夏目漱石 100年に関するニュース

【ガジェ通秋葉原制覇】夏目漱石が愛した『洋風かきあげ』とはなんぞや? @『松栄亭』

ガジェット通信 / 2016年09月17日18時00分

若かりし頃の“夏目漱石”が「腹減ったから何か珍しいの作ってちょんまげ!」(テヘペロ)と我が儘を言ったので、『松栄亭』の初代が手元にある材料で作った創作料理が『洋風かきあげ』で御座います。 実際にはもっと長いエピソードですが、全力で3行にまとめさせて頂きましたので、御了承下さい。 なので『洋風かきあげ』を食べる時は、全力で夏目漱石を思い浮かべながら食べると [全文を読む]

没後100年! 実は、寂しがり屋の食いしん坊!? 人間味にあふれたおじさんだった、文豪・夏目漱石を紹介する『となりの漱石』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月26日11時00分

2016年で没後100年をむかえた、日本を代表する文豪・夏目漱石。『坊ちゃん』『こゝろ』『吾輩は猫である』など、彼が残した数々の名作は教科書にも採り上げられ、一度は読んでみたことのある人は多いだろう。かつて彼の肖像画は千円札にも採用され、多くの日本人に愛される夏目漱石だが、彼がどんな人物だったか知っている人は案外少ないのではないだろうか。 知的で物静か、そ [全文を読む]

本気だった―あの夏目漱石のアンドロイド作成へ、二松學舍など

インターネットコム / 2016年06月07日17時50分

文豪・夏目漱石のアンドロイドを作成する計画は、どうやら事実らしい。二松學舍大学大学院と大阪大学大学院の共同研究として公式発表が出ている。 NHKなどが報じて話題になっている夏目漱石のアンドロイド化。冗談ではないのかと疑う声もあったが、二松學舍大学は公式サイトで実現に取り組むむねの声明を公開している。 2016年は夏目漱石没後100年、2017年は生誕150 [全文を読む]

「漱石アンドロイド」、12月10日に初の一般公開

PR TIMES / 2016年11月29日17時23分

有楽町朝日ホールでの「夏目漱石国際シンポジウム」に登場 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長 渡辺雅隆)などの主催で12月10日(土)、東京・有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11階)で行われる「夏目漱石国際シンポジウム」で、夏目漱石のアンドロイド「漱石アンドロイド」が初めて一般公開されます。 「漱石アンドロイド」は、学校法人二松学舎が、アンドロイド研究の第一 [全文を読む]

夏目漱石の『坊っちゃん』に“くたばれ”!? 愛媛発、名作文学を基にしたユニークなドラマがある?

マイナビ進学U17 / 2016年06月17日12時02分

みなさんは小説『坊っちゃん』を読んだことがありますか? 夏目漱石の代表作として有名ですよね。新任教師・坊っちゃんを主人公に、赤シャツや山嵐といった登場人物が織りなす物語が親しまれ、夏目漱石の作品の中でも人気が高い小説です。■夏目漱石没後100年の今年、『“くたばれ”坊っちゃん』というドラマが放送される!?実は、『坊っちゃん』の舞台となっている愛媛県松山市に [全文を読む]

夏目漱石「こころ」の世界を探求する “「静-しず」を楽しむ新年会”が開催、大いに盛り上がる。

PR TIMES / 2015年01月14日15時47分

この会は、夏目漱石作「こころ」を原作とした舞台・ひとり文芸ミュージカル『静-しず』を応援する為の有志が集まった会。主演女優の源川瑠々子は、5年振りの再演に意欲を語った。また、落語家・林家うん平が公演のナビゲーターとして出演する事が新年会の席上で急遽決定した。三連休の中日となった1月11日(日)に、「静-しず」を楽しむ新年会が神楽坂で開催された。「静」を楽し [全文を読む]

「夏目漱石」が100年ぶりに朝日新聞社に出社!

