大政奉還 坂本龍馬に関するニュース

~暗殺10日以内に書かれた幻の手紙~ 坂本龍馬直筆の“越行の記”を新発見!! NHK総合で全貌を放送!

PR TIMES / 2014年04月08日09時23分

内容は「大政奉還後の日本国新政府の財政計画・人材構想」について書かれていることが明らかになりました。これほどの歴史的資産が誰にも見つからず現代まで埋もれていた経緯と、自身の運命をまだ知らぬ龍馬が生々しく記した新政府の財政構想、および、当時1000円で古美術商から購入した“越行の記”の驚きの鑑定額について、4/12午後8:00 放送の『突撃!アッとホーム』で [全文を読む]

福山龍馬が甦る! 大河ドラマ『龍馬伝』10月放送開始

PR TIMES / 2013年09月26日13時33分

■ 『龍馬伝』 制作年:2010年/60分/全48話 演出:大友啓史(大河ドラマ『秀吉』、ドラマ『ハゲタカ』『ちゅらさん』、映画『るろうに剣心』ほか) 出演:福山雅治(坂本龍馬)、香川照之(岩崎弥太郎)、大森南朋(武市半平太)、佐藤健(岡田以蔵)、寺島しのぶ(坂本乙女)、 真木よう子(楢崎龍)、児玉清(坂本八平)、蟹江敬三(岩崎弥次郎)、武田鉄矢(勝麟太 [全文を読む]

《4/15》歴ドルと月島もんじゃを食べて高知へ行こう!!歴史アイドル美甘子さんが“月島もんじゃこぼれや”の1日店長に就任

PR TIMES / 2017年03月28日09時18分

大政奉還150周年を記念して、高知県とのコラボレーション企画”リョーマと月島“~平成もんじゃ維新~(2017/2/6-2017/4/28)を実施している月島もんじゃこぼれやで、歴史アイドル美甘子さんが1日店長を務めます。坂本龍馬をはじめとする高知県が輩出した幕末の志士について、美甘子さんと語り合います。幕末に思いをはせながら、高知食材を使ったもんじゃ焼きを [全文を読む]

龍馬の貴重な品をこの目で 江戸東京博物館で「坂本龍馬展」

太田出版ケトルニュース / 2017年04月28日09時33分

わずか30年あまりの生涯で、貿易会社「亀山社中」を結成し、薩長同盟を仲介し、大政奉還を成立させるなど、日本史上に大きな功績を残した龍馬の死から150年にあたる今、改めて彼の業績をたどる。 会場には、あまりにも有名な「立ち姿の龍馬の写真」をはじめ(開幕日から3日限定公開)、妻・おりょうとの新婚旅行を文字と絵で描写した手紙、愛用した刀など、龍馬ファンならずとも [全文を読む]

今年は高知がアツい!暗殺5日前に書かれた「坂本龍馬書簡」が一般初公開

Walkerplus / 2017年02月09日19時15分

大政奉還から150年の今年、坂本龍馬ら多くの偉人を輩出した土佐が、再び熱く動き出す。 高知県では、3月に2大イベントが開幕。「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」の第一幕と「土佐の『おきゃく』2017」が、3月4日(土)から始める。 今年は江戸幕府が政権を朝廷に返上した「大政奉還」から150年を迎え、来年2018年は 「明治維新」から150年の [全文を読む]

春の旅行は高知家へ!3月開催の二大イベント 大政奉還より150年。坂本龍馬ら多くの偉人を輩出した土佐が、再び熱く動き出す 「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」開催!

PR TIMES / 2017年02月06日11時45分

3月4日第一幕開幕「県立高知城歴史博物館」オープン!一般初公開「坂本龍馬書簡」展示 商店街にこたつを並べて宴会!?酒国高知を体感できる 土佐のおきゃく 2017開催 3月4日~3月12日高知市内にて志国高知 幕末維新博今年は大政奉還から150年。2018年は「明治維新」から150年。「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」開催! 今年は江戸幕府が [全文を読む]

