三島由紀夫 川端康成に関するニュース

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

(3)出版社を巻き込んで揉めた「三島由紀夫」と「松本清張」画像出典:Amazon『金閣寺』『仮面の告白』などの作品で知られる三島由紀夫は、恵まれた家庭で生まれ育ち、16歳の若さで作家デビュー。早熟の天才として瞬く間に文壇のスターとなった。一方の松本清張は貧乏家庭で育ち、印刷所勤務や徴兵、新聞社勤務やアルバイトを経て40歳でようやくデビューし、『点と線』など [全文を読む]

「誤配」という概念を鍵に近代文学の名作を解く。『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか』(集英社新書)、3月17日(火)発売!

DreamNews / 2015年03月17日10時00分

夏目漱石『三四郎』『それから』、田山花袋『蒲団』、森鴎外『雁』、川端康成『雪国』、三島由紀夫『春の雪』…近代文学の名作の多くが「悲恋小説」なのはなぜなのか。哲学者ジャック・デリダが用いた「誤配」という概念を鍵にして、近代文学とは何かを浮かび上がらせる、画期的な文学論。はじめに、近代の恋愛小説を読むのになぜ「誤配」という概念が求められるのかを説明しておこう。 [全文を読む]

魂を揺さぶる「46人の最後の言葉」を元に、彼らの人生を紐解いていく。『著名人が遺した最期の言葉~自殺、殉死、謎の死の果てに~』キニナルブックスにて9月2日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。

DreamNews / 2014年09月05日18時00分

●魂を揺さぶる46人のコトバ 太宰治、川端康成、エルヴィス・プレスリー、三島由紀夫、ブルース・リー… 著名人の「死の直前の赤裸々な魂の告白」 『だんだん消えていくくらいなら、一気に燃え尽きたほうがましだ』 ――カート・コバーン 人生の道なかば、 若くして亡くなった者、 自ら命を絶った者、 謎に包まれたまま死を遂げた者。 「最後の言葉」を元に、彼らの人生を [全文を読む]

三島由紀夫 周囲4kmの小島の生活に感激し名作『潮騒』を書き上げた

太田出版ケトルニュース / 2013年07月01日11時39分

この島は、三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台となったことで、広く知られています。 * * * 伊勢神宮の近く、三重県鳥羽市からフェリーで約40分のところに、神島と呼ばれる小さな離島があります。神島という名前だけあって、昔は神に支配されていたと信じられていたのだとか。三島由紀夫がここを訪れた際、川端康成に「ここには本当の生活というものがある」と書いた手紙を送り、 [全文を読む]

【発売2ヵ月で、驚異の4刷 10万部突破!】村上春樹、太宰治、川端康成・・・そして星野源。100人の文体で綴る「カップ焼きそば」の作り方が話題!

PR TIMES / 2017年08月08日11時59分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5069/559/resize/d5069-559-916215-0.jpg ] 本書は、「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」をテーマに、村上春樹や太宰治、三島由紀夫、川端康成といった文豪や星野源、小沢健二といった人気アーティストなど100人になりきり、100パターンの“カップ焼きそばの [全文を読む]

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

美輪明宏の芝居創りは まず第一に、渋澤龍彦、川端康成、安岡章太郎、三島由紀夫など文壇のトップと対等に渡り合ってきた美輪氏の文学センス、行間を的確に読み説く理解力の深さ・鋭さによる。第二に文学・演劇・音楽のみならず絵画・彫刻・映画など芸術全般にわたるその造詣の深さ。時代背景・社会背景をもとにしたファッション・風俗などの知識の豊富さ。すべての物事を、本質的に捉 [全文を読む]

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

【アンケート調査概要】 実施期間 :2015年2月25日~3月31日 調査方法 :「本の話WEB」内アンケート http://hon.bunshun.jp/articles/-/3390 有効回答 :1,014名 回答者属性: ◇ 会社員=24.0%(243名)、会社役員=0.9%(9名)、公務員=2.8%(28名)、自営業=4.3%(44名)、主婦・主夫 [全文を読む]

有名作家たちの素顔は「人間失格」だった!?『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

夏目漱石、樋口一葉、石川啄木、森鷗外、宮沢賢治、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成、中原中也、10名の作家の教科書には載せられないエピソード満載 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長: 宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:碇 秀行)は『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』を発売いたし [全文を読む]

美輪明宏 三島由紀夫に何度も「やってくれ!」と口説かれる

WEB女性自身 / 2013年04月07日07時00分

4月5日の『ル テアトル銀座』から、原作・江戸川乱歩、脚本・三島由紀夫、演出・美術・衣装・主演・美輪明宏による伝説の名舞台『黒蜥蜴』が5年ぶりに再演される。女盗賊・黒蜥蜴を追う名探偵・明智小五郎が丁々発止と散らす恋の火花と”究極の対決”。この名舞台誕生のいきさつを美輪さんが語ってくれた。16歳のとき、バイト先でシャンソンを歌っていたころ、先代・中村勘三郎、 [全文を読む]

村上春樹、太宰治、川端康成など100人の文体で綴る「カップ焼きそば」の作り方?!