PR TIMES / 2016年12月22日09時19分

漱石アンドロイドが講演、1日社員に 今年が没後100年となる文豪・夏目漱石の人間型ロボット「漱石アンドロイド」が12月21日、かつて漱石が勤めた朝日新聞社の東京本社(東京都中央区)に100年ぶりに「出社」しました。「後輩」となる社員に向けて講演をしたほか、1日限定の社員として社員証を授与されました。詳細は次の通りです。 社内のホールに集まった社員約250人 [全文を読む]

没後100年の今もなぜ漱石の言葉は人の心を揺さぶるのか? 現代人の抱える問題にも切り込む148の名言集

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月03日09時00分

夏目漱石は1916年、大正5年に没した。今年で丁度100年ということになる。【人気連載マンガ】アニマルサラリーマンたちの、シュールで、世知辛い、資本主義会社員デイズなショートコメディ♪ 誰もがその名を知っている文豪漱石の、今なお色褪せない魅力とは一体何なのだろうか。どうして人は、夏目漱石に「ハマり続ける」のだろう。私はずっと不思議に思っていた。当時と今では [全文を読む]

大増刷が、5月11日出来します! 今年没後100年、夏目漱石の人生論集!!

PR TIMES / 2016年04月29日17時34分

■『漱石人生論集』 夏目漱石著 出久根達郎編・解説 定価:760円(税別) ※電子版もあります 詳細はこちら ⇒ http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062923279 ☆講談社学術文庫 春のフェアも絶賛開催中!! 書店では、このパネルが目印!! [画像2: http://prtimes.jp/ [全文を読む]

夏目漱石をテーマに身体と頭を動かす子供向けワークショップ「漱石アクティブワークショップ」を3月15日開催!

@Press / 2015年03月02日11時30分

夏目漱石・記念年実行委員会は、夏目漱石をテーマとしたミュージカル上演やプロによるダンス指導、作品の朗読などを楽しむ参加型イベント「漱石アクティブワークショップ」第2弾を、2015年3月15日(日)に新宿区立新宿歴史博物館にて開催いたします。また、今回のワークショップ開催を皮切りに、夏目漱石の記念年である2016・2017年に上演する漱石ミュージカルメンバー [全文を読む]

嵐・二宮和也『坊っちゃん』主演抜擢に「ちょっと待って!」とファンからも疑問の声

日刊サイゾー / 2015年08月07日09時00分

人気アイドルグループ・嵐の二宮和也が、来年、没後100年という節目を迎える明治時代の文豪・夏目漱石の名作『坊っちゃん』のドラマ化に伴い、主役の坊ちゃん役に抜擢された。これに対して、 「イメージに合わない」 「制作陣は原作を読んだことあるの?」 「いくら演技がうまいニノでも、これはちょっと……」 「嵐人気で視聴率を取ろうとしているのがミエミエ」 などと、二宮 [全文を読む]

妖怪&怪談ブーム 動乱や災害の前後100年サイクルで来る?

NEWSポストセブン / 2014年10月19日07時00分

江戸の文化文政時代、鶴屋南北の四谷怪談や、幽霊や妖怪の浮世絵を描いた葛飾北斎などによる一大怪談ブームに始まり、明治大正時代の柳田國男、泉鏡花、芥川龍之介、夏目漱石、小泉八雲ら文豪によるブーム、そして現在のブームまで、日本では約100年ごとに怪談が大流行していると、東さんは著書『なぜ怪談は百年ごとに流行るのか』(学研パブリッシング刊)に書いている。「当時、 [全文を読む]

【プロ野球】「俳句の日」に考える、俳句と野球の深淵なる関係 ~小石博孝(西武)、巨泉、正岡子規、俳句甲子園~

デイリーニュースオンライン / 2016年08月21日16時05分

2000年、郷里の松山に誕生した球場名は、夏目漱石の作品名にちなんで「松山坊っちゃんスタジアム」。ただ、球場そばには「草茂み ベースボールの 道白し」という子規が詠んだ句碑が建立されている。没後100年の2002年には野球の普及に多大な貢献をした評価で、野球殿堂入り(特別表彰)を果たした。 ■「春光や 命漲る グラウンド」 さて、そんな正岡子規の名が甲子 [全文を読む]