写真撮影もOK!初公開の龍馬の手紙など約70点の貴重な資料を公開 龍馬没後150年 高知県立坂本龍馬記念館 初の全国巡回展「土佐からきたぜよ!坂本龍馬展」

@Press / 2017年05月29日17時00分

■見どころ(1) 初公開!「龍馬の手紙」や坂本家に受け継がれる「龍馬の立像」 龍馬と言えば多くの手紙を残してきたことで有名ですが、本展では江戸修行時代から始まり、大政奉還に向かうまでの30点の手紙を展示します。初公開となる手紙でもあり、中でも「後藤象二郎宛龍馬直筆書簡」は、大政奉還の決断が下る直前、二条城へ招集された土佐藩重役・後藤象二郎へ「決死の覚悟で挑 [全文を読む]

【書評】誰が龍馬を殺したのか? 定説をひっくり返す「真犯人」

まぐまぐニュース! / 2017年01月31日15時00分

親友・中岡慎太郎が龍馬を殺害? その根拠は… 龍馬は勝海舟、松平春嶽との出会いで人生が決まり、大政奉還という奇手で徳川家を温存する。もはや幕府のVIPである龍馬が、新選組や見廻組に命を狙われるはずがない。幕府には暗殺する動機がない。しかも、警備の厳しい土佐藩邸の斜め向かいの近江屋に、大胆に押し込む刺客がいるだろうか。龍馬は多くの修羅場をくぐってきたから、 [全文を読む]

<坂本龍馬と坂本竜馬?>「物語の邪魔になるときは史実を切る」ことは司馬遼太郎の時代小説の作法

メディアゴン / 2015年07月22日06時50分

」とか、また、ある書籍に因ると「大政奉還案や船中八策、薩長連合は別人の手によるもの。」等と書かれている。司馬さんは、その段階に至って、自分のイメージで描くことを決意した。それで現実の「坂本龍馬直柔」を小説では「竜馬」と表したとうわけだ。筆者の知人に高知県出身の漫画家がいるのだが、彼は「龍馬」と「竜馬」をはっきり区別しているがどちらも好きだという。彼の曽祖父 [全文を読む]

「第5回新選組検定」9月24日開催 大政奉還150周年限定企画も実施

DreamNews / 2017年05月30日14時00分

さらに、今年は大政奉還から150周年の記念すべき年ということで、第5回限定企画として「江戸文化歴史検定」(http://www.edoken.jp/)とのタイアップが決定しました。「江戸文化歴史検定」の過去受験者および第12回申込者を対象にした割引企画「江戸割」を実施するほか、「坂本龍馬幕末歴史検定」「薩長幕末歴史検定」「会津幕末歴史検定」「長州幕末歴史 [全文を読む]

暗殺シーンの再現も!初公開展示多数の「坂本龍馬」展が東京開催

Walkerplus / 2017年05月29日17時41分

そのほか、江戸修行時代から始まり、大政奉還に向かうまでの30点の手紙が展示される。また、本展の主催であるソフトバンググループの創業者・孫正義氏が所有する、龍馬から義兄へ向けた手紙「川原塚茂太郎宛龍馬書簡」や、2014年に一般宅で発見された「越行の記」なども初公開される。また、13体しか造られておらず、現在所在が明らかなのは3体だけという「12代酒井田柿右衛 [全文を読む]

”リョーマと月島”~平成もんじゃ維新~土佐の高知×月島もんじゃキャンペーンで高知へ行こう!

PR TIMES / 2017年02月07日16時50分

大政奉還150周年を記念して、土佐に注目!グルメ王国高知県食材をつかった”月島もんじゃ”を食べて高知へ行こう。合同会社delta(月島もんじゃこぼれや)は、一般社団法人高知県地産外商公社、高知県東京事務所、合同会社地域力創発にご協賛・ご協力を頂き、2017年2月6日(月)より2017年4月28日(金)まで、高知県を特集したキャンペーンを実施致します。期間内 [全文を読む]

遺体確認の決め手は肥大化した陰嚢!? 糖尿病にも苦しんだ西郷隆盛の最期

ヘルスプレス / 2015年09月24日21時02分

大政奉還の推進、鳥羽・伏見の戦いの勝利、勝海舟との会談後の江戸城無血開城に続き、戊辰戦争に参戦。参議としては廃藩置県や学制の制定などの内政改革を主導、陸軍大将としては軍政を刷新するなど、明治維新後の政治の大舞台は西郷の遠心力なしには回らなくなった。 [全文を読む]

