コール 超特急に関するニュース

超特急×Sonar Pocketの化学反応がやみつき!愛ある計らい&10人でのバッテンダンス<超フェス4日目>

モデルプレス / 2017年08月31日23時20分

昨日の「エビ特急!」同様、「ソナ特急!」コールがあふれるフロアに応えて披露された新曲「浮つきWAVES」でも、メンバーそれぞれに思い思いの叫びをあげて、歌詞通りのBIG WAVEをタオルで作りながら、より自由に弾けてゆく。そして「僕たち7人だけでは寂しいので」とカイがSonar Pocketの3人を招くと、「『超フェス』に乗車できたことがこの夏一番の思い [全文を読む]

超特急、5日間連続の初主催イベントが開幕! 初日は6号車・ユースケが敬愛するWEAVER登場!

okmusic UP's / 2017年08月28日23時00分

ユースケの一発目の叫びも今日はもちろん「WEAVER~!」&曲中にはメンバー名もコールし、曲が終わるとリョウガが「この夏、最後の思い出を作っていきたい」とWEAVERの3人をステージに呼び込む。ピアノ&ボーカルにベース、ドラムという珍しい構成の3ピースバンドであるWEAVERだが、実は超特急の6号車・ユースケは彼らの熱烈なファン。5号車のユーキと共にボーカ [全文を読む]

超特急、4000人のファンコール大録音会を開催

okmusic UP's / 2015年06月02日08時00分

【その他の画像】超特急超特急のライブに欠かせないのが8号車と呼ばれるファンのコール。これまで8号車からの自然発生で生まれてきたコールを、今回はファンと一緒に考え、全国の皆に勇気と元気を贈るという超特急デビュー3周年記念企画の一環。この企画は、「みんなのエールがレールに変わる!超特急公式コール大募集企画」と題され、5月20日から応募を開始。さらに、前述の通 [全文を読む]

超特急、『MBS音祭2015』で白熱ステージを展開

okmusic UP's / 2015年10月10日13時00分

ライブでは8号車(=ファンの総称)のみならず、すべての観客が巻き込まれ、コールが沸き起こるのも見どころのひとつになっている。 『uP!!! Presents MBS音祭2015〜Opening Party」でも会場中が大盛り上がりとなった「バッタマン」を始め、超特急初のハードロックナンバー「Beautiful Chaser」を披露するなど、色とりどりな計4 [全文を読む]

超特急、国立代々木競技場第二体育館フリーライブで8号車4000人が大合唱!

okmusic UP's / 2017年04月28日10時30分

激戦を勝ち抜いた幸運なオーディエンスが客席を360度に埋め尽くす中、壮大なオーバーチュアが鳴ると、メンバーはなんとアリーナ席後方の扉から登場! 割れんばかりの大歓声の中、アリーナのど真ん中に設置されたステージへと上がり、トリッキーな鉄板曲「超えてアバンチュール」が始まるや、すぐさまファンである8号車のコールとカラフルなペンライトが凄まじい勢いで突き上がる。 [全文を読む]

超特急、トラブルでステージ中断も…さすがの“盛り上げ番長”パフォーマンスで超挽回!<GirlsAward 2017 A/W>

モデルプレス / 2017年09月16日21時54分

さらにコール&レポンスで会場を温めると、ユースケを筆頭に、メンバーはシャウトともにランウェイステージをダッシュ。そのままアップナンバー「超えてアバンチュール」へとすすんだ。曲中では、ユースケにメンバーが女装メイクをしたり、メンバー全員がロングヘアのウィッグをかぶって頭を振ったり、と弾けたパフォーマンス。 会場が大盛り上がりの中、最後にリョウガが「皆さんの優 [全文を読む]

「a-nation」15年目を彩るstadium fes.初日にヘッドライナーBIGBANGが登場!!豪華14アーティストが観客55,000人を熱狂させる!