名優・二宮和也の演技がヤバすぎる!絶賛の嵐「嵐である前に役者」「落語がプロ以上」

Business Journal / 2016年01月21日07時00分

一方、『坊っちゃん』は夏目漱石の同名小説が原作で、今年で漱石没後100年となることからドラマ化された。親譲りの無鉄砲と真っ直ぐ過ぎる性格で、子どもの頃から問題ばかり起こし、周囲からいつも問題児として扱われてきた坊っちゃん(二宮)が、愛媛・松山の旧制中学校に教師として赴任。その性格がアダとなり、同僚教師や生徒ともとんとうまくいかなかった。だが、ずるいことが [全文を読む]

新春ドラマで教師役の二宮和也 教えられるのはゲーム攻略法

NEWSポストセブン / 2015年12月20日16時00分

誰もが一度は読んだことのある夏目漱石の『坊っちゃん』。漱石が亡くなって100年という節目に、新春スペシャルドラマ『坊っちゃん』(フジテレビ系、2016年1月3日21時~)が放送される。その不朽の名作の主人公・漱石を演じるのが、嵐の二宮和也(32才)だ。 「ぼくはもともと原作を知らなかったんですよ。でも、皆さんが読んだであろう『坊っちゃん』のイメージを崩さな [全文を読む]

二宮和也版「坊っちゃん」のマドンナに松下奈緒

Smartザテレビジョン / 2015年11月30日16時02分

文豪・夏目漱石が亡くなってから来年で100年。そんな節目となる'16年に放送される、二宮和也主演ドラマ「坊っちゃん」のマドンナを、松下奈緒が演じることが決定した(放送は'16年1月3日(日)夜9:00-11:30、フジテレビ系)。 原作は、漱石の教師時代の実体験をベースに描かれた小説で、時は明治、住み込みの女中・清(きよ)から「坊っちゃん」と呼ばれている青 [全文を読む]

嵐・二宮和也、夏目漱石の名作「坊っちゃん」を演じる

Smartザテレビジョン / 2015年08月04日11時00分

夏目漱石没後100年に当たる'16年、不朽の名作「坊っちゃん」を演じる二宮は「楽しみです。なんでしょう? 楽しみなんです。ド派手なエンターテインメント作品ではないかもしれませんが、小説みたいにページをめくる音が聞こえるようなドラマになれば…頑張ります」と意気込みをコメント。 これまで宍戸錠、故坂本九さん、松本幸四郎、津川雅彦らが演じてきた「坊っちゃん」。 [全文を読む]

銀座並木通りに新商業施設、ラグジュアリーホテルなどオープン予定

FASHION HEADLINE / 2015年03月30日20時30分

この時代には、石川啄木や夏目漱石も社員として働いていた。旧ビルには日本におけるインポートショップのパイオニア・サンモトヤマ銀座本店が入居していたが、解体に伴い移転。2016年2月から新築工事が始まる見込みだ。 [全文を読む]

創業250年のウナギ!世界に誇る東京下町グルメ

Walkerplus / 2015年02月23日11時08分

■松榮亭(東京・神田) 1907年創業の松榮亭は、夏目漱石ゆかりの洋食店。初代が漱石のために急場しのぎで作った料理が、看板メニュー「洋風かきあげ」(950円)の始まり。 卵、豚の細切れ、タマネギというシンプルな食材で作られているが、決して家庭では再現できない味だ。 ■大多福(東京・浅草) 1915年創業の大多福では、活気のある店内で極上のおでんを味わえる [全文を読む]

<青春に謝るTBS「ごめんね青春!」>宮藤官九郎が問いかける「青春」という恥ずかしい言葉の復権

メディアゴン / 2014年11月24日00時05分

文学史上に「マドンナ」が登場するのは、言うまでもなく夏目漱石の「坊ちゃん」だ。「マドンナ」という言葉がこの明治33年の小説に登場して以来、わが国ではあこがれの対象となる女性を指す言葉として100年以上も生き続けている。漱石先生ってやっぱりすごい。転じて、映画やドラマの世界では、主役の男優の恋の相手方を指すようになり(この用法は「フーテンの寅さん」あたりから [全文を読む]

フォーカス