坂本龍馬 海援隊に関するニュース

~暗殺10日以内に書かれた幻の手紙~ 坂本龍馬直筆の“越行の記”を新発見!! NHK総合で全貌を放送!

PR TIMES / 2014年04月08日09時23分

驚きの「鑑定額」と「発見までの経緯」を『突撃!アッとホーム』で独占公開『突撃!アッとホーム』 坂本龍馬直筆の“越行の記”を新発見!! 2014年4月12日(土)午後8:00 NHK総合「突撃!アッとホーム」放送2014年4月10日(木)公式サイト(http://nhk.jp/athome)にて予告編公開予定家族そろって楽しめる新感覚バラエティ「突撃!アッと [全文を読む]

武田鉄矢「読書に実用性だけ求めても空しい」 世の中は確信に至る材料を集めすぎている

東洋経済オンライン / 2017年05月10日09時04分

坂本龍馬がいなければ海援隊というバンドもない本っていうのは面白い。皆さんも想像つくかもしれないけど、私の読書歴の始まりは司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』です。18歳。高校3年の夏、非常にダイナミックなタイトルが目について本屋の書棚のその本を手に取ったのが何もかもの始まり。読んでみて、龍馬のでかさに驚いた。売れてるとか評論家が褒めてるとかは関係ない。「この本 [全文を読む]

春の旅行は高知家へ!3月開催の二大イベント 大政奉還より150年。坂本龍馬ら多くの偉人を輩出した土佐が、再び熱く動き出す 「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」開催!

PR TIMES / 2017年02月06日11時45分

3月4日第一幕開幕「県立高知城歴史博物館」オープン!一般初公開「坂本龍馬書簡」展示 商店街にこたつを並べて宴会!?酒国高知を体感できる 土佐のおきゃく 2017開催 3月4日~3月12日高知市内にて志国高知 幕末維新博今年は大政奉還から150年。2018年は「明治維新」から150年。「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」開催! 今年は江戸幕府が [全文を読む]

2017年は坂本龍馬没後150年。龍馬ゆかりの地を旅しながら、生き様を読み解く異色のガイドが復刊。

PR TIMES / 2016年10月18日15時28分

[画像: http://prtimes.jp/i/5875/1383/resize/d5875-1383-793151-0.jpg ] インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)は、9月22日にヤマケイ文庫『坂本龍馬を歩く』を刊行しました。 今もなお、小説、ドラマなどで多 [全文を読む]

今年は高知がアツい!暗殺5日前に書かれた「坂本龍馬書簡」が一般初公開

Walkerplus / 2017年02月09日19時15分

大政奉還から150年の今年、坂本龍馬ら多くの偉人を輩出した土佐が、再び熱く動き出す。 高知県では、3月に2大イベントが開幕。「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」の第一幕と「土佐の『おきゃく』2017」が、3月4日(土)から始める。 今年は江戸幕府が政権を朝廷に返上した「大政奉還」から150年を迎え、来年2018年は 「明治維新」から150年の [全文を読む]

龍馬の音痴が土佐藩の窮地を救った!? 歴史上の偉人に学ぶ「欠点を使うテクニック」

Business Journal / 2014年09月15日16時00分

例えば、坂本龍馬は自分の欠点を隠すことなく、周囲の人たちに見せていました。 その欠点は、「音痴」。 京や長崎の色町で、いつも機嫌よくお酒を飲みながら、音痴な龍馬が恥ずかしげもなく、気持ちよさそうに歌っている。その姿が人々を惹きつけ、人気者になっていったのです。 そんな龍馬率いる海援隊のいろは丸が、紀州藩所有の明光丸と激突、沈没した時のことです。 主な事故原 [全文を読む]

山本五十六、東条英機、近藤勇 歴史上の偉人たちの懐事情

NEWSポストセブン / 2016年03月18日16時00分

例えば、長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を襲撃した『池田屋事件』では、その功績により会津藩から総額500両(約500万円)、幕府から総額600両(約600万円)のボーナスを受け取っています(金額は諸説あり)」 25位は坂本龍馬。日本初の株式会社ともいわれる「海援隊」の月給は、新撰組とは対照的に身分の上下なく平等だったという。 それにしても、年収で60両 [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】お江戸日本を震撼させた傑物4人!クイズ「私は誰でしょう?」(全4問)

サライ.jp / 2017年03月15日19時00分

さて、私は誰でしょう?(い)岡田以蔵(ろ)中岡慎太郎(は)武市半平太(に)坂本龍馬【クイズ4】私は1796年生まれのドイツ人です。1823年、長崎出島のオランダ商館付医師として訪日し、鳴滝塾を開きました。門下生に高野長英らがおり、蘭学の発展に貢献しましたが、1828年に帰国するとき、日本地図の持ち出しが見つかって国外追放となりました。さて、私は誰でしょう? [全文を読む]

龍馬は大ウソつきだった?激昂したふりして裏で入れ知恵、交渉有利に進める「名役者」ぶり

Business Journal / 2015年09月04日06時00分

慶応3(1867)年4月19日、坂本龍馬ら海援隊は伊予国大洲藩籍の「いろは丸」(45馬力、160トン)を借り、武器を満載して長崎から出航した。一航海(15日)につき500両のチャーター料金を払っており、いろは丸での航海は初めてだった。 ところが同月23日夜、瀬戸内海の備後国鞆の浦沖を航行中のことだ。紀州藩の「明光丸」(150馬力、887トン)に追突され、い [全文を読む]

フォーカス