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年08月29日10時26分

「この瞬間だけは“8号車”(超特急のファンの名称)として一緒に楽しんでいきたいと思います!」(カイ)というMCの後は祝祭感に満ちたアッパーチューン「fanfare」、さらに“ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!”というコール、途中でメンバーが“あっち向いてホイ”をやる演出も楽しい「Burn!」を披露。ダンサー5人×バックボーカル2人というユニークな編成を活かしたエンタ [全文を読む]

「a-nation」15年目を彩るstadium fesに5万5千人が熱狂

dwango.jp news / 2016年08月28日22時38分

「この瞬間だけは“8号車”(超特急のファンの名称)として一緒に楽しんでいきたいと思います!」(カイ)というMCの後は祝祭感に満ちたアッパーチューン『fanfare』、さらに“ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!”というコール、途中でメンバーが“あっち向いてホイ”をやる演出も楽しい『Burn!』を披露。ダンサー5人×バックボーカル2人というユニークな編成を活かしたエンタ [全文を読む]

「a-nation stadium fes.」開幕!豪華14アーティストが観客55,000人を熱狂させた!

okmusic UP's / 2016年08月28日20時00分

「この瞬間だけは“8号車”(超特急のファンの名称)として一緒に楽しんでいきたいと思います!」(カイ)というMCの後は祝祭感に満ちたアッパーチューン「fanfare」、さらに“ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!”というコール、途中でメンバーが“あっち向いてホイ”をやる演出も楽しい「Burn!」を披露。ダンサー5人×バックボーカル2人というユニークな編成を活かしたエンタ [全文を読む]

超特急、初出演となるイナズマロックフェスで大奮闘!

okmusic UP's / 2015年09月21日14時30分

ヒャダインこと前山田健一が手掛けた「バッタマン」ではコミカルなパフォーマンスでコールが沸き起こるなど、大いに会場を沸かせた。最後は、イナズマ曲「Believe×Believe(ビリビリ)」で締め括り、イナズマロックフェスに強烈なインパクトを残す、勢いあるステージの幕を閉めた。 飛ぶ鳥を落とす勢いでレールを突き進む彼らは、2015年12月23日、24日に代々 [全文を読む]

超特急、セーラー服でエビ中ステージ乱入 スタダ男女コラボ解禁“エビ特急”

ORICON NEWS / 2017年08月31日07時30分

懐かしの学校チャイムに続いて「スターダストのエビ中です!」コールでスタートしたエビ中は「禁断のカルマ」で引き込むと、前向きなパワーに満ちた「全力ランナー」、ひらひらとスカートの裾が可憐に揺れる「紅の詩」を披露。そして、第九のメロディーから始まった「ハイタテキ」で大きなサプライズが待ち構えていた。 曲が2番に入ったところで、エビ中の最新アルバム『エビクラシ [全文を読む]

超特急×WEAVERがスペシャルコラボ 生バンドの「HOPE STEP JUMP」・ユースケ歌唱・ガリガリ対決まで!<超フェス1日目>

モデルプレス / 2017年08月29日10時08分

ユースケの一発目の叫びも今日はもちろん「WEAVER~!」&曲中にはメンバー名もコールし、曲が終わるとリョウガが「この夏、最後の思い出を作っていきたい」とWEAVERの3人をステージに呼び込む。 ピアノ&ボーカルにベース、ドラムという珍しい構成の3ピースバンドであるWEAVERだが、実は超特急の6号車・ユースケは彼らの熱烈なファン。5号車のユーキとともにボ [全文を読む]

『TOKUFUKU LIVE Connect』でBIGMAMAと超特急がコラボ!

okmusic UP's / 2017年02月18日20時00分

5人は7色の光に照らされながら次々と楽曲を披露し、金井はコール&レスポンスやフロアに降りての熱唱で一体感をぐんぐんと高めていった。ラストナンバーの「until the blouse is buttoned up」ではBIGMAMAファンも8号車も一緒になってタオルを高々と掲げる。パワフルな歌声とパフォーマンスでフロアをまとめ上げた金井は最後に「ありがとうご [全文を読む]

