家族 江原啓之に関するニュース

江原啓之さんに教わる「がんを恐れないで生きるための気づき4」

WEB女性自身 / 2016年08月22日06時00分

しかし、彼女の死を受け入れられなかったのはむしろご家族でした。お母様は『きっと克服できる!』と信じて激励し続けました。そのため彼女は家族のために治療を頑張るしかない状況でした。人はみな生まれてきたら、必ず死んでゆくものです。A子さん自身はそれを受け入れていたのに、家族は受け入れることができなかった。家族の存在が、A子さんが旅立つときの心残りになってしまった [全文を読む]

苦手な同僚、無神経な友人…「江原流」に考えれば、明るい未来が開ける!

anan NEWS / 2016年03月31日08時00分

■気の合わない家族 →依存と甘えを断ち、今こそ自立と割り切りを 気が合わない家族と一緒にいるのがイヤなのに、同居しているとしたらなぜでしょう? 経済的に助かる、あるいは食事の用意や洗濯などをしてもらえるという理由ならば、それは依存。家族に甘えているのです。イヤなら家を出て自立を。同居していないならば、経済的自立はしているのですから無理につきあわなくてもい [全文を読む]

江原啓之さんが提言 「スマホ依存は悪霊が心につけこみます」

WEB女性自身 / 2017年02月02日17時00分

類は友を呼ぶといいますが、同じようにネガティブな家族だったり友人だったりが近づいてきて、ますます不幸な気持ちになります。40年以上前に『エクソシスト』( 73年)という映画が話題になりました。少女が悪魔に取り憑かれますが、少女は一人っ子で、母親は女優という設定でした。この映画でも悪魔は、少女の寂しい心につけこんで憑依します」 では、このように悪しき存在から [全文を読む]

罹患者急増のいま…江原啓之さんに聞く「がんとの向き合い方」

WEB女性自身 / 2016年08月22日06時00分

がんになったとき、自分のために、そして家族のためにどうすればいいのか?そんな、がん患者たちの悩みについて江原さんに聞きました。 【がんと診断されました。死ぬのが怖いです】 人は生まれた瞬間から死に向かっているといえます。わかってはいても誰にでもいつか訪れる死が怖いのはなぜでしょう?それはあなたが死んだら無になると思っているからでしょうか。たましいは永遠です [全文を読む]

江原啓之氏が不安解消し幸せに生きるための法則を伝授する書

NEWSポストセブン / 2015年04月03日16時00分

【書籍紹介】『幸せに生きるひとりの法則』江原啓之/幻冬舎/1296円 結婚、家族、老後など、人は多くの不安を抱えている。 スピリチュアリストの著者は、友人や家族がいても不安は解消されないので、ひとりは寂しいという思い込みを捨て、ひとりでも生きる覚悟を持つ「孤高」の生き方こそを身につけるのが重要とする。 そうすると友人や家族との関係もうまくいく、と。幸せを手 [全文を読む]

横澤夏子も大号泣!“焦って結婚に失敗する女”の特徴とは?

WEB女性自身 / 2017年05月19日19時00分

江原さんは「横澤さんの中には良い子でいたい自分と反発する自分が昔からいて、家族仲や家族というものに矛盾を感じ、悩んでいる」と指摘。「横澤さんはせっかちすぎるから、結婚を焦らないこと」とアドバイスをまとめました。 その中で横澤さんは「(結婚したい理由は)いいお母さんになりたい」「家にいることがいいお嫁さんだと思っている」と、極端な家庭像を示唆。また「まなみ [全文を読む]

安楽死について知ることは自らの「逝き方」を考える第一歩

NEWSポストセブン / 2017年02月06日07時00分

家族にも恵まれた。絵に描いたような「理想的で充実した人生」と誰からも思われてきた老人が漏らした「安楽死」という言葉に、頭を殴られたようなショックを受けた。 91歳になる脚本家の橋田壽賀子氏は、月刊誌『文藝春秋』に「私は安楽死で逝きたい」と寄稿した。 〈ベッドに寝ているだけで、生きる希望を失った人は大勢います。(中略)そういう人が希望するならば、本人の意志を [全文を読む]

フォーカス