事務所 市川由衣に関するニュース

嵐・大野智、夏目鈴と撮られた「O」は“熱愛発覚スポット”!? 過去には広末涼子&佐藤健も

サイゾーウーマン / 2015年09月24日13時00分

というか、事務所が「Oには行くな」ってタレントを止めろよと思う。事務所側の情報収集力や、危機管理能力に欠けてるんじゃないかな。A まあまあ、僕らからすれば、スクープを狙える場所でもあるわけですから。C 僕がある事務所の人から聞いた話だと、プロダクションは「O」の優待券を受け取ることが結構あるそうです。それで事務所のスタッフに配って、余ったらタレントにも渡し [全文を読む]

“浮き沈み女優”市川由衣 電撃婚の裏にある「セクシー連発」と「事務所の策略」

日刊サイゾー / 2015年09月10日17時30分

交際を知った所属事務所が、結婚する前に“稼げる時に稼ごう”と考えた可能性は否定できませんね」(同) “独身”であることが女性芸能人のステータスであることは間違いなく、市川のような童顔であればその傾向はより顕著かもしれない。 “女優魂”“グラビア魂”をもって自らをさらけ出した市川由衣。ぜひとも戸次とともに、幸せな家庭を築いてもらいたいものだ。 [全文を読む]

大川藍、Fカップ「限界ギリギリ」写真集発売に結婚や引退を心配する声

アサ芸プラス / 2016年11月14日05時59分

こうした限界に挑戦した写真集は、『事務所の意向で仕方なく』というパターンも多いのですが、大川さんの場合、企画に関わるなどノリノリです。撮影時に『この寄せ方はどうですか?』とか、『ここは下側を出しましょう』などと積極的に提案。こうした嫌々ではない、前向きな姿勢が業界内で好感を持たれていますよ」 ランジェリーメーカーのモデルを務めていた大川。それもなくなり、今 [全文を読む]

月9「恋仲」で福士蒼汰の同僚役に山本美月が決定!

Smartザテレビジョン / 2015年06月14日08時01分

山本は、福士蒼汰演じる三浦葵が勤める建築事務所の同僚・富永美玲役。美玲は、見た目はイマドキ女子だが、根はしっかりしている真面目なキャリア志向女性。日々の仕事を何となくこなしている葵とは対照的に、「建築士」の仕事への熱い思いを胸に秘め努力している。葵のうだつの上がらなさにいら立ちを感じながらも、葵の先輩として世話を焼いてしまう、という役どころ。 美玲役に決 [全文を読む]

成功=行動! キャスティングディレクターが考える“出会い”の重要性

anan NEWS / 2016年03月20日12時00分

そのため、日夜、膨大な数の俳優や芸能事務所のスタッフと積極的に会う機会を持つほか、こまめに舞台や映画をチェックし、情報のストックに努めている。 「市川由衣さんが大胆なラブシーンを演じた『海を感じる時』という映画がありますよね。あれは、以前から大人の女優として脱皮を図りたいという話を事務所さんから伺っていたことが、オファーのきっかけになりました。従来のイメー [全文を読む]

安藤サクラ、股間にバラ&スケスケドレス姿披露でファン興奮! 門脇麦は“美ちっぱい”披露で「将来が楽しみ」

おたぽる / 2016年03月16日09時00分

来月から放送開始される宮藤官九郎脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)への出演も決まっていますし、俄然注目度は高まっています」(芸能関係者) 体当たり演技で評価された、といえば、同じ事務所に所属する若手女優・門脇麦も負けてはいない。 「門脇は、13年に出演した、『チョコラBB Feチャージ(エーザイ)』のCMで注目を集め、同年に公開された映画『ス [全文を読む]

衝撃婚にファンも悲鳴!?2015年の芸能界結婚年表を振り返る

日本タレント名鑑 / 2016年01月19日11時55分

草尾毅さんは11歳年下の斉藤さんと、どちらも事務所が同じ縁です。 6月に結婚した元イエローモンキーの吉井さんと眞鍋かをりさんも年の差婚。吉井さんが14歳年上ですが、吉井さんも若々しく眞鍋さんがしっかり者なので全く違和感がありません。 子役モデルから特撮系御用達俳優、ドッキリの仕掛け人、グラビアでは「オシリーナ」として人気の高かった秋山莉奈さんは、ボートレー [全文を読む]

国分太一、結婚で“リセット”なるか!? 評判ガタ落ちの理由は「身内」だが……

日刊サイゾー / 2015年09月11日20時30分

これまで「1グループ1人」の体制を崩すことはなかったジャニーズ事務所だったが、なぜ国分は結婚できたのか。それは、彼自身の“近況”が影響しているのではと、関係者は見ている。 「昨年の国分太一は、テレビ番組出演(延べ)本数ランキングで初の年間王者を獲得、今年の上半期も首位をキープと表面上は絶好調に見えます。しかし、その内情はボロボロ。“土曜編集長”を務めた『す [全文を読む]

鈴木杏だけじゃない、「芸能界ピンチヒッター物語」(5)宮崎あおいが玉山鉄二、キムタクを拒否!

アサ芸プラス / 2015年03月18日17時58分

“別に”発言のみそぎとなるはずでしたが、独立騒動で事務所を解雇されて立ち消えに。次に話が来たのが宮崎でしたが、NHK大河のヒロインで成功を収めた彼女には、もはや『キムタクの相手役』は眼中になかったようです」(芸能プロ関係者) 二転三転して黒木メイサが選ばれたが、おもいっきり肉食系な森雪なため、やけに好戦的なキャラに変更された。 [全文を読む]

さくら夫人にバーニングもお手上げ、家入レオを持て余す研音!! 業界珍プレー好プレー

サイゾーウーマン / 2015年01月02日13時00分

芸能界全体に大きな影響力を持ち、傘下事務所だけでなく幅広いタレントやプロダクションに救いの手を差し伸べていることでもお馴染みだが、2014年はそんなバーニングさえ「さじを投げた」案件があったという。「辻仁成と離婚して、不倫相手だった音楽家・渋谷慶一郎氏の元へ走った中山美穂です。離婚情報が浮上した当初は、お決まりのマスコミ操作で『辻の“女性化”が夫婦仲をおか [全文を読む]

竹之内豊、天海祐希、唐沢寿明……テレ朝ドラマ『オリンピックの身代金』が前代未聞の“研音祭り”に!

日刊サイゾー / 2013年04月23日11時00分

主演は竹野内豊さんなのですが、その後に続く名前が天海祐希さんに唐沢寿明さん、江角マキコさん、沢村一樹さん、速水もこみちさん、市川由衣さんと研音の俳優さんばかりなんです」(芸能事務所関係者) これまでも、連ドラなどで主演俳優の“バーター”で若手俳優が出演するというのはあったが、ここまで特定の事務所の俳優が名前を連ねるというのは珍しいそうだ。 「この作品は、東 [全文を読む]

フォーカス