大学受験 関西大学に関するニュース

全国の受験生約4万人が「関心を持った大学」関東では早稲田大学が2年連続で1位に

PR TIMES / 2017年04月25日19時48分

大学受験者が回答した関心の高い大学BEST20 「2017年度(第5回)テレメール全国一斉進学調査」より-株式会社フロムページ(本社:大阪府大阪市)では、テレメール全国一斉進学調査を実施しております。2017年度入試の最新データでは、全国の受験生約4万人が関心を持った大学は、関東は「早稲田大学」、中部は「名城大学」が2年連続で1位でした。近畿では「関西大学 [全文を読む]

中学受験、受験校決定の鍵は、やっぱりデータ分析!

PR TIMES / 2017年05月29日11時20分

「点数アップと大学受験に強い」個別指導学院フリーステップを運営する、株式会社成学社個別指導部教務課主催の保護者会が開催されました。「中学受験に挑戦させてみようかな…」そう思われたのは、ほんの数ヶ月前のことではないでしょうか?!大学入試システムが大きく変わるというニュースが流れ、これを懸念して、中学受験、特に私立中高一貫校の受験率が増加傾向にあります。▼中学 [全文を読む]

日本人の優しさや真面目さが中国人留学生に大きく影響―中国紙

Record China / 2016年10月25日23時50分

日本は「少子化」傾向を受け、大学受験者数が徐々に減少しており、一部の私立大学では毎年定員割れが生じている。ここ数年、日本経済は低迷状態が続いており、教育業界も財政緊縮のあおりを受けている。さらに、日本の大学はもともと国際化が進んでいないという問題もあった。これらの要素が日本の大学の発展を妨げ、大学の教育水準に影響を与えている。▽愛すべき日本人の優しさや真面 [全文を読む]

文部科学省の補助金カットにより、主要私大の水増し合格がいよいよなくなる時代。城南予備校はこの夏を制して受験を征すため、高3生・高卒生を対象に“合格力養成講座”を実施します。

DreamNews / 2016年08月05日16時00分

詳しくは、城南予備校ホームページへhttp://www.johnan.jp/nankan/【本プレスリリースに関するお問合せ先】株式会社城南進学研究社 マーケティング企画室TEL 044-246-2071FAX 044-246-5003担当 水野 拓児 / 織田 聡MAILTakuji_Mizuno@johnan.co.jpSatoshi_Oda@john [全文を読む]

早慶上智さらに遠のく…有名大学、合格者減でさらに合格しづらく 滑り止め校も難化?

Business Journal / 2015年10月07日06時00分

特に再来年以降、大学受験に臨む数多くの受験生にとっては大きな試練だ。 今年7月、全国紙各紙で報じられたように、文部科学省は来年度から定員を大幅に上回る学生を入学させているマンモス私立大学に対して、補助金の交付額を削減することを決めた。 具体的には、大規模(収容定員数8000人以上)の私大の場合、定員を1割以上上回る学生を入学させると、大学の補助金を全額カッ [全文を読む]

城南予備校はこの夏、TEAP対策ゼミを開講します。このゼミでは日本英語検定協会が公開している問題見本を用いながら、TEAPがどのような試験で、どのような問題が出題されるのかなどを中心にお教えします。

DreamNews / 2015年06月04日10時00分

https://www.johnan.jp/【本プレスリリースに関するお問合せ先】株式会社城南進学研究社 宣伝企画室 TEL 044-246-2071FAX 044-246-5003担当 水野 拓児 / 織田 聡MAILTakuji_Mizuno@johnan.co.jpSatoshi_Oda@johnan.co.jp■株式会社城南進学研究社 について■ [全文を読む]

武田塾、大学入試の解答がすぐに確認できる解答速報専門アプリ「解答速報 powered by 武田塾」iPhone版をリリース

@Press / 2015年02月03日10時00分

勉強が苦手な大学受験生を日本初“授業をしない”独自の勉強法で難関大学へ逆転合格に導く、武田塾(運営:株式会社A.ver、本社:東京都文京区、代表取締役:林 尚弘、以下 武田塾)が、大学入試の解答をすぐに確認できる解答速報専門のiPhone版アプリ「解答速報 powered by 武田塾」を開発し、リリース開始いたしました。 ■「解答速報 powered b [全文を読む]

早慶上智に日大も 私大で相次ぐ「学費値上げ」は妥当なのか

NEWSポストセブン / 2014年01月12日16時00分

* * * 大学受験勉強の追い込み期だ。当事者である受験生のあなたには、「このサイトを見ている暇があったら、英単語の1つでも2つでもいいから頭の中に詰めこみなさい」と言いたいが、その親御さんや大学関係者、大学に関心がある方々には広く知っていただいたほうがいい、ちょっと頭の痛い話がある。 日経新聞(電子版)では12月14日、朝日新聞(DIGITAL)では1 [全文を読む]

フォーカス