佐々木蔵之介 中井貴一に関するニュース

萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、佐藤浩市が“異種格闘技戦”

dwango.jp news / 2017年05月23日12時09分

野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快エンタテインメント映画『花戦さ』。 信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持ち、天下一の茶の湯者・千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語で、戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が単身立ち向かう姿を痛快に描く。 この度、本作を彩る [全文を読む]

野村萬斎が映画で天才華道家に!狂言師ならではの視点活かす

WEB女性自身 / 2017年06月02日16時00分

共演陣も、市川猿之助(豊臣秀吉)、中井貴一(織田信長)、佐々木蔵之介(前田利家)、佐藤浩市(千利休)と超豪華キャスト。 「中井貴一さんとは『陰陽師II』でご一緒しましたし、佐藤浩市さんとはもう3度目になります。前回『のぼうの城』で僕は でくのぼう を演じ、今回は いけのぼう (笑)、あうんの呼吸でやらせていただきました。市川猿之助さん、佐々木蔵之介さんは [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月1日付)

ガジェット通信 / 2017年06月01日20時00分

■関連映像:ローガン 特集 TVスポット映像 ストーリー編(https://yahoo.jp/ZoV9Iw) ローガン 特集 TVスポット映像 レビュー編(https://yahoo.jp/HSI2mE) ローガン 特集 TVスポット映像 LIKE YOU編(https://yahoo.jp/S4BIG3) ローガン 特集 特別映像“ウルヴァリンの軌跡” [全文を読む]

野村萬斎「“木偶の坊”から“池坊”に」 佐藤浩市、猿之助に「もっと踏んで!」

エンタメOVO / 2017年05月29日14時11分

映画『花戦さ』の公開直前記者会見が29日、東京都内で行われ、出演者の野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、高橋克実、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作と篠原哲雄監督が出席した。 本作は、暴君と化した豊臣秀吉(猿之助)の圧政から町衆を守るため、花僧・初代池坊専好(萬斎)が、刀ではなく花を手に、一世一代の大勝負に挑む姿を描く。 萬斎は「演じ [全文を読む]

野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市…“浅からぬ縁”の連鎖!『花戦さ』応援者が次々名乗りをあげる“不思議”な映画

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

織田信長、千利休、前田利家、豊臣秀吉、池坊専好ら時代を切り拓いた人物を演じるのだから当然かもしれないが、中井貴一、佐藤浩市、佐々木蔵之介、市川猿之助、野村萬斎と、映画界、歌舞伎界、能楽界のトップランナーが揃った。 信長役の中井貴一と利休役の佐藤浩市。二人の父親は、ともに松竹の主演俳優だった佐田啓二と三國連太郎(のちに移籍)。佐田は37歳と若くに亡くなってい [全文を読む]

『花戦さ』主演野村萬斎、「われに秘策あり!」

NEWSポストセブン / 2017年06月04日16時00分

登場したのは、野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、高橋克実、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、そして篠原哲雄監督だ。 同作は、猿之助演じる暴君・豊臣秀吉に対し、野村演じる主人公の花僧・池坊専好が一世一代の大勝負に挑む姿を描く。野村は台本にあった“天真爛漫な少年のような眼をしている人物”とあったため、その記述を軸に演じたという。 会見 [全文を読む]

野村萬斎「物まねをしたりして遊んでいます」 俳優陣が、壁にぶつかった時の秘策を語る

エンタメOVO / 2017年06月03日18時56分

映画『花戦さ』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作と篠原哲雄監督が出席した。 本作は、暴君と化した豊臣秀吉(猿之助)の圧政から町衆を守るため、花僧・初代池坊専好(萬斎)が、刀ではなく花を手に、一世一代の大勝負に挑む姿を描く。 本作の内容にちなみ「 [全文を読む]

佐々木蔵之介、千利休役の佐藤浩市にツッコミ!「コーヒー飲んではった」

Movie Walker / 2017年06月03日17時45分

京都に実在した花の名手・池坊専好を野村萬斎が演じる映画『花戦さ』の初日舞台挨拶が6月3日に丸の内TOEIで開催され、野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、篠原哲雄監督が登壇。佐々木が「(現場で)浩市さんがコーヒー飲んではった。お茶ちゃうんか!」と茶人・千利休を演じた佐藤をいじり、会場を笑わせた。 本作 [全文を読む]

野村萬斎、東京五輪前に日本の力をアピール 佐藤浩市、茶道所作は「吹き替えでもよかったんじゃ…」

エンタメOVO / 2017年05月29日15時48分

映画『花戦さ』の公開直前舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の野村萬斎、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作と篠原哲雄監督が出席した。 本作は、暴君と化した豊臣秀吉(市川猿之助)の圧政から町衆を守るため、花僧・初代池坊専好(萬斎)が、刀ではなく花を手に、一世一代の大勝負に挑む姿を描く。 萬斎は「髪が伸びました。こ [全文を読む]

市川猿之助が“鬼の形相”で佐藤浩市の頭を踏みつける!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月12日10時00分

野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが共演する、6月3日(土)公開の痛快エンターテインメント映画「花戦さ」。 本作は、信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持ち、天下一の茶の湯者・千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語だ。戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が単身立ち向かう姿を [全文を読む]

鬼塚忠『花いくさ』が野村萬斎主演で映画化!2020年までに8本映像化予定の鬼塚作品、そのヒットの極意とは?

PR TIMES / 2017年05月09日12時00分

「池坊専好に野村萬斎さん、豊臣秀吉に市川猿之助さん、織田信長に中井貴一さん、前田利家に佐々木蔵之介さん、千利休は佐藤浩市さん。それだけでなくて、音楽が久石譲さん、脚本が森下佳子さん。あまりに豪華メンバーなので、初めお話を聞いて『本当かなぁ?』と思ってしまいました。」制作費、撮影、俳優など何かと映画化のハードルが高い時代劇だが、制作陣の強い思いで実現に至った [全文を読む]

高橋一生から小林薫まで…anan読者が選ぶ「大人の男」40人を大公開!

anan NEWS / 2016年11月09日12時00分

さあ、あなたは誰と飲みに行きたいですか? ■読者が選んだ2016年の“大人の男”40人(※年齢は2016年11月9日時点) <30代> 高橋一生さん(35歳)、井上芳雄さん(37歳)、平山浩行さん(39歳)、長谷川博己さん(39歳) <40代> 滝藤賢一さん(40歳)、オダギリジョーさん(40歳)、反町隆史さん(42歳)、小林賢太郎さん(43歳)、大泉 洋 [全文を読む]

「第38回日本アカデミー賞 授賞式」日テレプラスで3/14(土)に「完全版」を放送!

PR TIMES / 2015年03月04日11時29分

どうぞお楽しみに! ◆放送情報 「第38回日本アカデミー賞授賞式 完全版」 3/14(土)20:30 / [再放送] 3/20(金)26:00 【司会】西田敏行 真木よう子 【受賞者】優秀主演男優賞/阿部寛 岡田准一 佐々木蔵之介 中井貴一 役所広司 優秀主演女優賞/安藤サクラ 池脇千鶴 井上真央 二階堂ふみ 宮沢りえ 吉永小百合 優秀助演男優賞/阿部寛 [全文を読む]

フォーカス