三島由紀夫 美しい星に関するニュース

ええ~ッ。そんな繋がりあったの!? 三島由紀夫と石原慎太郎の“アヤシイ“関係!

tocana / 2014年04月26日21時00分

「十一月半ばのよく晴れた夜半すぎ、埼玉県飯能市の大きな邸の車庫から、五十一年型のフォルクスワーゲンがけたたましい音を立てて走り出した」(『美しい星』より引用) 三島由紀夫の小説『美しい星』の冒頭である。ちなみに車の行き先は街の外れにある羅漢山。そして目的はなんと、空飛ぶ円盤との交流である。 小説が発表されたのは昭和37年。以前からUFO観測に熱中していた三 [全文を読む]

美しさの目盛りをマックスに! 三島由紀夫原作の異色SFで、吉田大八監督が橋本愛に言ったこと

dmenu映画 / 2017年05月30日07時00分

取材・文=大谷隆之/Avanti Press 『桐島、部活やめるってよ』(2012年)や『紙の月』(2014年)など優れた人間ドラマを発表してきた吉田大八監督が、三島由紀夫の異色SF小説を映像化した最新作『美しい星』。リリー・フランキー、橋本愛、亀梨和也、中嶋朋子という豪華キャストが結集した話題作だ。30年以上も映画化を望んできたという監督本人が、本作に込 [全文を読む]

三島由紀夫を聴く~1970年2月19日のインタビューテープ~

PR TIMES / 2017年02月27日12時39分

放送日時:3月1日(水)18:00~19:00 出演者:岩下尚史(作家)吉田大八(映画監督)山中剛史(三島由紀夫文学館特別研究員) [画像1: https://prtimes.jp/i/3392/230/resize/d3392-230-167302-0.jpg ] 1月に、TBS社内で 文学者・三島由紀夫の肉声テープが発見された。それは「使用禁止」と書か [全文を読む]

リリー・フランキー、亀梨和也など豪華キャストで三島由紀夫『美しい星』映画化決定! ファンからは早くも期待の声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月14日17時30分

日本を代表する作家・三島由紀夫。死からおよそ46年が経ったいまも熱烈に支持される三島の、SF小説『美しい星』が映画化されることが決定した。公開は2017年5月と、まだ1年以上先ではあるが、監督、主要キャストも手伝い、ファンからは早くも期待の声が上がっている。 東京大学法学部(当時・東京帝国大学)卒業後、9カ月という短い期間、大蔵省(現・財務省)で勤務し、執 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(5月25日付)

ガジェット通信 / 2017年05月25日20時00分

3位 『美しい星』(https://yahoo.jp/r4irID) ■公開日 :2017年5月26日(金) ■監督 :吉田大八 ■キャスト:リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、羽場裕一、春田純一、友利恵、若葉竜也、坂口辰平、藤原季節、赤間麻里子、武藤心平、川島潤哉、板橋駿谷 他 ■作品概要:三島由紀夫が1962年に発表した核時 [全文を読む]

ある日突然“覚醒”した、とある宇宙人一家の悲喜劇

NeoL / 2017年05月14日23時24分

三島由紀夫の異色SF作を、『霧島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八監督が映画化した『美しい星』。 “当たらない”お天気キャスターの父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎて周囲まわりから浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚をもて余す主婦の母・伊余子……。そんな大杉一家が、ある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人として覚醒。ひとたび目 [全文を読む]

自称・宇宙人のヘンテコさに笑って泣く ―三島由紀夫が書いたUFO小説のぶっ飛んだ中身とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月02日09時00分

三島由紀夫はUFOマニアだった。 と聞くと、「またまた~」と疑いの目を向ける方がいるかもしれない。しかしこれは冗談でもネタでもなく、れっきとした文学史的事実。戦後を代表する小説家三島由紀夫はある時期、かなりUFOに熱中していて、日本初のUFO研究サークルのメンバーに名を連ねたり、UFO観測会に参加して夜空を見上げたりしていた。【画像あり】ダ・ヴィンチニュー [全文を読む]

