講演 夏目漱石に関するニュース

「漱石アンドロイド」、12月10日に初の一般公開

PR TIMES / 2016年11月29日17時23分

全身の姿は漱石が45歳の時に撮影された写真に基づき、漱石の孫にあたる夏目房之介氏の声をもとに、作品の朗読や講演を再現します。今後は教育現場などで活用されることになっています。 12月8日に予定されている記者会見で「漱石アンドロイド」は発表されますが、一般へのお披露目は同10日のこのシンポジウムが初めてになります。10日は午後0時半からの「漱石国際エッセーコ [全文を読む]

「もし霊界なるものがあるならば、死もまたたのし」(大宅昌)【漱石と明治人のことば154】

サライ.jp / 2017年06月03日06時00分

雑誌『婦人公論』の主催する講演で北陸地方をまわり、富山市の公会堂にやってきた大宅壮一が、聴衆の中にいた彼女を見そめ、押しに押しまくって結婚に至ったという。大宅壮一は夫人より6つ年上の30歳だった。 いわゆる一目惚れという感が強いが、すぐには首を縦にふらない夫人あての手紙に、大宅壮一はこんなふうに綴っている。 「僕があなたの容貌のみに惹かれたように考えるか [全文を読む]

「夏目漱石」が100年ぶりに朝日新聞社に出社!

PR TIMES / 2016年12月22日09時19分

漱石アンドロイドが講演、1日社員に 今年が没後100年となる文豪・夏目漱石の人間型ロボット「漱石アンドロイド」が12月21日、かつて漱石が勤めた朝日新聞社の東京本社(東京都中央区)に100年ぶりに「出社」しました。「後輩」となる社員に向けて講演をしたほか、1日限定の社員として社員証を授与されました。詳細は次の通りです。 社内のホールに集まった社員約250人 [全文を読む]

「こんにちは」と「お母さん」は同じ語源だった。意外な日本語のルーツ

まぐまぐニュース! / 2016年01月18日19時00分

「そしたら、『私の子だから』といってくれました」 境野氏の本は、高校生に講演した内容である。自分たちが日頃何気なく使っている「今日は」や「お母さん」の語源が太陽に因んでいる事を知って、高校生たちは2時間も真剣に聞き入っていたという。 この本の後半には講演を聴いた高校生たちの感想文がいくつも収められているが、その一つに次のような感想がある。 私は前まで、生 [全文を読む]

「金で相場の決まった男は金以外に融通がきかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば128】

サライ.jp / 2017年05月08日06時00分

漱石は、学習院でおこなった講演『私の個人主義』の中では、金は使われ方によっては人間の徳義心を買い占める、すなわち精神を堕落させる恐れのあることを指摘し、こうも語っている。 「相場で儲けた金が徳義的倫理的に大きな威力を以て働き得るとすれば、どうしても不都合な応用といわなければならない」 「金を所有している人が、相当の徳義心をもって、それを道義上害のないよう [全文を読む]

大増刷が、5月11日出来します! 今年没後100年、夏目漱石の人生論集!!

PR TIMES / 2016年04月29日17時34分

4月22日(金)、NHK「あさイチ」で、中江有里さんがプレゼント・ブックとして紹介!! アマゾン・本の売筋ランキングでもベスト21位まで急上昇!! [画像1: http://prtimes.jp/i/1719/980/resize/d1719-980-951680-1.jpg ] 「今年没後100年を迎えた漱石の小説はよく読まれていますが、随筆・講演・書簡 [全文を読む]

オーディオエンターテインメントサービス「Audible」12月のスペシャルコンテンツ 思想家 吉本隆明さん『吉本隆明の183講演』より20タイトルを2015年12月18日(金)より配信開始

PR TIMES / 2015年12月18日12時45分

-物語に耳を澄まそう-「いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」オーディオエンターテインメントサービス「Audible」Amazon.com, Inc.の関連会社であるAudible, Inc.が提供する童話や小説、ビジネス書などのあらゆるジャンルの本やオーディオエンターテインメントをアプリで自由に聴くことができるサービス「Audible(オーディブル) 」 [全文を読む]

