芥川龍之介 夏目漱石に関するニュース

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

■配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、アップフェルラント物語(朗読:吉崎亮太)、ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記(朗読:浅井晴 [全文を読む]

待望の大作!唯一アニメ化されてない長編作品「銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記」がキクボン(http://kikubon.jp)にてアニメ版の声優を加えた豪華オリジナルキャストで音源化し販売開始!

DreamNews / 2015年12月21日13時00分

現在、キャンペーン中!フォームに「kikubon会戦」を入力する事でポイントプレゼント!配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、ア [全文を読む]

「どこへ行くのか判らない船でも、乗っている方がよかった」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば148】

サライ.jp / 2017年05月28日06時00分

ムットーニの作品には、芥川龍之介、中原中也、萩原朔太郎、村上春樹ら日本の文学作品も題材に取り上げられていて、夏目漱石の『夢十夜』第7話も作品化されている(作品名は『漂流者』)。 上に掲げたのは、その『夢十夜』第7話の結びの一節。「何でも大きな船に乗っている」の一行で書き起こされるこの小説、掲出のことばの少し前には「自分はますますつまらなくなった。とうとう [全文を読む]

「いろんな本が枕もとに高く積まれてあるだけで愉しい」(堀辰雄)【漱石と明治人のことば134】

サライ.jp / 2017年05月14日06時00分

一高時代に芥川龍之介や室生犀星に師事した。芥川龍之介は夏目漱石の晩年の愛弟子だったから、堀辰雄は漱石の孫弟子ということになる。 東大在学中に、中野重治らと同人誌『驢馬』を創刊。昭和5年(1930)、『聖家族』で新進作家として認められる。このころ肺結核を病んだことから、以降、空気清浄な高原・軽井沢の周辺で多く生活し、ついには定住した。南軽井沢にある軽井沢高原 [全文を読む]

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

【アンケート調査概要】 実施期間 :2015年2月25日~3月31日 調査方法 :「本の話WEB」内アンケート http://hon.bunshun.jp/articles/-/3390 有効回答 :1,014名 回答者属性: ◇ 会社員=24.0%(243名)、会社役員=0.9%(9名)、公務員=2.8%(28名)、自営業=4.3%(44名)、主婦・主夫 [全文を読む]

明治、大正の名作がズラリ! 「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2015年03月13日16時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年3月13日(金)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、iBooks、ならびにニコニコ静画にて、電子書籍「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地 [全文を読む]

有名作家たちの素顔は「人間失格」だった!?『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

夏目漱石、樋口一葉、石川啄木、森鷗外、宮沢賢治、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成、中原中也、10名の作家の教科書には載せられないエピソード満載 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長: 宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:碇 秀行)は『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』を発売いたし [全文を読む]

第4回公式ニコ生放送で芥川龍之介役の諏訪部順一さんがゲストとして出演決定! さらにイベント「館長と共同研究 第二弾」開催!

PR TIMES / 2017年06月07日15時30分

[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/2152/resize/d2581-2152-740028-0.jpg ] ▼第4回公式ニコ生放送 追加ゲスト決定 『文豪とアルケミスト』アプリ版リリース記念といたしまして、6月20日(火)21時より実施予定の公式ニコ生放送について、追加ゲストの出演が決定いたしました! 追加ゲストは芥川龍之 [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

火に焼かれる娘さえ見殺しにする壮絶な“創作欲”―芥川龍之介『地獄変』| 連載第6回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月25日11時30分

「愛おしき変態本」第6回は、日本一有名な文学賞である「芥川賞」にその名を残す、大正時代に活躍した芥川龍之介の『地獄変』をお送りする。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら■あくたがわ・りゅうのすけ 1892年(明治25年)東京市京橋区入船町(現在の東京都中央区明石町)出身。辰年辰月辰日に生まれたことから「龍之介」と名付けられる(さらに辰の時刻だったという [全文を読む]

芥川龍之介、川端康成、池波正太郎…有名文豪たちが愛した名店3店

Woman Insight / 2015年05月18日19時00分

【1】芥川龍之介が愛した「江知勝」のすき焼 明治4(1871)年にその歴史をスタートさせた、東京のすき焼の草分けともいえる老舗「江知勝」。本郷に近い土地柄ということもあり、開店以来主な客層は、一高や帝大(現在の東京大学)のエリート学生たちでした。芥川龍之介や夏目漱石の作品にも、この江知勝をしのぶすき焼のことが出てきています。森鷗外は『牛鍋』という短編小説 [全文を読む]

「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」1位はダントツで夏目漱石! その理由は?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月13日21時40分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら ノートを借りてみたい東大卒小説家は? 1位 夏目漱石 (276票) 2位 星新一 (132票) 3位 芥川龍之介 (122票) 4位 森鴎外 (55票) 5位 三島由紀夫 (52票) 6位 中島敦 (45票) 7位 川端康成 (39票) 8位 東浩紀 (23票) 9位 内田百閒 (21票) 10位 安部公房 (1 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』×神奈川近代文学館とのコラボ再び!今回は「谷崎潤一郎展」と競演!!