亀梨和也「グループ活動を潤すことが指名」 「普段、ジャニーズ感が強めに生きている」

エンタメOVO / 2017年05月27日17時43分

本作は、三島由紀夫のSF小説が原作。ある日突然、宇宙人として覚醒し、“美しい星・地球”を救う使命を託された大杉一家の物語。 亀梨は本作について「三島さんの作品で、監督が作り上げる世界観に参加させていただけたことは貴重な経験でしたし、たくさんの方にこの『美しい星』の世界観を共有していただいて、楽しんでいただけたらいいなと思います」とアピールした。 メッセン [全文を読む]

劣化から戻ってきた!?橋本愛がツルツル美ワキで艶アピール

アサ芸プラス / 2017年04月27日12時45分

同映画は三島由紀夫の「美しい星」を現代風にアレンジした作品で、普通の一家がある日宇宙人として覚醒し、騒動を引き起こしていくという物語。橋本は金星人に目覚め、美しすぎて周囲から浮いている大学生を演じている。「橋本は一時激太りし、壮絶に劣化したとされました。最近になって少しやせましたが、美しい女子大生を演じるまでに復帰できたのかどうか注目されていました。結論か [全文を読む]

亀梨和也が“パジャマ”で登壇!?「プレイボーイですいません」

Movie Walker / 2017年04月25日10時37分

三島由紀夫の異色SF小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が、舞台を現代に変えて大胆に映画化した人間ドラマ『美しい星』の完成披露試写会が、有楽町朝日ホールにて開催され、リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、吉田監督が登壇した。 本作では、当たらないテレビ気象予報士の父・重一郎役をリリー・フランキーが、フリーターで自転車便のメ [全文を読む]

三島由紀夫原作『美しい星』で佐々木蔵之介が“人間離れ”した演技を披露!?

Movie Walker / 2016年11月25日06時00分

三島由紀夫が1962年に発表した異色のSF小説を、『桐島、部活やめるってよ』(12)などで知られる吉田大八監督が映画化する『美しい星』(2017年5月公開)。本作に代議士秘書、黒木克己役として佐々木蔵之介の出演が決定した。 ある日突然、自分たちが宇宙人だと覚醒した家族が、地球を救うためそれぞれ奮闘するという本作。その家族として、主役の“当たらない”で有名な [全文を読む]

ミスキャンパス映画としての『美しい星』【藤原季節・軽薄演技の到達点】

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月25日19時54分

今回、三島由紀夫が原作に託したメッセージの吉田監督の見事な咀嚼などについては、多くの映画評論家の方々がやってくださると思うので、ここでは、ミスキャンパス評論家としての立場からこの『美しい星』について検証することにする。■ミスキャンパスコンテストシーンのリアリティ1962年に発売された原作から、現代に設定がアレンジされている本作では、橋本愛演じる大学生・大杉 [全文を読む]

亀梨和也「自分は昭和寄りタイプの男」 明大文学部の授業にサプライズ登場

エンタメOVO / 2017年05月25日10時14分

本作は、小説家・三島由紀夫が1962年に発表した異色のSF小説『美しい星』を、吉田監督が舞台を現代に移して映画化。ある日、自分たちが「宇宙人」であると覚醒した家族の姿を通して、いまを生きる「人間」を鮮やかに描き出す。この日は、亀梨ら3人が同大文学部の伊藤氏貴准教授(文芸メディア専攻)の講義に参加する形で、学生たちとの交流を楽しんだ。 ある女子学生からは「 [全文を読む]

映画『美しい星』×美味しいキャンディー Planet lollipops(惑星キャンディ)チケットプレゼントキャンペーン実施!

