恋人 三島由紀夫に関するニュース

彼氏、彼女の携帯を見たことがある人、驚きの●%!【今日のインサイト】

Woman Insight / 2015年09月28日06時00分

プライバシーといえば、まさに携帯は個人情報の宝庫! いくら恋人でも携帯だけは見せられない!なんて人も多いのではないでしょうか。 婚活アプリ「マッチアラーム」が20代、30代の独身男女2,646人に実施した「恋人の携帯電話を見たことがあるかどうか」の調査をご紹介します! ◆恋人の携帯電話、見たことがありますか? 【男性】 はい・・・19.2% いいえ・・・ [全文を読む]

「誤配」という概念を鍵に近代文学の名作を解く。『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか』(集英社新書)、3月17日(火)発売!

DreamNews / 2015年03月17日10時00分

この本で言う「誤配」の意味は第一章に書いておいたが、ごく簡単に言えば、「彼女/彼が自分の正しい恋人ではないのではないか」という疑念のことである。この感覚が恋愛小説を読むのに有効に機能するのは、近代文学の性質に関わる。(「まえがき」より) 【目次】第一章 悲恋小説作家・夏目漱石 / 第二章 田山花袋『蒲団』 / 第三章 森鴎外『雁』第四章 武者小路実篤『友情 [全文を読む]

文字から生まれる物語。手紙にまつわる文庫たち

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月23日07時20分

恋人が国際ボランティア隊に参加し、手紙を交換することで過去の出来事にけじめをつける話など、どれも秀逸。 ■『クレイとフィンと夢見た手紙』 友野 詳 KADOKAWA メディアファクトリー MF文庫J 580円(税別) 白に近いほどの金髪、華奢な体格のフィンと、真っ黒な髪にしなやかな肉体をもつクレイ。彼らは〈郵便屋〉だ。さまざまな時代、さまざまな土地に、届か [全文を読む]

リリー・フランキー、最後の大物独身…

NewsCafe / 2017年06月02日12時15分

「10年以上前に、女優の加藤紀子(44)と恋人関係にあったようですが、破局しており、それは『東京タワー…』に出てくる彼女とみられています。その後も、女優の深津絵里(44)とのツーショットをキャッチされたり、音楽ユニットを組んでいたタレントの安めぐみ(34)とのウワサもありましたが、いずれも進展はありませんでした」 モテモテなのはわかるが、どうしてうまくい [全文を読む]

亀梨和也「自分は昭和寄りタイプの男」 明大文学部の授業にサプライズ登場

エンタメOVO / 2017年05月25日10時14分

「いい車に乗りたい、かわいい恋人がほしい、いい時計が欲しいといった気持ちがイマドキの子は崩れてきていると言われているけど、僕はわりかし濃いほうかもしれない」と話した。 隣で聞いていたリリーが「亀梨くんは野心家というよりも男らしい。男としてたくましい人なんだと思う」と付け加えると、亀梨も「難しいですね。がっついているわけではないし、何が何でも他人を蹴落として [全文を読む]

著名人に送られた弔辞や追悼文を厳選し齋藤孝氏が解説した書

NEWSポストセブン / 2016年10月17日16時00分

この歌に登場する女性は「別れた恋人」であると同時に、「最愛の妹」でもあったことを知って目からウロコが落ちた。 世の中には、決して読み飛ばすことができない重みを持った言葉がある。一回読むだけで終わりにせず、大切に保管し、折に触れて繰り返し手に取りたくなる一冊だ。 ※女性セブン2016年10月27日号 [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

独身時代は恋多き女といわれ、作家・三島由紀夫の恋人として取り沙汰されたこともある。作曲家の内藤法美氏と結婚後は、内藤氏が越路さんのショーの構成や作曲などを手がけ、越路さんが亡くなるまで連れ添った。1980年11月7日、胃がんのため56才で死去。 ◆淡路恵子さん(享年80) 「私が死んだ時は、普通の葬式は絶対にイヤ。内容はあんた(=長男で俳優の島英津夫)に任 [全文を読む]

井上荒野の新作 不倫は嫌いな人も絶対しないとは言い切れぬ

NEWSポストセブン / 2015年02月08日16時00分

【著者に訊いてみました】『悪い恋人』井上荒野/朝日新聞出版/1728円 ※あらすじ 沙知は夫と結婚して8年。何一つ不自由のない満足した毎日を送ってきた。しかし、家の裏にある森の再開発を行う不動産業者として現れた中学の同級生と肉体関係をもってしまう。男は、沙知が家族と過ごす週末にも連絡してくるように…。著者は、「10人いたら10人が全員違う感想を抱く小説を書 [全文を読む]

『花子とアン』仲間由紀恵の年下恋人俳優起用背景に美輪明宏

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

これが後に「白蓮事件」として世間を騒がせる大事件を起こす仲間由紀恵(34才)演じる蓮子と、その恋人となる年下男・宮本龍一の運命的な出会いだった…。 蓮子が心を寄せることとなる年下男・宮本を演じるのは、中島歩(25才・なかじまあゆむ)だ。 正直、あまり聞き覚えのない名前の中島。無名の彼が、大女優である仲間の相手役に抜擢されたのには、ある大物の尽力があったから [全文を読む]

ジョニー・デップ登場!『ローン・レンジャー』ワールドプレミア

ハリウッドニュース / 2013年06月24日05時05分

多くのファンやメディアからの注目と期待を一身に集めたレッドカーペットは500mを超え、ローン・レンジャー役を演じるハリウッド期待の新星アーミー・ハマー、冷酷な無法者ブッチ・キャベンディッシュ役のウィリアム・フィクトナー、元恋人レベッカ・リード役のルース・ウィルソン、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー、監督のゴア・ヴァービンスキーなどの主要スタッフ・キ [全文を読む]

元総理安部晋三 「新・美しい国」への道(1) 損得を超えて守るべきもの

アサ芸プラス / 2012年05月07日10時57分

それは、家族や友人、恋人、そして故郷であり日本という国だったと思います。 【関連記事】 元総理安部晋三「新・美しい国」への道(3) 「北の核」を巡る愚かな錯覚 元総理安部晋三「新・美しい国」への道(2) 反省すべき「安全神話」過信 大阪血戦の爪痕「橋下は府庁舎移転費11億円払え!」(4)「私たちは一卵性双生児みたいなもの」 直撃インタビュー 石破茂が「問責 [全文を読む]

フォーカス