2013年10月28日06時00分

原発事故後、国の認可を受けて電気料金を本格値上げしたのは東京電力、関西電力、九州電力、東北電力、四国電力、北海道電力の計6社。特に、関西電力、九州電力、四国電力は事故前の原発比率が4割程度と高く、原発事故が経営を直撃した。 中部電力は原発依存度が低く、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の長期停止の影響は比較的小さかったが、火力発電の燃料費増加に耐え切れな [全文を読む]

テレビ・インターネット・電話などとセットになった「J:COM電力 家庭用コース」開通世帯数20万突破!

PR TIMES / 2017年02月06日16時16分

*3 北海道電力、東北電力、東京電力、九州電力エリアのメニューは従量電灯BまたはC、関西電力、中国電力エリアのメニューは従量電灯AまたはBとなります。 *4 北海道電力の場合は、第3段階料金部分が280kWhを超過する分となります。 *5 北海道電力の場合は、第2段階料金部分が120kWhをこえ280kWhまでとなります。 *6 関西電力、中国電力の場合 [全文を読む]

Looopでんき、北海道、中国エリアの提供価格を決定

@Press / 2016年10月06日13時00分

これまでの東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、九州電力管内の5エリアに加え、北海道電力管内を今年11月、中国電力管内を今年12月から、既に発表していた通り、順次、開始します。【拡大の背景】自然エネルギーの最大普及を通して社会に貢献することを目指すLooopでは、「電気も、自然派でいこう!」をキャッチフレーズに、今年4月より、低圧向け電力「Looopでん [全文を読む]

原発廃炉費用、電気料金に上乗せという暴挙 国民負担を強いて電力会社を甘やかす国

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

債務超過になるのは北海道電力、東北電力、東京電力、日本原子力発電の4社。廃炉にすると決めると、これまで資産だった原発の価値がなくなるため、資産の目減りを損失として処理しなければならず、大きな赤字を一気に抱えてしまう。債務超過になると、社債発行による資金調達や銀行からの借り入れが難しくなり、経営が立ち行かなくなる恐れがある。 ●会計制度の変更 そこで経産省 [全文を読む]

関電 7/2~9/7に亘る長い節電要請に「過大なものでない」

NEWSポストセブン / 2012年05月31日07時00分

九州電力では10%以上、四国電力、北海道電力(7月23日~9月14日))では7%以上となっている。関電への電力融通を行なう中部・北陸・中国の3社も5%の節電を行なう。 国民生活と経済に与える影響は甚大だ。すでに阪急電鉄では一部列車の運行区間の短縮、阪神電鉄では日中の急行列車を減らす検討をしている。大阪市交通局では全133駅の冷房を正午~午後3時まで止める案 [全文を読む]

高性能照明反射板『ECOミラー』の節電活用方法と導入実績のお知らせ

@Press / 2012年05月28日09時30分

電力の需給状況は関西電力、北海道電力、九州電力で供給力がマイナスであり、電力の融通・節電などの対策が検討されておりますが、電力の供給安定余力は+3~8%必要であるとされ、その数値には遠く及ばない数値となっています。 最小限の負担で最大限の効果を高性能照明反射板『ECOミラー』と蛍光灯の間引きなどの対策で実現し、今夏を乗り切り、さらに長期的な観点から、さらに [全文を読む]

ハルエネが「ハルエネでんき」の提供エリアを全国(沖縄除く)に拡大いたします。

PR TIMES / 2016年11月02日15時28分

<PPSご提供可能エリア> 北海道電力エリア・東北電力エリア・北陸電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア 中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア 合計9エリア (現状、HP上は、北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリアの記載ですが、その他エリアに関しては近日中に公開予定) [画像: htt [全文を読む]

Looopでんき、低圧向け電力の販売エリアを拡大 東北/九州/北海道/中国電力にて9月サービス提供開始~東北3県/熊本の方全員対象 初月無料キャンペーン~

@Press / 2016年08月19日13時00分

これまでの東京電力、中部電力、関西電力管内の3エリアに加え、東北電力、九州電力、北海道電力、中国電力管内の4エリアでのサービスを2016年9月から順次開始します。 それに伴い、福島・宮城・岩手・熊本県在住で切り替えをお申込みいただいた方1,000名を対象に、初月無料のキャンペーンを実施することを発表しておりましたが、その後、多数のお問い合わせをいただいたこ [全文を読む]

「原発ゼロ」が終わった日。川内原発再稼働を新聞各紙はどう伝えた?

まぐまぐニュース! / 2015年08月12日19時50分

特に経営の厳しいとされる北海道電力、関西電力では2回、九州電力も1回、電気料金の値上げを行った。 安倍政権は原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、2030年の電源構成比率で決めた、原発割合20~22%に向けて原発による電力供給を増やしていく方針。電力各社も停止中の原発を再稼働させ、収益の大幅改善を図りたい考え。 ところが、東日本大震災後の節電や太陽光 [全文を読む]

27年度省エネ補助金 最後のチャンス!「電気料金削減セミナー」を大阪で開催【大塚商会】

PR TIMES / 2014年12月04日09時57分

講師:株式会社アーストーンコンサルティング 代表取締役 鍬田隆史氏 ┏…┓━━━…‥‥──────────────────────────────── ┃2┃ 15:10~16:10 迫りくる電気料金の値上げに結果のでる節電対策を実例でご紹介! ┗…┛━━━…‥‥──────────────────────────────── 北海道電力は2014年11 [全文を読む]

