夏目漱石 代表作に関するニュース

生誕150年を記念して、芳林堂書店全店に夏目漱石コーナーが登場! 毎週木曜日は夏目漱石モチーフ絵柄のオリジナルブックカバーをプレゼント!

DreamNews / 2017年02月01日14時30分

生誕150年を記念して、芳林堂書店全店に夏目漱石コーナーが登場! 毎週木曜日は夏目漱石モチーフ絵柄のオリジナルブックカバーをプレゼント!夏目漱石 はじめました。株式会社書泉が運営する芳林堂書店では、今年2017年が夏目漱石の生誕150年にあたることを記念し、夏目漱石の著作や関連書籍を集めたコーナーを全店(コミックプラザを除く)に新設いたしました。芳林堂書店 [全文を読む]

夏目漱石の『坊っちゃん』に“くたばれ”!? 愛媛発、名作文学を基にしたユニークなドラマがある?

マイナビ進学U17 / 2016年06月17日12時02分

みなさんは小説『坊っちゃん』を読んだことがありますか? 夏目漱石の代表作として有名ですよね。新任教師・坊っちゃんを主人公に、赤シャツや山嵐といった登場人物が織りなす物語が親しまれ、夏目漱石の作品の中でも人気が高い小説です。■夏目漱石没後100年の今年、『“くたばれ”坊っちゃん』というドラマが放送される!?実は、『坊っちゃん』の舞台となっている愛媛県松山市に [全文を読む]

「旅に出ると、私はいつも本当の私となった」(田山花袋)【漱石と明治人のことば78】

サライ.jp / 2017年03月19日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「旅はどんなに私に生々としたもの、自由なもの、まことなものを与えたであろうか。旅に出さえすると、私はいつも本当の私となった」 --田山花袋 田山花袋は島崎藤村とともに、日本自然 [全文を読む]

「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ」(尾崎士郎)【漱石と明治人のことば71】

サライ.jp / 2017年03月12日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ。よしんば、中道にして倒れたところで、いいではないか」 --尾崎士郎 ベストセラー『人生劇場』で知られる作家の尾崎士郎は、明治31年( [全文を読む]

連載小説「オデュッセイア」を書き始めて気づいたこと[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年06月03日07時20分

特に、夏目漱石は、『三四郎』とか『それから』『こころ』など代表作の多くが朝日新聞の連載だけど、どうして書けたんだろう、とふしぎに思っていた。【参考】博士号を辞退した夏目漱石の「かわいい過激」[茂木健一郎]漱石の性格からして、結末まですべて見通していたとはなんとなく思えない。こんなことを書こう、というイメージがあって、あとは毎日の分を書いて、それを新聞に掲載 [全文を読む]

石田衣良、朝井リョウ...小説界にハロプロファン急増!ハロー!の魅力を伝えたい文豪5人

AOLニュース / 2015年05月09日12時00分

あの名作を書いた文豪の推しメンとは、果たして誰なのだろうか?(1)夏目漱石:嗣永桃子(カントリー・ガールズ)推し近代日本文学を代表する作家、夏目漱石が推すのはももちこと嗣永桃子だろう。自分と同じく教員免許を持っている嗣永桃子に共感を覚えるのは自明の理であり、また大学講師として英文学を講じながら小説の執筆活動に勤しんでいた漱石は、まさに嗣永桃子と同じプレイン [全文を読む]

【『中二病 誕生日診断』発売】夏目、太宰、三島、かの文豪たちの「中二病的特徴」を診断してみた

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月09日12時00分

夏目漱石(1867年2月9日 生まれ)悲嘆に暮れる妄想の人「囚われし旅人(インプリズンドトラベラー)」 『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』など代表作は数えきれず、欧米との関わりが強く求められる激動の時代を生きた、余裕派の礎を築いた作家である。 それでは、彼の中二病的特徴はいかなるものか。同書によれば、「塔の最上階に閉じ込められ、退屈(アンニュイ)な毎日を [全文を読む]

刃物で脅して求婚? 元死刑囚!? うさぎグッズ大好き! 東大で脳が保管されてる? 日本・世界の文豪たちの知られざる素顔!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月20日18時00分

例えば明治の文豪、夏目漱石が「落語マニア」で「無類の甘党」だったことや、親友の正岡子規との「泣ける」友情、偉大なる天才として、死後に摘出された脳は今も東大に大切に保管されていることなど、作品からはうかがい知れない文豪の素顔を知ることもできる一方、『こころ』のあらすじ、その作品のポイント(書かれた背景、解説)が紹介されているので、文学の造詣を深めることもで [全文を読む]

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

■配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、アップフェルラント物語(朗読:吉崎亮太)、ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記(朗読:浅井晴 [全文を読む]

待望の大作!唯一アニメ化されてない長編作品「銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記」がキクボン(http://kikubon.jp)にてアニメ版の声優を加えた豪華オリジナルキャストで音源化し販売開始!