PR TIMES / 2015年01月23日15時18分

彼らの能力の個性はそれぞれで、例えば芥川龍之介が持つ異能力“羅生門”は自ら羽織ったマントを怪物のようにあやつる特殊能力だ。さらに、文豪の世界は海外まで広がり3巻以降のコミックの中で、ドフトエフスキーやアガサ・クリスティなど海外の文豪も作中に姿を見せている。さらに小説版も展開され、2巻までが発売中!文豪ワールドは更なる広がりを見せている!この度、1984年に [全文を読む]

【レッツトライ!】文系が解いても興味深い!考えさせられる医師国家試験3選

しらべぇ / 2014年11月21日11時30分

芥川龍之介の抱えていた疾患は?(104回医師国家試験) 芥川龍之介著「歯車」の一部を以下に示す。 僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。妙なものを?—と云うのは絶えずまわっている半透明の歯車だった。僕はこう云う経験を前にも何度か持ち合わせていた。歯車は次第に数を殖やし、半ば僕の視野を塞いでしまう、が、それも長いことではない、暫くの後には消え失せる代わ [全文を読む]

「スマホでUSEN」朗読番組追加のお知らせ

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

<4月11日 配信作品> NHK朗読~中原中也「中原中也作品集」~ 朗読:蟹江敬三 NHK朗読~中原中也「晩年の日記抜粋」~ 朗読:蟹江敬三 <今後配信を予定している作品 ※4月中旬以降、順次配信予定> NHK朗読~太宰治 「雪の夜の話」 朗読:奈良岡朋子 NHK朗読~芥川龍之介 「少年」 朗読:橋爪 功 NHK朗読~芥川龍之介 「或る日の大石内蔵助」 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』公式認定!?神奈川近代文学館とのコラボレーションが実現!

PR TIMES / 2014年02月21日16時42分

彼らの能力の個性はそれぞれで、例えば芥川龍之介が持つ異能力“羅生門”は自ら羽織ったマントを怪物のようにあやつる特殊能力だ。さらに、12月4日に発売された『文豪ストレイドッグス』3巻のコミックの中で、新キャラとして海外の著名文豪が登場!ドフトエフスキーやアガサ・クリスティなどその異能力が気になる文豪が作中に姿を見せている。この度、1984年に開館された歴史あ [全文を読む]

タモリ、加藤茶、倍賞千恵子他 感動を呼んだ弔辞の例を紹介

NEWSポストセブン / 2013年01月16日16時00分

【著名人弔辞リスト】 ※故人(弔辞を読んだ人)の順 ■中村勘三郎(大竹しのぶ、野田秀樹など) ■安岡力也(内田裕也) ■横山やすし(横山ノック、西川きよし) ■市川森一(西田敏行) ■森繁久彌(松岡功・東宝名誉会長) ■渥美清(倍賞千恵子) ■植木等(小松政夫) ■荒井注(いかりや長介) ■いかりや長介(加藤茶) ■坂上二郎(萩本欽一) ■美空ひばり(中 [全文を読む]

スマートフォン電子書籍サービス『yomel.jp』がiOSへの提供を開始

PR TIMES / 2012年04月25日15時57分

<主な作品> ・ドラマ化原作作品「赤川次郎」の“三毛猫ホームズの推理”や、国内外で根強いファンを持つ推理小説 ・「夏目漱石」「太宰治」「芥川龍之介」などの文豪の名作 など 赤川次郎 : 三毛猫ホームズの推理 加藤実秋 : インディゴの夜 エラリー・クイーン : Xの悲劇 アガサ・クリスティ : ABC殺人事件 越谷オサム : ボーナス・トラック 宮沢賢治 [全文を読む]

【50%オフ】つい人に話したくなる! 「雑学本」半額キャンペーン【学研リレーSALE】

PR TIMES / 2017年06月09日14時36分

「夏目漱石は自分の間違いを認めない」「森鴎外は元祖キラキラネームの名付け親」「太宰治は芥川龍之介が好きすぎ」など、文豪のトンデモ話が盛りだくさん。ちょっとためになって、だいぶ笑える日本文学コミック決定版!通常価格926円→SALE価格463円『一流の人は、なぜA3ノートを使うのか?』一人で責任を負うプレゼンも、300人の力を結集するプロジェクトも、成功の法 [全文を読む]

フォーカス