コラボ 田中将大に関するニュース

実況配信者に朗報! ゲーム実況サイト「Twitch」がゲーム販売を開始、契約者には収益還元も【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2017年03月01日14時00分

同社がアスリートとコラボしたCMを手がけたのは、プロ野球選手の田中将大、レスリングの吉田沙保里に続き、これが3度目。 ボルト氏といえば、オリンピックの陸上競技で通算8個、 世界陸上競技選手権大会で通算11個の金メダル獲得に加え、100mや200m、4×100mリレーの世界記録を保持しており、“人類史上最速のスプリンター”として名高い選手だ。なお、2つ目のC [全文を読む]

ガチオタがまた一人プロ野球の世界へ! 『俺ツイ』好き“おたくと”投手が横浜DeNAから指名

おたぽる / 2015年10月23日18時00分

上記のような野川投手のプロフィールとオタクぶりは、瞬く間にネット上を駆け巡り、「これは応援せざるを得ない」「『俺ツイ』を選ぶとは…わかってるな」「横浜はアニメとコラボしていたから、相性いいのでは?」「登場曲は当然アニソンだな」と、野球好きなアニメファンの心をガッチリ掴んだようだ。 中日ドラゴンズの落合博満GMは『機動戦士ガンダム』シリーズ好きで知られてい [全文を読む]

AKBと遊んでる場合!?超不人気・田中将大はいつまで「お子さマー君」なのか?

アサ芸プラス / 2015年08月06日05時59分

その状況を日本の野球ファンも知っているだけに、今回のAKBコラボを手放しで後押しするわけにはいかないのも当然だろう。「彼にしてみれば、少し曲目を考えてメールでやり取りすれば済むような簡単な企画でしょうが、ヤンキースのエースとして崖っぷちの立場を理解しているのかと疑問は湧きますね。実はマー君は男性から人気がないんです。彼を一面にしても新聞は売れない、記事にし [全文を読む]

THE TON-UP MOTORS 上杉周大が「Quick Japan」で大谷翔平選手とコラボ

okmusic UP's / 2014年12月12日13時30分

そんな上杉と今や球界の革命児としてその名を全国に轟かせている北海道日本ハムファイターズの大谷翔平が「Quick Japan」にて、「これが僕らのマイウェイ(生きる道)」と題した対談を行い、北海道の顔役二人の夢のコラボが実現した! Quick Japan誌面での球界からの登場は、東北楽天イーグルス田中将大投手とももいろクローバーZの対談以降2度目となり、注 [全文を読む]

CDは捨てるものではない! 捨て曲ナシの「いま聴くべきアイドル」はこれだ!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月19日09時20分

さらにアルバムでは、衝撃度でいうと“アイドル界きっての色モノ”であるBiSが、世界的なノイズバンド・非常階段とコラボした『BiS階段』は外せない。本書でも、「“サブカル寄り”とされてきたBiSの名を本格的に音楽マニアにも知らしめることになった」と解説しているが、確かにこのアルバムは“アヴァンギャルド”のひとこと。80年代に雑誌『宝島』(宝島社)を読みふけ [全文を読む]

吉本興業の取り分は9割!! ブラック企業も顔負けのギャラ搾取の理由とは?

tocana / 2014年03月25日09時00分

本人曰く「自分で営業行って、仕事を取ってくるから取り分のパーセンテージも変えてくれと吉本に言った」と自身の功績を語るが、ワタミ、吉田カバン、BEAMSが入江とコラボしたのも、吉本所属という信頼があるからなのは間違いないだろう。 さらに、入江と同じ芸歴であるトータルテンボスの大村朋宏と藤田憲右の年収が2,000万円というから驚きである。入江より多いのは予測で [全文を読む]

本家・NHK紅白にも負けない豪華さで『第3回AKB紅白歌合戦』開催!

週プレNEWS / 2013年12月28日18時00分

もともと乃木坂ファンの間で今年ベスト言われるこの曲を歌うにふさわしい最強のコラボに、個人的に満点の評価を出したい。 指原莉乃は初のプロデュースを手がけた松村香織の『マツムラブ』をアレンジした『サシハラブ』を披露。指原がHKT48劇場の支配人ということもあり、応援で各グループの劇場支配人がステージに上がり一緒にダンス。劇場支配人のキズナを見せてくれた。 トリ [全文を読む]

フォーカス