DreamNews / 2015年12月21日13時00分

現在、キャンペーン中!フォームに「kikubon会戦」を入力する事でポイントプレゼント!配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、ア [全文を読む]

このあとどうなるの!? 続きが気になる“書き出しだけ”の小説「第3回書き出し小説大賞授賞式&表彰式」

デイリーニュースオンライン / 2015年10月23日11時00分

夏目漱石の『吾輩は猫である』ならば「吾輩は猫である。名前はまだない」だけ、川端康成の『雪国』ならば「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」だけ。 その後、どうなるんだとツッコみたいところですが、続きは妄想だけで楽しむのが書き出し小説なのです。 「じわじわ来る」「思い出し笑いが止まらない」「二度読みたくなる」などの意見が多い味のある書き出し小説。この度 [全文を読む]

神保町古書店の『吾輩ハ猫デアル』初版本 上中下3冊350万円

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

ここで紹介するのは、夏目漱石の『吾輩ハ猫デアル』(明治38年初版。上中下3冊揃い)だ。その価格は350万円(一誠堂書店)。 漱石の処女作であり代表作。当初は1巻完結の予定だったため、表紙(写真右)にはその後入ることになる「上」の表記がない。売れ行きがよく続編2冊が発売された。 ※週刊ポスト2015年10月16・23日号 撮影■伊藤勝 [全文を読む]

プラス思考に疲れたら。珠玉の「後ろ向きな名言」7選

TABIZINE / 2015年07月27日18時00分

夏目漱石の『草枕』の冒頭シーンで、主人公の画家がこう独白します。どのように生きても、結局この世界は住みにくい? ■「あすは、あすはッて、みんなあすを待ってるけれど、そんなあすはいつまで待っても来やしません」 島崎藤村の歴史小説『夜明け前』より。幕末維新の動乱の時代、抑圧からの解放を求める人々の苦悩を描いています。「何かが変わるかもしれない」という希望が [全文を読む]

直木賞作品『サラバ!』担当のもうひとつの顔は文芸誌『きらら』の編集長。お勧め本を聞いてみた!

Woman Insight / 2015年03月15日22時00分

石 あと、夏目漱石の『行人』。これも、棺桶に入れてほしいくらい好きで「棺桶本」っていうことにしてます。でも、印象が変わるのが怖いから、実は1回しか読んでないです。若いときにハマる本って、残り方が違いますよね。そういうふうに読者が思える本をつくりたいですよね。 WI ちなみに最近の作品でおもしろいものはありましたか? 石 ジュンパ・ラヒリの『低地』という、 [全文を読む]

可愛すぎる39歳! あの持田真樹が深夜バラエティに降臨!!

メンズサイゾー / 2014年08月13日18時45分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

漱石の『こころ』 話の筋に矛盾や疑問点多いと文芸評論家

NEWSポストセブン / 2014年02月28日07時00分

比較文学者の小谷野敦氏は明治の文豪・夏目漱石の代表作『こころ』のこんな記述が気にかかるという。 《私は繊維の強い包み紙を引き掻くように裂き破った。中から出たものは、縦横に引いた罫の中へ行儀よく書いた原稿様のものであった。そうして封じる便宜のために、四つ折にたたまれてあった》 「以前から指摘がありますが、『先生』が『私』に過去について告白する手紙は原稿用紙 [全文を読む]

「オーラが出始めた」女子アナ嫌いのマツコ・デラックスが絶賛する女子アナ

メンズサイゾー / 2013年08月28日10時00分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

天才バカボンパチンコ第4弾 出玉を選べる画期的スペック

NEWSポストセブン / 2012年03月28日16時00分

【関連ニュース】“天才バカボン”歌うフランス人女性歌手は日本のアニオタ子供たちの珍回答 夏目漱石の代表作は「天才バカボン」小渕元総理 新元号「平成」テレビ発表時の視聴率は58.1%イチローの食生活迫った番組 医療支援団体抗議で放送見送り45才女性 大事なところに異物を入れたら若返ったと感動 [全文を読む]

フォーカス