夏目漱石 島崎藤村に関するニュース

「ああ自分のようなものでも、どうかして生きたい」(島崎藤村)【漱石と明治人のことば77】

サライ.jp / 2017年03月18日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「ああ自分のようなものでも、どうかして生きたい」 --島崎藤村 新体詩人として出発した島崎藤村が小説家に転身したのは、明治39年(1906)3月の小説『破戒』の刊行による。「緑 [全文を読む]

明治、大正の名作がズラリ! 「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2015年03月13日16時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年3月13日(金)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、iBooks、ならびにニコニコ静画にて、電子書籍「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地 [全文を読む]

「旅に出ると、私はいつも本当の私となった」(田山花袋)【漱石と明治人のことば78】

サライ.jp / 2017年03月19日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「旅はどんなに私に生々としたもの、自由なもの、まことなものを与えたであろうか。旅に出さえすると、私はいつも本当の私となった」 --田山花袋 田山花袋は島崎藤村とともに、日本自然 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

PR TIMES / 2016年10月17日15時20分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月17日15時00分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』発刊のお知らせ

@Press / 2016年07月29日17時00分

【収録作】 夏目漱石『坊っちゃん』 織田作之助『夫婦善哉』 国木田独歩『武蔵野』 芥川龍之介『地獄変』 チェーホフ『桜の園』 尾崎紅葉『金色夜叉』 徳冨蘆花『不如帰』 小林多喜二『蟹工船』 ウィーダ『フランダースの犬』 作者不詳『マザー・グース』 吉田兼好『徒然草』 有島武郎『カインの末裔』 太宰治『斜陽』 スウィフト『ガリバー旅行記』 陳寿『魏志倭人伝 [全文を読む]

【書評】作家の肉筆手紙から読む作品の成立事情や自作への思い

NEWSポストセブン / 2016年04月11日16時00分

本書は島崎藤村、夏目漱石、谷崎潤一郎、志賀直哉、さらに新しいところでは安部公房、松本清張ら二十九人の文学者の手紙が紹介されている。 まず驚かされるのは『出家とその弟子』で知られる倉田百三が昭和十年代に書いた恋文。四十六歳の百三が読者である十七歳の少女に書いた手紙。一度会って気に入ってしまい熱烈な想いを書き綴る。「聖所に生える毛」を送ってくれとまでいう。情熱 [全文を読む]

【ドライブで行く】神奈川の人気観光スポット~都会と自然のハイブリッド県をドライブ♪~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年07月31日09時00分

国木田独歩が、「湯河原より」「湯河原ゆき」などの短編を執筆し、夏目漱石が、絶筆となった「明暗」を残したのも湯河原だ。 また、島崎藤村、芥川龍之介、谷崎潤一郎らも訪れた歴史がある。 夏場は海水浴客で賑わう海岸線から県道75号線を西進し、JR湯河原駅を過ぎて東海道線と東海道新幹線の線路をくぐれば、温泉地に向かう坂道が始まる。 歩くには少し長い坂なので、ドライ [全文を読む]

プラス思考に疲れたら。珠玉の「後ろ向きな名言」7選

TABIZINE / 2015年07月27日18時00分

夏目漱石の『草枕』の冒頭シーンで、主人公の画家がこう独白します。どのように生きても、結局この世界は住みにくい? ■「あすは、あすはッて、みんなあすを待ってるけれど、そんなあすはいつまで待っても来やしません」 島崎藤村の歴史小説『夜明け前』より。幕末維新の動乱の時代、抑圧からの解放を求める人々の苦悩を描いています。「何かが変わるかもしれない」という希望が [全文を読む]

ご好評につき第25弾!銀座の路地裏を散策 歴史ウォーキングツアー 2014年10月13日(月・祝)第一ホテル東京にて開催

PR TIMES / 2014年10月01日17時48分

・新幸橋 ・泰明小学校(島崎藤村と北村透谷の母校) ・日比谷大神宮跡(夏目漱石「行人」にも登場) ※現在は、飯田橋に移転し東京大神宮となっている。 最初に神前結婚した神社。 ・銀座4丁目 三愛ビル 招き猫の碑 ・ガス発祥の地 ・京橋 大根河岸跡 ・京橋 歌舞伎発祥の地 ・東京国際フォーラム 太田道灌像 ※コースは変更となる場合がございます。 この件のお問 [全文を読む]

フォーカス