和田正人「物心ついた頃から周囲は坂本龍馬でいっぱいでした」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月09日05時50分

大政奉還の後、世の中がどんどん変わっていこうとしている時代に、あくまで古い価値観にこだわったのが新選組です。隊士それぞれが幕府への忠義や武士としての誇りをかけ、戦うことも厭わない。ですが、一方には戦いに異を唱える人間がいて、その代表格が坂本龍馬です。彼は、どこまでも続く太平洋を見て育った土佐人の多くのがそうであるように、自由を愛し、広い世界を見てみたい [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

[本書の主な内容] 史上初!子孫が語る 名刀の(秘)事件 義元左文字 織田信長 へし切長谷部 黒田官兵衛 姫鶴一文字 上杉謙信 清光 武田信玄 村正 徳川家康 一期一振 豊臣秀吉 とうらぶ女子必見 本当の名刀の見方伝授します 世界一、刀が似合う男 高倉健 愛蔵の堀川國廣の脇差 「おんな城主 直虎」出演の俳優インタビュー 井伊直虎役 柴咲コウ/今川義元役 [全文を読む]

3社(JTBパブリッシング・主婦の友社・ぴあ)共同企画 高知県「志国高知 幕末維新博」開催記念 首都圏メディアプロモーションスタート!

PR TIMES / 2017年03月02日15時35分

株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:里見雅行、以下JTBパブリッシング)、株式会社主婦の友社(東京都文京区、代表取締役社長:荻野善之、以下主婦の友社)、ぴあ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣、以下ぴあ)は、2017年に大政奉還150年、2018年には明治維新150年に合わせて、高知県が2017年3月4日(土)から開幕する [全文を読む]

3社(JTBパブリッシング・主婦の友社・ぴあ)共同企画 高知県「志国高知 幕末維新博」開催記念 首都圏メディアプロモーションスタート!

PR TIMES / 2017年03月02日15時35分

JTBグループで旅行関連情報の出版・販売、Web関連事業を手がける株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:里見雅行、以下JTBパブリッシング)、株式会社主婦の友社(東京都文京区、代表取締役社長:荻野善之、以下主婦の友社)、ぴあ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣、以下ぴあ)は、2017年に大政奉還150年、2018年には明治維 [全文を読む]

月島もんじゃを食べて高知県旅へ

Walkerplus / 2017年02月28日17時00分

同社では、大政奉還に大きな影響を与えた坂本龍馬や、多くの維新志士を排出した高知県に着目。日本を代表する清流「四万十川」や、緑深い山々と太平洋に囲まれた美しく自然豊かな高知は、グルメ王国と賞されているため、高知県食材を”もんじゃ”、”鉄板焼き”にして楽しめる。期間中、コースプランを注文すると抽選で、高知県旅行1組2名、県魚”カツオのたたき”を5名、四万十川 [全文を読む]

【大好評、開催中!】月島もんじゃを食べて、高知旅!!!『土佐の高知×月島もんじゃキャンペーン!』“リョーマと月島”~平成もんじゃ維新~開催中。

PR TIMES / 2017年02月27日09時19分

[画像1: https://prtimes.jp/i/23980/2/resize/d23980-2-766458-0.jpg ]月島もんじゃ こぼれやでは、大政奉還に大きな影響を与えた坂本龍馬や、多くの維新志士を排出した高知県に着目しました。日本を代表する清流”四万十川”や、緑深い山々と太平洋に囲まれた美しく自然豊かな高知は、グルメ王国と賞されています。 [全文を読む]

千年以上の歴史。仁淀川の清流が生み出す「土佐和紙」に触れるイベントを開催

ITライフハック / 2017年01月17日17時00分

2017年は大政奉還150周年、2018年は明治維新150周年の節目にあたり、幕末から明治維新にかけて、坂本龍馬をはじめ、多くの偉人を輩出した高知では、「志国 高知幕末維新博」を開催する。幕末維新博を盛り上げるため、高知の伝統工芸品である「土佐和紙」とデジタル加工や電子工作を組み合わせ、幕末維新を現代的なコスプレ衣装で再現するワークショップとなっている。開 [全文を読む]

フォーカス