日本 蔡英文に関するニュース

【熊本地震】台湾から届く励ましの声。変わらぬ日台「友好の絆」

まぐまぐニュース! / 2016年04月17日19時00分

この地震の情報は台湾にもすぐに伝わり、蔡英文次期総統からも「地震の被害が最小限に抑えられ、日本の友人たちが安全でありますように」とのメッセージが届けられました。東日本大震災の際にもどの国よりも早く駆けつけてくれた台湾。無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、互いに感謝の気持ちを忘れない「日台の絆」が描かれています。 [全文を読む]

日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑

まぐまぐニュース! / 2017年02月14日19時00分

先日掲載の記事「騙されるな日本。いつから米国は「信用できる国」になったのか」で、「米中首脳会談でのトランプ大統領を手放しで信用し、アメリカ盲従主義に陥るのは危険」と警鐘を鳴らした無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。今回は、米中首脳会談の直前に突如として中国と「和解」したトランプ大統領の不可解な行動を取り上げ、「日本が利用される可能 [全文を読む]

日台友好の象徴に横槍。日本人の寄附で再建された台湾の神社に批判

まぐまぐニュース! / 2017年02月09日05時00分

主に日本からの寄付金を元に、昨年70年ぶりに再建された台湾南部の神社を巡り、中国寄りの台湾野党・国民党の幹部が「日本人によって台湾先住民が多数殺害された台湾出兵の地に日本の神社を建てるとは何事だ」と、与党の民進党に対して批判の声を挙げたことが現地で話題となっています。しかし、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出 [全文を読む]

台湾地震で恩返しする日本人と、政治利用を目論む中国人

まぐまぐニュース! / 2016年02月11日20時00分

2月6日に発生した地震で大きな被害を受けた台湾に対して、官民問わず迅速な反応を見せた日本。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で台湾出身の黄さんはその動きに「涙が出るほど感動した」と感謝を述べる一方、他国の震災すら政治利用する中国の姿勢を厳しく批判しています。 【日台中】台湾地震で恩返しの応酬を繰り返す日本と台湾、政治利 [全文を読む]

安倍総理が「真珠湾で謝罪する」ことこそが、中国の野望を打ち砕く

まぐまぐニュース! / 2016年12月23日01時30分

そこには、「中国から日本を守る」という意図があるとのことですが…、その論拠は一体? 安倍総理が、真珠湾で、中国の戦略を粉砕する方法 今回は、本当に「書こうか、書くまいか」悩みました。戦争に行き、満州で亡くなった祖父はどう思うだろうかと考えました。 龍馬は、なんと言うだろうか? 吉田松陰は、どう思うだろうか? 天風先生は、どうおっしゃるだろうか? いろいろ考 [全文を読む]

なぜ台湾の若者は今「日本統治時代」の映画を好んで観るのか?

まぐまぐニュース! / 2016年12月02日04時45分

統治時代に日本があらゆる「先進的なシステム」をもたらしたためとも言われていますが、当時を知る由もない若者たちまでもが日本に対して好感情を持つのはなぜなのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんは、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中でこの現象を分析しています。 【台湾】日本懐古ブームに見る台湾の「戦後からの脱却」 ● 一 [全文を読む]

中国、トランプ発言に猛反発。南シナ海に「怒り」の爆撃機

まぐまぐニュース! / 2016年12月16日04時30分

これに対して習政権は当然ながら猛反発していますが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』によると、中国サイドはアメリカのみならず台湾にまで圧力をかけはじめているとのこと。黄さんはこの行いについて「姑息」と一刀両断するとともに、苦境に陥った中国はマスコミと協調しながら、反日プロパガンダ攻撃をますます強めてくる可能性があると指摘し [全文を読む]

本当に頼れる国は日本だ…台湾の元総統が語った「日台友好」の真意

まぐまぐニュース! / 2016年09月01日04時45分

蔡英文総統率いる現政権を絶賛している李氏ですが、今後さらに「日台」の絆を深めつつ行うべき改革とは何なのでしょうか? メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんが、わかりやすく解説しています。 【台湾】蔡英文政権「日米台同盟」への期待 ● 蔡総統、シンポジウムで李登輝氏と同席 「台湾の民主主義」振 [全文を読む]

日本の圧勝に終わった日中韓首脳会談と、茶番に終わる中台首脳会談

まぐまぐニュース! / 2015年11月05日20時00分

中韓の主張は相変わらずのものでしたが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では日本の圧勝に終わったと分析、さらに初開催が決まった中台首脳会談は茶番に終わると断言しています。 日中韓3カ国首脳会談と習近平・馬英九会談の思惑 ● 日中首脳会談 経済協力を強化 南沙協議は公表せず 11月1日から韓国のソウルで日中韓3カ国首脳会議が [全文を読む]

小池百合子都知事と台湾、知られざる「深い関係」

まぐまぐニュース! / 2016年08月04日04時45分

メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんは、小池氏と台湾の知られざる関係を紹介、今後ますます日台の絆は深まるだろうとし、鳥越俊太郎氏を推した野党の共闘を「時代錯誤の野合でしかない」とバッサリ切り捨てています。 【日本】小池百合子新都知事と台湾の意外に深い関係 東京都知事が決まりましたが、中国も [全文を読む]

日本は中国を軽視するな。ダボス会議でわかった習近平の真の狙い

まぐまぐニュース! / 2017年01月22日08時00分

さらに、グローバリズムが続くことによる中国のメリット、そして日本が決して中国を甘く見てはいけない理由についても記しています。 習近平、ダボス会議で、世界の支配者層に取り入る 世界中から政界、ビジネス界の超エリートがスイスに集結する「ダボス会議」。ここで習近平が1月17日、演説しました。なんと、「グローバリズム絶対支持」演説。 習近平、「グローバリズム絶対支 [全文を読む]