「無料で読める本が私たちに問いかけること」――追悼 青空文庫呼びかけ人 富田倫生さん

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月26日11時40分

富田さんと長く本の電子化に取り組んできたボイジャーの萩野さんは講演の中で、視聴覚障害を持つ人から「これこそが自分たちにとっての“本”です」というメッセージを受け取ったというエピソードに触れました。図書館の電子化に精力的に取り組んできた、国立国会図書館前館長の長尾真さんは、「知識は万人のもの」という考えをやはり講演で強調していましたが、青空文庫の取り組みはま [全文を読む]

80歳現役医師の願望「看護師の胸の谷間で死にたい」

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

そして土曜日は講演。働くのが好きなんです。晩酌は働いたほうが旨いですからね。貯金もあんまりないし、酒代を稼ぐために死ぬまで働くつもりです。 だから足腰を弱らせないように、なるべくエスカレーターに乗らずに階段を歩く。脳梗塞を防ぐために血液をサラサラにするサプリメントを飲む。そういう努力はしています。お酒を飲むのも、私の身体には良い気がしますね(笑い)。 医師 [全文を読む]

不惑のはずが惑ってばかり。40代は生きづらい?~河崎環、おおたとしまさ、田中俊之、常見陽平座談会【前編】

プレジデントオンライン / 2016年12月29日14時15分

企業で講演をしても、「定年した後でやることがなくなる人」や「長時間労働で埋没してしまっている人」の話をしているのに、該当している年長者や管理職層は聞きに来ません。でも、この本を読んでも、この会場を見ても、女性へのメッセージは「ここから学んで私を変えていきたい」という女性たちにちゃんと届いている感じがします。男性との違いは何だろうと考えてしまいますね。 【河 [全文を読む]

東芝の不正会計問題、三菱自動車の燃費偽装問題は対岸の火事場ではない! 電子版『結果主義のリーダーはなぜ失敗するのか』を緊急発刊。

DreamNews / 2016年09月16日18時00分

経営教育、能力開発の分野でコンサルティング、講演、執筆活動に従事している。懇切な指導と明快な語り口には定評がある。 おもな著書に『人材育成の鉄則《正・続》』(経団連出版)、『上司失格!』(青春出版社)、『ヘタな人生論より葉隠』『ヘタな人生論より夏目漱石』(以上、河出書房新社)、『上司になってはいけない人たち』(PHPビジネス新書)、『ダメな部下でも伸ばす上 [全文を読む]

アスペルガー症候群告白の医師は患者とどう接するか

NEWSポストセブン / 2016年04月13日16時00分

現在はクリニックを知人に任せ、診療の傍ら、講演活動を行っている。 畠山医師は、自らの体験を『ぼくはアスペルガーなお医者さん』(KADOKAWA)にまとめた。そのなかで、障害の一つとしてとらえる「発達障害」という言葉ではなく、「非定型発達」と言うべきだと訴えている。賛成である。発達の仕方や速さは人によって違う。アスペルガー症候群は障害ではなく「脳の個性」なの [全文を読む]

たった一通の手紙が人生を変える―ベストセラー作家が教える“人の心を動かす”手紙の書き方

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月19日15時00分

また、恋愛体育教師・水野愛也としての著書『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、講演DVD「スパルタ恋愛塾」や、DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本、映画「イン・ザ・ヒーロー」の脚本を手掛けるなど活動は多岐にわたる。 [全文を読む]

職業「手紙書き」。55年間、手紙だけを書いてきた小池邦夫のことばの集大成!『小池邦夫のことば集』を発行

PR TIMES / 2015年02月19日12時22分

山梨県忍野村の「小池邦夫絵手紙美術館」では、絵手紙の企画展や講演活動を展開中。現在は上武大学客員教授として若い世代へも絵手紙を伝えるほか、同大学「手書き文化研究所」所長として手がき文化の普及活動を行っている。◎商品概要[画像3: http://prtimes.jp/i/12380/2/resize/d12380-2-587466-1.jpg ] [全文を読む]

妖怪&怪談ブーム 動乱や災害の前後100年サイクルで来る?

NEWSポストセブン / 2014年10月19日07時00分

怪談文学に精通する文芸評論家で怪談専門誌『幽』編集長の東雅夫さんも、「週末ごとに妖怪や怪談絡みの講演やイベントに呼ばれますが、『幽』の創刊から10年続けている中で、ここまで立て込んでいるのは空前という感じがします」と言う。 ではなぜ今、妖怪や怪談がブームなのだろうか? さまざまな要因がある中で、まず大きな流れがあると東さん。 江戸の文化文政時代、鶴屋南北 [全文を読む]

フォーカス