IGNITE / 2017年08月21日23時30分

この本は「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」をテーマに、村上春樹や太宰治、三島由紀夫、川端康成といった文豪や星野源、小沢健二といった人気アーティストなど100人になりきり、100パターンの“カップ焼きそばの作り方”を掲載。発売2カ月で異例の4刷10万部を突破するほどの人気ぶりだ。 カップ焼きそばの文体摸写は、昨年、著者の菊池良氏がツイッター [全文を読む]

東京大学 エリートはどこへ消えた?――徹底解剖 日本の大組織

文春オンライン / 2017年08月21日07時00分

昭和であればノーベル文学賞の受賞者である川端康成と大江健三郎、さらに惜しくもノーベル賞を逃した作家には、三島由紀夫と安部公房がいる。これら6名は全員東大出身である。他にも芥川龍之介、志賀直哉、谷崎潤一郎など明治時代から昭和にかけて東大出の著名作家はそれこそ数多くいたので、東大は作家を生む第1の大学として君臨していた。 しかし現代に至ると日本の文学界は東大の [全文を読む]

「カップ焼きそばの作り方」の本が10万部も売れた理由

文春オンライン / 2017年08月02日07時00分

村上をはじめ、三島由紀夫、川端康成といった文豪から、高城剛や山本一郎のような人気ブロガー、はたまたヴィジュアル系バンドの歌詞、自己啓発本、「週刊文春」(!)まで登場する元ネタの幅広さが、題材が絞られたことで際立ち、笑いを誘う。 「著者のふたりと、編集者のふたりは、20代、30代、40代、50代と世代がきれいに分かれているんです。そんな4人で膝を突き合わせて [全文を読む]

伊藤左千夫『野菊の墓』ヒロイン民子の名台詞【漱石と明治人のことば190】

サライ.jp / 2017年07月09日06時00分

昭和文学を代表する、川端康成の『伊豆の踊子』や三島由紀夫の『潮騒』はその好例。そして、もうひとつ、明治期の小説ながら、伊藤左千夫の『野菊の墓』も、山口百恵や松田聖子をヒロイン役に迎え、何度も映像化されている。掲出のことばは、その『野菊の墓』の中に綴られたヒロイン民子の台詞。これに対し、主人公・政夫はこんなふうに言う。「民さんはそんなに野菊が好き……道理でど [全文を読む]

「ほかの人に出来て、私に出来ないことはない」(田口八重)【漱石と明治人のことば80】

サライ.jp / 2017年03月21日06時00分

柊家には、川端康成、三島由紀夫、林芙美子、チャップリンらも宿泊し、八重さんはその接客に当たったという。私も何度か訪れ宿泊したことがあるが、気持ちのいい宿である。 まだ八重さんが生まれる以前、明治25年(1892)には、若き日の夏目漱石と正岡子規も連れ立ってこの宿に宿泊している。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツな [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国ではいまだに、夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、川端康成、太宰治、三島由紀夫などの明治維新後に登場した偉大な日本人作家たちのファンがたくさんいる。今年初めに、「日本の張愛玲(アイリーン・チャン)」と呼ばれた日本人作家の森茉莉の作品が初めて中国で中国語版が出版され、中国に紹介される日本文学が新たな節目を迎えた。また、同年、東野圭吾の作家デビュー30周年 [全文を読む]

死後婚、臨死体験、SM、猟奇殺人……。GWに見たい! 封印スレスレな「変愛系アイドル映画」ベスト5を発表!

おたぽる / 2016年04月30日13時00分

川端康成原作『伊豆の踊子』(74)、三島由紀夫原作『潮騒』(75)と今考えるとかなりアブない文豪たちの作品で映画女優としてのキャリアをスタート。そんな文芸路線第3弾として製作されたのが大地主の息子と山番の娘との格差恋愛を描いた『絶唱』(75)だった。山小屋で暮らす小雪(山口百恵)は恋焦がれる大地主の息子・順吉(三浦友和)が山に来ると、屋内にいながらも「あっ [全文を読む]

『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

「『暮しの手帖』の執筆者には、川端康成、井上靖、志賀直哉、井伏鱒二、三島由紀夫ら錚々たる顔ぶれが名を連ねていました。『あなたの暮し』も、文豪役としてどんな大物出演者が登場するかが本当に楽しみです。『花子とアン』の村岡花子も執筆者のひとりだったので、もしかすると吉高由里子との絡みが実現するかもしれません」(同前) 興味が尽きない今後の展開。待ちきれないファ [全文を読む]

amazarashi、文藝誌『別冊文藝春秋』にオリジナル詩を寄稿

okmusic UP's / 2016年02月12日18時00分

■『別冊文藝春秋』とは 1946年の創刊以来、井伏鱒二、谷崎潤一郎、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫など、時代を代表する作家の数々の名作を掲載してき文藝誌。より広い読者層に向けてリニューアルした2002年以降も、ミステリーからSF、恋愛小説、時代小説、マンガまで、ジャンルを問わず、多くの話題作を掲載している(角田光代『対岸の彼女』、三浦しをん『まほろ駅前多 [全文を読む]

「デーモン閣下? ピアソラ? これが邦楽!?」コラボで進化する新しい邦楽のかたち。

PR TIMES / 2016年02月11日10時34分

過去には、三島由紀夫や谷崎純一郎、川端康成といった日本を代表する作家の作品のほかにも、山田耕筰の歌劇、手塚治虫のマンガを取り上げたりと、ジャンルにこだわらない闊達さが多くのファンを引き付けています。 このシリーズでは、邦楽演奏は朗読のBGM、効果音、登場人物を表現する音としてさまざまな役割を果たします。 [画像4: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

今年もまた落選! 村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補じゃないとの説が!?

リテラ / 2015年10月09日08時00分

ノーベル賞委員会は50年経つと候補を公開することになっており、たとえば今年はじめに1963年の最終候補から三島由紀夫が一歩手前で漏れていたことがわかったり、当時日本では全くノーマークだった賀川豊彦が実は1947年の候補だったことが50年を経て初めてわかったり、などということがあった。春樹がこのまま受賞しなければ、本当に候補に入っているかどうかは、50年経た [全文を読む]

フォーカス