PR TIMES / 2017年05月16日11時00分

三島由紀夫原作のSF小説『美しい星』が5/26~映画公開されることを記念して、美味しいキャンディー Planet Lollipops(R)(惑星キャンディ)とのキャンペーンを実施いたします。[画像1: https://prtimes.jp/i/19110/11/resize/d19110-11-590095-1.jpg ]■映画『美しい星』公式サイト ht [全文を読む]

登場人物は宇宙人!?『美しい星』舞台挨拶で全力「火星人ポーズ」披露

しらべぇ / 2017年04月25日10時00分

■火星人に水星人に、謎の宇宙人?原作は巨匠・三島由紀夫の異色のSF小説「美しい星」。もともとは小説が連載されていた1962年が舞台になっていたが、映画化にあたって舞台を現代に移すなど設定を大胆にアップデートしている。©sirabee.com冒頭の挨拶でそれぞれ「〇星人役の…」と名乗ったため、客席からは笑いがこぼれ「映画会社から言われて(〇星人役と)言ったの [全文を読む]

亀梨和也がリリー・フランキーをおんぶ!?『美しい星』新予告編が解禁!

Movie Walker / 2017年03月17日07時00分

『桐島、部活やめるってよ』(12)、『紙の月』(14)の吉田大八監督が長年映画化を悲願してきた、三島由紀夫の異色SF小説が原作の『美しい星』(5月26日公開)。この度、その予告編映像と新ポスタービジュアルが解禁となった! 原作小説の刊行から55年を経て、映画の舞台は現代へと大胆にアップデートされている。突然、宇宙人に覚醒したある一家の目を通して見える現代社 [全文を読む]

キャラが濃過ぎ!? 福士蒼汰、亀梨和也、松田龍平…個性的な宇宙人を演じた人気俳優たち

dmenu映画 / 2017年09月08日07時00分

政治家を目指す水星人…亀梨和也 三島由紀夫の異色SF小説を映画化した『美しい星』(2017年)は、お天気キャスター・大杉重一郎のごく平凡な家族が、突如として宇宙人に覚醒する姿を描いた作品。その中で大杉家の長男であり、水星人として覚醒する一雄を演じたのが、ジャニーズでも屈指の名優といわれている亀梨和也です。 一雄は政治家を目指す野心あふれる青年という役どこ [全文を読む]

リリー・フランキー、最後の大物独身…

NewsCafe / 2017年06月02日12時15分

「今回の主演作は上映スクリーン数が100館程度のため、ランキングでベスト10に入るようなヒットにはならないと思いますが、三島由紀夫原作のSFチックな小説の映画化で話題を集めています」とはスポーツ紙デスク。 リリーは、地球温暖化を危惧するお天気キャスターで、自分が宇宙人だなどと言い出す家族とともにトラブルに巻き込まれていく…というSFコメディー映画だ。 「 [全文を読む]

亀梨和也「グループ活動を潤すことが自分の使命」KAT-TUNへの思い力強く語る

Movie Walker / 2017年05月27日16時48分

三島由紀夫の異色SF小説を現代設定に大胆脚色した映画『美しい星』(公開中)の公開記念舞台挨拶が5月27日にTOHOシネマズ日本橋で開催され、リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、吉田大八監督が登壇。「自身の使命」について聞かれた亀梨が、「グループ活動を潤すことが使命だと感じている」と力強く語った。 本作は、ある日突然、異星人として覚 [全文を読む]

橋本愛、“白い細面の美しい顔立ち”に「エラ削った?」 “美しくないかも”には「超絶美女」の声

おたぽる / 2017年05月01日09時00分

橋本は、今月26日から公開予定の映画『美しい星』では、原作小説の設定で“白い細面の美しい顔立ち”をした美少女役を演じるということで、ネット上では、『役作りで削った?』『あまちゃんの時に演じて欲しかったな』などと揶揄する声が飛び交っているようです」(芸能関係者) 同作品は、三島由紀夫原作の同名SF小説を映画化したもの。その中で橋本は、自分のことを金星から飛来 [全文を読む]

フォーカス