電気代が5割上がる現実を直視しよう - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2014年07月30日18時23分

北海道電力は、7月30日に予定していた電気料金の値上げの申請を延期した。今年3月期の決算では3年連続の赤字になり、再値上げを行なうとみられていたが、経済産業省との調整が難航しているようだ。 東日本大震災のあと、すべての原発が止められたため、LNG(液化天然ガス)の輸入が増え、電力会社は電気料金を上げたが、大幅な赤字が続いている。北電では、次の図のように震災 [全文を読む]

■今夏の節電結果 関西電力管内で一昨年比33.6%削減を達成

PR TIMES / 2012年09月21日13時46分

※1.北海道電力管内の節電対象期間は2012年7月23日~9月14日。 ※2.一昨年比。 ※3.電力負荷を電力需給の逼迫する時間帯(昼間)から余裕のある時間帯(夜間)に移行させること。 ※4.ピーク時の電力使用量を減らす取り組みのこと。 ※5.天井照明(アンビエント照明)の照度を控えめにし、作業用照明(タスク照明)で必要な照度を確保する照明。 企業プレス [全文を読む]

九電ハガキで節電ヒステリック加速 30℃超でエアコンつけず

NEWSポストセブン / 2012年07月26日16時00分

【※注】節電要請/九州電力では10%以上、四国電力、北海道電力(7月23日~9月14日まで)では7%以上。これらの電力会社は関電に電力融通を行なっていないので、目標数値が据え置きになっている ※週刊ポスト2012年8月3日号 【関連ニュース】節電主婦 外から帰ったら水シャワー、冷却ジェル枕を活用する昼間の打ち水 湿度上昇で電力需要を増やすので節電効果なし [全文を読む]

池上彰 そうだったのか!日本復興を阻む「敵」(3) 原発再稼働にうごめく裏事情

アサ芸プラス / 2012年05月09日10時58分

ええ、5月5日に北海道電力の泊とまり原発が定期点検に入ると、全ての原発が止まることになります。政府は表向きには言いませんが、やはりその前に大飯原発を再稼働したいんです。 ――枝野経産相が「一瞬ゼロになる」と発言しました。 そう、民主党政権の中でも何としてもやりたいというのと、やりたくないという意見が分かれていて、今はその綱引きをやっているんですね。枝野経 [全文を読む]

GfKジャパン調べ:電力自由化に関する調査

@Press / 2016年08月03日17時00分

地域別では、関西電力エリア40%、北海道電力エリア35%、東京電力エリア32%と新電力の選択肢が比較的多い地域で高い傾向がみられた(図1)。年代別に検討割合をみると、トップは60歳代以上で31%となった。検討されている電力会社の種類は地域ごとに特徴があり、ガス事業者がトップとなる地域と通信事業者がトップとなる地域に分かれた。図1.変更を検討している電力会社 [全文を読む]

2016年4月1日 電力自由化スタート 緊急レポート 【タイナビ総研】電力会社切り替えを検討したユーザー動向調査を実施 電力自由化最激戦区、首都圏がプラン診断実施数トップ!~新電力会社参入数が少ない北陸圏に垣間見える、異色の傾向とは?~

@Press / 2016年04月18日12時00分

次いで元関西電力管内(以下、関西圏)、元中部電力管内(以下、中部圏)、元東北電力管内(以下、東北圏)、元北海道電力管内(以下、北海道)と続きます。首都圏は多くの企業が参入し、既に60を超えるプランが乱立していることもあり、消費者の電力自由化への意識も高いことが伺えます。一方、新電力会社の参入が少ない元北陸電力管内(以下、北陸圏)・元沖縄電力管内(以下、沖縄 [全文を読む]

<甘くはない?電力小売自由化>切り替え予定は全世帯0.1%未満という現実

メディアゴン / 2016年02月29日07時30分

(出所:2016.2.5 日本経済新聞朝刊)この切替え予定数については、東京電力管内で約3万3千件、関西電力管内で約2万1千件、北海道電力管内で約400件、九州電力管内で約100件、中部電力管内で100件未満。東北、北陸、中国、四国、沖縄の各管内はゼロ。日経新聞は、大手マスコミの中でも特に、今回の電力小売自由化の急先鋒として電力自由化至上主義になったかのよ [全文を読む]

原発再稼働の一方で政府が再生可能エネルギー潰し!「クリーン」「環境に優しい」の言葉を使用禁止に

リテラ / 2015年08月12日08時00分

これから先、関西電力の高浜、大飯、九州電力の玄海、四国電力の伊方、北海道電力の泊と、再稼働計画は目白押しだ。 先の記事でも指摘したが、これらの再稼働を実現するために、経産省や資源エネルギー庁、規制委員会、電力会社、自民党の利権政治家による原発安全神話拡散の情報操作、そして原発批判を押さえ込む報道圧力もどんどん激しくなっていくだろう。 さらにもうひとつ、彼ら [全文を読む]

住宅メーカー初 太陽光発電の出力制御に対応した住宅「グリーンファースト 蓄電スタイル」販売開始

PR TIMES / 2015年05月14日18時27分

特に北海道電力・東北電力・九州電力では無制限の出力制御が可能となっています。「グリーンファースト 蓄電スタイル」は、出力制御によって売電できなくなる太陽光発電の余剰電力を、自動的に蓄電して有効利用する「太陽光パワコン一体型蓄電システム」を搭載し、お客様の出力制御に対する不安を解消します。また、震災や異常気象などによる停電や、将来電気代が高騰する等のリスクに [全文を読む]

フォーカス