<インタビュー・台湾政権交代(2/6)>日台の「良好な関係」は両岸関係にかかっている=馮寄台・元駐日台北経済文化代表処代表

Record China / 2016年05月17日05時20分

馮寄台・中国信託商業銀行最高顧問(外交関係)・元駐日台北経済文化代表処代表は「過去7〜8年、馬英九政権の下で、両岸(中台)関係が良好だったから台湾と日本は最も密接な関係を保つことができた」と指摘。日台関係の良好な関係維持は両岸関係にかかっている、として、「蔡英文政権はこのことを肝に銘じなければならない」と強調した。(聞き手・ジャーナリスト相馬勝)――これま [全文を読む]

台湾の新駐日代表「私の派遣は台日関係への重視の証明です」

NEWSポストセブン / 2016年07月07日07時00分

近頃とみに日本と台湾の関係が深まっている。その台湾に誕生した蔡英文・新政権が、サプライズの人事を発表した。日本でいう首相にあたる行政院長の経験者で、2008年には民進党を代表して総統候補にもなった謝長廷氏(70)を、駐日代表に任命した。台湾の駐日代表としては過去最高ランクの人事で、その謝氏に日本赴任直前の台北で独占インタビューした(聞き手/野嶋剛氏)。 * [全文を読む]

台湾人少女に謝罪を強要。中国が致命的な墓穴を掘った台湾総統選

まぐまぐニュース! / 2016年01月20日20時00分

民進党大躍進の要因は多々ありますが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』著者の黄さんは、「周子瑜事件」をめぐり中国が犯した大失態の影響を紹介、併せてこれまで台湾を牛耳ってきた国民党の悪事を糾弾しています。 【台湾】中国が致命的な墓穴を掘った台湾総統選 ● <台湾総統選・立法院選>民進党が初の単独過半数 台湾での総統選挙と立法 [全文を読む]

日本巻き込み新たな火ダネに?台湾の対日交流窓口が名称変更、中国「強烈な不満」を表明

Record China / 2017年05月21日09時00分

これに先立ち、17日に台湾の対日交流窓口「亜東関係協会」を「台湾日本関係協会」に名称変更する式典が行われた。名称変更に中国政府は「強烈な不満」を表明。日本を巻き込む両岸関係の新たな火ダネになりそうだ。 日本は中国と国交正常化をした1972年、台湾との外交関係を断絶。実務関係の窓口として双方に協会が設立された。中国と台湾は「一つの中国」に属するという原則を重 [全文を読む]

米中首脳間の「包括的取引」成立が望ましい=米中貿易戦争が起きれば、日本に甚大ダメージ―田中均元外務審議官

Record China / 2017年02月23日05時20分

2017年2月20日、田中均・国際戦略研究所理事長(元外務審議官)は日本記者クラブで講演し、「米中間で貿易戦争になったら、日本や東アジアは大きなダメージを受ける」と指摘。米中首脳間で経済・外交・安全保障を包括的に決着させる「グランドバーゲン」が成立することが日本とってもアジア諸国にとっても望ましい、との考えを示した。北朝鮮の核ミサイル開発問題に関し、南北朝 [全文を読む]

安倍首相が外交の素人・トランプ大統領を頼る危険性と愚かさ

NEWSポストセブン / 2017年04月16日07時00分

北朝鮮がミサイル発射を繰り返すなか、そのトランプ政権に頼る日本の安全保障政策は危険だと、ジャーナリストの落合信彦氏は指摘する。 * * * トランプ政権の外交政策での支離滅裂が凄まじい。つい最近、安倍(晋三首相)とゴルフ三昧の首脳会談を終えて「信頼関係」を築いたと語っていたが、その舌の根も乾かぬうちに、再び日本バッシングを始めているのだ。トランプの懐刀でア [全文を読む]

台湾の脱原発は自滅行為?中国人が語る「原発全廃論」の弊害

デイリーニュースオンライン / 2016年10月28日15時05分

この政策を決定した理由は、日本の東日本大震災時の福島第一原発の事故を受け、国内で原発の危険性を訴える世論が高まったためで、今後の台湾は太陽光や風力など再生可能エネルギー発電の割合を20%まで引き上げる予定です。 ■原発全廃は無謀な計画 現在、世界中で唱えられる「反原発論」に追従した感のある今回の台湾の政策ですが、課題は山積みです。現在、台湾国内では3基の原 [全文を読む]

原発ゼロにかじを切った台湾。資源の少ない「島国」の決断は吉か凶か

まぐまぐニュース! / 2016年10月27日05時00分

メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、未だ絶大な発言権を持つ李登輝元総統の発言を引用しつつ、蔡政権のエネルギー政策について論じ、日本も台湾の動きを注視していく必要があると語っています。 【台湾】蔡英文の原発全廃は吉か凶か ● <台湾>台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止 蔡英文総統が、2025年までに原発 [全文を読む]

李登輝氏の「武士道」礼賛に反発する台湾人も存在

NEWSポストセブン / 2016年03月05日07時00分

同氏が日本の武士道精神の影響を強く受けており、「ことを成すに私心なく、常に人々のためを考えてことを成す」との考え方に深く感動していたことを明らかにした。 また、沖縄県尖閣諸島問題で、「尖閣諸島を台湾のものだと主張する政治家は無知だ」と主張しているが、これについては台湾内部で反発が広がっている。 ネット上では、「日本びいきも良いが、そんなに日本が好きならば、 [全文を読む]

フォーカス