夏目漱石 坂口安吾に関するニュース

高校生のうちに読んでおくべき本3選

マイナビ進学U17 / 2016年03月28日12時01分

■ 『吾輩は猫である』は日本文学を代表する作家である夏目漱石の処女作『吾輩は猫である』は、日本を代表する小説家、英文学者である夏目漱石の処女作です。夏目漱石は千円札になった人物なので、知らない人はいないでしょう。『吾輩は猫である』も、「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」で始まる書き出しはあまりにも有名ですね。E.T.A.ホ [全文を読む]

「本来、葬式はめでたいもんだよ」(黒澤明)【漱石と明治人のことば120】

サライ.jp / 2017年04月30日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「あんた、変な顔をするが、本来、葬式は目出度(めでた)いもんだよ。よく生きて、よく働いて、御苦労さんと言われて死ぬのは目出度い」 --黒澤明 映画界の世界的巨匠、黒澤明は明治4 [全文を読む]

「走りつづけてバッタリ倒れて、それがようやく終わりである」(坂口安吾)【漱石と明治人のことば97】

サライ.jp / 2017年04月07日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「走りつづけて、行きつくゴールというものがなく、どこかしらでバッタリ倒れてそれがようやく終わりである」 --坂口安吾 明治39年(1906)新潟で生まれ、昭和30年(1955) [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

『青空文庫POD』10,000製品突破!3,352作品の大活字版/シニア版/ポケット版3種類で。今回発売は、入手困難な小作品524点

PR TIMES / 2017年03月15日10時35分

泉鏡花『いろ扱ひ』、菊池寛『女強盗』、坂口安吾『余はベンメイす』、太宰治『貨幣』、国木田独歩『まぼろし』、永井荷風『放水路』、夏目漱石『文芸委員は何をするか』など524作品です。 『青空文庫POD』には、日本を代表する名作から入手し難い小作品まで、貴重な作品を幅広く揃えています。是非、お好みのサイズでお楽しみください。 今後も1万2,000点以上の登録作品 [全文を読む]

文学様がアニメを見下して自画自賛!? 日本文学振興会の「人生に、文学を。」プロジェクト広告が “(アニメか?)”との余計な一言で嵐のような大ブーイング!!

おたぽる / 2016年07月21日18時00分

太宰治や坂口安吾、夏目漱石といった文豪たちの作品をベースとしたアニメ『青い文学』が製作されたり、文豪たちの名作の表紙を人気マンガ家に担当させたり、アニメ『文豪ストレイドッグス』にあやかった表紙の作成やイベントを開催してみたりと、アニメやマンガ好きな若い層に向けて各出版社が頑張ってPRしている中、その努力を盛大に無駄にしてしまい、各所からの大ブーイングを買 [全文を読む]

たった16ページの本! 短編一編ずつの美しいデザイン文庫

anan NEWS / 2015年11月24日20時00分

◇左から『走れメロス』太宰治、『注文の多い料理店』 宮沢賢治、『白』 芥川龍之介、『変な音』 夏目漱石、『堕落論』 坂口安吾、『檸檬』梶井基次郎、『手袋を買いに』 新美南吉、『高瀬舟』 森鴎外 ※『anan』2015 年11月25日号より。写真・水野昭子 文・瀧井朝世 [全文を読む]

だいだい10ページ。”史上最も肩のこらない文学入門” 中島敦『山月記』を読む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月27日11時00分

今回は特別に、『山月記』をだいたい8ページくらいの漫画で読んでみよう! 有名すぎる文学作品収録作品 太宰治『人間失格』 中島敦『山月記』 梶井基次郎『檸檬』 森鴎外『舞姫』 坂口安吾『桜の森の満開の下』 フランツ・カフカ『変身』 宮沢賢治『注文の多い料理店』 永井荷風『ぼく東綺譚』 泉鏡花『高野聖』 夏目漱石『三四郎』 アンデルセン『雪の女王』 芥川龍之 [全文を読む]

『標準問題精講 国語 特別講義 読んでおきたい とっておきの名作25』現役教師が厳選!『源氏物語』から『図書館戦争』まで、読む力を深める作品群

DreamNews / 2015年07月16日14時00分

第一章 生きるということ彼らの流儀「あめ、あめ、ふれ、ふれ」(沢木耕太郎) / 女生徒(太宰治) / 心の平静について(セネカ) / 平家物語「知章最期」 / 壁(安部公房) / 無名仮名人名簿「七色とんがらし」(向田邦子)第二章 人と人とのつながり田舎荘子「猫の妙術」(佚斎樗山) / 砂漠(伊坂幸太郎) / 忘れられた日本人「子供をさがす」(宮本常一) [全文を読む]

筆力は太宰治に匹敵!? 又吉が描く人間くさい「芸人」の葛藤と焦燥

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月06日12時30分

2人の間には、まるで夏目漱石の『こゝろ』の「私」と「先生」を思わせるような密な関係が続いていく。 元々、又吉は「文学好き」を標榜しているが、彼の小説をめくれば、「ここまでの筆力を秘めていたのか」と誰もが驚かされるに違いない。「芸人小説」だと舐めてかかってはいけない。これは、『文學界』が認めた正真正銘の「純文学」なのだ。徹底的に人間の本質をえぐり出している。 [全文を読む]

角川文庫×BOOK☆WALKER 「発見! 電子も角川文庫2012」 キャンペーンスタート!! キャッシュバックも実施!!

PR TIMES / 2012年06月28日16時38分

表紙カバーで人気てぬぐい店「かまわぬ」とコラボした、夏目漱石『こころ』、坂口安吾『堕落論』、夢野久作『少女地獄』等、てぬぐい柄名作シリーズ。京極夏彦『巷説百物語』、西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』、米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』等、角川文庫の名作が一挙に並びます。また、WonderGOOとの書店連動、総合電子書店honto及び丸善 [全文を読む]

フォーカス