超特急、「お台場みんなの夢大陸 めざましライブ」出演

okmusic UP's / 2016年08月04日12時30分

8号車の“超特急"コールが沸き起こると、7人はステージに戻る。このライブのために作られた、三宅アナのイラストがバックプリントされた『めざましテレビ』Tシャツを着て、夢に向かっていく思いに溢れたポップチューン「HOPE STEP JUMP」を力いっぱいパフォーマンス。 さらに7人はポジティブで力強さが詰まった「Burn!」をたたみ込む。メンバーは、再び客席 [全文を読む]

女の子だけじゃない! 「会いに行ける男の子」人気のヒミツ

マイナビ進学U17 / 2015年12月10日12時02分

サイリウムを振って、mixやコールといった「ヲタ芸」を楽しむ女の子が多いのも特徴です。やはりライブ終了後のチェキ会も大人気!■女の子が楽しめる「現場」がたくさん!このように今、女の子たちが楽しめる「現場」が急激に増えています。テレビやドームのような大きな会場ではなく、ショッピングモールの一角や、小さなライブハウスなど、近い距離で楽しめるのが「会いに行ける男 [全文を読む]

超特急、本気すぎる『スター・ウォーズ』の仮装に大歓声

okmusic UP's / 2015年10月25日13時00分

8号車(超特急ファンの総称)のコールにも熱が入ったところで、ステージ中央に進み出たのはユースケ。「もしも! 『スター・ウォーズ』のメンバーが、あの曲をやったら!! ……一体どうなるんですかね? 皆さん、気になりますよね!?」と煽り、超特急ライブの鉄板曲ともいえる『バッタマン』をパフォーマンス。フジテレビとレインボーブリッジを望む会場が8号車のコールに包まれ [全文を読む]

超特急がファン4000人と大録音会

dwango.jp news / 2015年06月02日23時36分

超特急のライブに欠かせないのが8号車と呼ばれるファンのコール。これまで、8号車からの自然発生で生まれてきたコールを、ファンと一緒に考え、全国の皆さんに勇気と元気を贈るという、超特急デビュー3周年記念企画の一環。この企画は、「みんなのエールがレールに変わる!超特急公式コール大募集企画」と題され、5月20日から応募を開始。さらに、超特急メンバーと4,000人の [全文を読む]

GENERATIONS、「a-nation」で堂々8曲パフォーマンス 野外スタジアムに黄色い歓声やまず<セットリスト>

モデルプレス / 2017年08月27日19時41分

続いてボーカルの数原龍友が「皆さんの声聞かせてください!」と呼びかけたコール&レスポンスで始まる、『Hard Knock Days』へ。フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』オープニングテーマとなった楽曲をセンターステージに集まったメンバーがパフォーマンスする頃には、すっかり暗くなった会場はうちわのブルーの光で埋め尽くされていた。 MCでは、メンバー1人 [全文を読む]

iKON、寿司パワーで絶好調 2年連続「a-nation」で進化見せる<セットリスト>

モデルプレス / 2017年08月27日19時18分

続く「RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)」では“RHYTHM TA”コールが沸き起こり会場のボルテージは急上昇。 「すごい景色ですね!1年ぶりのa-nationですが、僕たちのこと覚えていますか?今日楽しみましょう!」(B.I)、「2回目の出演で楽しみにしていました。皆さんに会えて本当に嬉しいです」(JAY)と思い思いのあいさつ。日本語が [全文を読む]

感覚ピエロ、初「a-nation」3万人に「O・P・P・A・I 」爆弾投下 観客のOPPAIドアップの演出も<セットリスト>

モデルプレス / 2017年08月27日18時12分

「3万人の皆さんお騒がせいたします」「胸はって歌います~!」という横山の煽りに、3万人の観客もハイテンションで“O・P・P・A・I ”コール。ステージの大画面モニターでは女性の観客の胸元をドアップで抜くという刺激的な演出も行われ、思いがけず“OPPAI”披露となった観客もノリノリで体を揺らして応えるなど、夏フェスならではの開放的な盛り上がりを見せていた。◆ [全文を読む]

フォーカス