ねこ 中川翔子に関するニュース

タモリにピコ太郎も 爆笑問題田中が語る“芸能界ねこコミュニティ”

WEB女性自身 / 2017年02月23日06時00分

「本当にね、50過ぎて恥ずかしい本ですが(苦笑)、ねこ好きの方にめいっぱい共感していただけたらうれしいです」 こう話すのは、念願のねこ本『猫と田中』(太田出版)を出版したばかりの爆笑問題・田中裕二(52)。本のなかでは、タモリから頼まれて飼い主探しを手伝った話や、しょこたんこと中川翔子のねこに「ネギ」という名をつけ、栄養失調から救ったエピソードなど、ねこ[全文を読む]

猫文学の新たな傑作が誕生!空前の猫ブームに一石を投じる物語は、猫好き必読!芥川賞作家が描く、生きることの哀しみときらめきに満ちた感動作

PR TIMES / 2016年06月16日16時22分

公園で産まれた6匹のねことその家族が奏でる物語。芥川賞作家・柳美里が正面から「命」と向き合った2年ぶり待望の最新小説『ねこのおうち』がついに発売2016年6月17日、河出書房新社より芥川賞作家・柳美里さんの小説『ねこのおうち』が発売となります。今年、執筆開始30周年&芥川賞受賞20周年を迎える柳さんが描く2年ぶりの最新小説は、中川翔子さんも絶賛する猫好き必 [全文を読む]

中川翔子「愛を与えるのも命を奪うのも同じ人間」空前の猫ブームに一石を投じる猫文学の新たな傑作誕生

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月01日06時30分

公園で産まれた6匹のねことその家族が奏でる“命”の物語『ねこのおうち』が、2016年6月17日(金)に発売された。 猫との生活を通じて、生きることの哀しみ、そしてきらめきを描きながらも、昨今の猫ブームに加熱する社会に一石を投じる同作。ブームの裏側で人間の手により捨てられ、その命を失うたくさんの猫たち…。そんな猫たちと幸運にも出会った人々との間で奏でられる命 [全文を読む]

中川翔子「ヒグチユウコさんは猫界の救世主です!」坂本美雨、羽海野チカらの愛猫も登場する究極の猫本誕生!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月25日11時00分

また、約211万部のロングセラーを誇る、佐野洋子『100万回生きたねこ』が、30年以上にわたり多くの読者を虜にする秘密に迫っている。 『I LOVE 猫絵本』を読めば、絵本作家と愛猫との絆が、数々の名作を生み出していくことがよくわかるだろう。猫への愛しさに溢れた1冊となっている。 <コンテンツ> ・巻頭イラストエッセイ ヒグチユウコ「ボリスとの日々」 ・ヒ [全文を読む]

ネコのかわいさを凝縮した10分間!「ねこねこ55」がけしからん

ザテレビジョン / 2017年06月08日12時50分

NHK Eテレで放送中のミニ番組「0655」「2355」(毎週月~金朝6.55-7.00、夜11.55-0.00)のスピンオフ番組「ねこねこ55」が、放送されることが分かった。 「ねこねこ55」で紹介するのは“ひたすらかわいい”ネコたちの映像。ネコあるあるを歌い上げるコーナー「ねこの歌」や、ネコ好きとして知られる中川翔子が伝える世界のネコニュースなど、ネコ [全文を読む]

フォーカス