坂本龍馬 亀山社中に関するニュース

幕末を駆け抜けた坂本龍馬は何を見て、何を考え、何を夢見たのか

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日12時00分

幕末の偉人ランキングで圧倒的な人気を誇る、坂本龍馬。薩長同盟や、龍馬が暗殺された近江屋事件などは歴史にそれほど関心の無い方でもご存知のことでしょう。無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』に、そんな龍馬に関する数々のエピソードが綴られています。 人物探訪:坂本龍馬、海洋立国の夢 アメリカに漂流して、彼の地で航海術などを学び [全文を読む]

龍馬の貴重な品をこの目で 江戸東京博物館で「坂本龍馬展」

太田出版ケトルニュース / 2017年04月28日09時33分

4月29日(土)より、東京・両国の江戸東京博物館にて、坂本龍馬の魅力に迫る展覧会『没後150年 坂本龍馬』が開催される。 この展覧会は、1835年(天保6年)に土佐で生まれ、1867年(慶応3年)に京都・近江屋で凶刃にたおれた龍馬の自由奔放な生き様や、豪胆ながらも愛情に溢れた人となりを、貴重な資料とともに振り返るもの。わずか30年あまりの生涯で、貿易会社「 [全文を読む]

2017年は坂本龍馬没後150年。龍馬ゆかりの地を旅しながら、生き様を読み解く異色のガイドが復刊。

PR TIMES / 2016年10月18日15時28分

[画像: http://prtimes.jp/i/5875/1383/resize/d5875-1383-793151-0.jpg ] インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)は、9月22日にヤマケイ文庫『坂本龍馬を歩く』を刊行しました。 今もなお、小説、ドラマなどで多 [全文を読む]

経営者として、男として私をしつけた「坂本龍馬の生きざま」

Forbes JAPAN / 2017年03月19日11時00分

高知県桂浜の小高い丘には、遥か太平洋を見つめる坂本龍馬の銅像があります。ここ土佐は、龍馬が生まれてから剣術修行で江戸を目指すまでの18年間を過ごした場所です。厳しい身分制度に対する無力さを感じていた龍馬は、土佐を離れた後、吉田松陰や高杉晋作、勝海舟らと出会い、世界観を広げ、新しい日本への想いを強めていきました。私が、龍馬の人生を描いた歴史小説『竜馬がゆく』 [全文を読む]

狙うは中国の孤立。安倍総理がロシア経済分野協力担当相を新設した思惑

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日21時00分

今こそ「坂本龍馬」を見習うべき理由 薩摩と長州が和解したケース 薩摩藩と長州藩は、憎み合っていました。坂本龍馬は、「薩摩と長州が手を組めば、幕府に勝てるぜよ」と思った。それで、両藩を和解させるためにどうしたか? 幕府戦に備える長州は、外国製の高性能な武器が欲しかった。しかし、幕府は外国に「長州に武器を売るな」と依頼していた。長州は、武器が買えない。そこで [全文を読む]

司馬遼太郎の描いた坂本龍馬のウソ・ホント【日本初の新婚旅行はウソだった】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月26日11時30分

(中略)『縁結びの物見遊山だぜ』 この風俗の日本での皮切りは、この男であったといっていい」関連情報を含む記事はこちら 上記は司馬遼太郎『竜馬がゆく』(文藝春秋)で描かれた「日本で初めての新婚旅行をしたのは坂本龍馬だ」というエピソードである。テレビの雑学クイズ番組などで耳にしたことがある方も多いと思うが、実はこれは嘘。龍馬と妻のおりょうが2人で南九州に滞在し [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】お江戸日本を震撼させた傑物4人!クイズ「私は誰でしょう?」(全4問)

サライ.jp / 2017年03月15日19時00分

さて、私は誰でしょう?(い)岡田以蔵(ろ)中岡慎太郎(は)武市半平太(に)坂本龍馬【クイズ4】私は1796年生まれのドイツ人です。1823年、長崎出島のオランダ商館付医師として訪日し、鳴滝塾を開きました。門下生に高野長英らがおり、蘭学の発展に貢献しましたが、1828年に帰国するとき、日本地図の持ち出しが見つかって国外追放となりました。さて、私は誰でしょう? [全文を読む]

コンテンツリーグ、「怪獣だから……」という理由で撮影許可がもらえない、哀しき怪獣街ぶら番組『ウルトラ怪獣散歩』のDVD第6弾『ウルトラ怪獣散歩 ~上野/深川・月島/長崎 編~』を本日発売。

DreamNews / 2017年01月25日15時00分

ノスタルジックで美しい廃墟「軍艦島」(端島)へウルトラ怪獣が上陸!?「軍艦島」と同じく「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産登録された旧グラバー住宅のある「グラバー園」、坂本龍馬が結成した日本初の商社と言われる「亀山社中」跡地など、日本の歴史を肌で感じる名所を訪問。「ハウステンボス」では、オランダの街並みやアトラクション、イルミネーションも大満喫! 他 [全文を読む]

山本五十六、東条英機、近藤勇 歴史上の偉人たちの懐事情

NEWSポストセブン / 2016年03月18日16時00分

例えば、長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を襲撃した『池田屋事件』では、その功績により会津藩から総額500両(約500万円)、幕府から総額600両(約600万円)のボーナスを受け取っています(金額は諸説あり)」 25位は坂本龍馬。日本初の株式会社ともいわれる「海援隊」の月給は、新撰組とは対照的に身分の上下なく平等だったという。 それにしても、年収で60両 [全文を読む]

フォーカス