大沢たかお 佐々木蔵之介に関するニュース

“最後の砦”蔵之介、竹野内…次に結婚するアラフォーイケメン俳優は誰?人気占い師が大予想【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年10月28日10時15分

そこで、芸能界で知らない人はいないと言われる人気占い師・星ひとみさんが、オリジナルの占術『天星術』で、アラフォー独身イケメンたちの婚期を大予想!2015年、最後に世間を賑わせるのは誰なのでしょうか?【次に結婚しそうなアラフォーイケメンランキングTOP5】1位:小泉孝太郎さん2位:長谷川博己さん3位:大沢たかおさん4位:平山浩行さん5位:佐々木蔵之介さん次に [全文を読む]

佐々木蔵之介の順位は?結婚したらショックな男性芸能人ランキング

しらべぇ / 2017年02月06日06時30分

■第5位:大沢たかお(42票・同票)(画像は映画『風に立つライオン』公式サイトのスクリーンショット)1999年歌手の広瀬香美と結婚し、2006年に離婚。現在は独身の大沢たかおがランクイン。今年49歳を迎えるという年齢も考えると、今後、再婚の可能性があるのか否か気になるところだ。■第5位:佐々木蔵之介(42票・同票)(画像は映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】麒麟・川島明強し! 顔で選ばれた感のある“いい声すぎる男性有名人”で1位

TechinsightJapan / 2017年02月19日20時49分

■30~50代女性に聞いた 耳元で囁かれたい!いい声すぎる男性有名人TOP10 1位 川島明(麒麟) 2位 福山雅治 3位 玉木宏 4位 竹野内豊 5位 斎藤工 6位 ディーン・フジオカ 7位 谷原章介 8位 高橋一生 9位 阿部寛 10位 GACKT ■回答者から名前が挙がり11位~20位に入った男性有名人 12位 藤原竜也 13位 森本レオ 15位 [全文を読む]

高橋一生から小林薫まで…anan読者が選ぶ「大人の男」40人を大公開!

anan NEWS / 2016年11月09日12時00分

さあ、あなたは誰と飲みに行きたいですか? ■読者が選んだ2016年の“大人の男”40人(※年齢は2016年11月9日時点) <30代> 高橋一生さん(35歳)、井上芳雄さん(37歳)、平山浩行さん(39歳)、長谷川博己さん(39歳) <40代> 滝藤賢一さん(40歳)、オダギリジョーさん(40歳)、反町隆史さん(42歳)、小林賢太郎さん(43歳)、大泉 洋 [全文を読む]

ゲイカウンセラー「申年男性は表面的にいい人だが中身は勝手」

NEWSポストセブン / 2016年01月05日07時00分

〈フリー恋愛かどうかはいざ知らず、確かに申年の男は、大沢たかお、佐々木蔵之介らのように、恋の噂がないわけでもないのに、独身を貫いている人も多い〉 T:自分勝手で人の気持ちがわからないところもある。あまりにもなんでもそつなくこなして要領がいいから、そうでない人のことを見下してしまうのね。議論になると白熱していくから、相手と大げんかになってしまうことも。 〈 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】斎藤工が初首位 福山雅治“ましゃロス”の影響は!? 『独身女性が抱かれたい男ランキング』

TechinsightJapan / 2015年12月28日20時25分

■2015年独身女性が抱かれたい男~日本人部門トップ30~ 1位 斎藤工 (↑) 2位 福山雅治 (↑) 3位 西島秀俊 (↓) 4位 竹野内豊 (↑) 5位 北村一輝 (↑) 6位 綾野剛 (↑) 7位 鈴木亮平 (↑) 8位 松坂桃李 (↑) 9位 大沢たかお(↑) 10位 松本潤 (↑) 11位 阿部寛 (↑) 12位 玉木宏 (↓) 13位 向井 [全文を読む]

46歳・福山雅治、結婚できない理由!

NewsCafe / 2015年07月02日17時00分

内田有紀(39)や柴咲コウ(33)など、共演しただけで熱愛と騒がれたこともあります」(先のライター) 40代の独身大物といえば、大沢たかお(47)、佐々木蔵之介(47)、岡村隆史(44)、中居正広(42)、加瀬亮(40)らが思い浮かぶが、福山が結婚すれば彼らの間に雪崩現象が起きるかも…。 [全文を読む]

「死ぬかと思った」悲鳴轟く西島秀俊の結婚、次は竹野内豊か 減り続ける中年独身俳優枠

messy / 2014年11月20日18時00分

こうなると、残る中年独身俳優である福山雅治(45)や佐々木蔵之介(46)、大沢たかお(46)らに希望を託すしかない――と、西島からの鞍替えを宣言するファンも続出。自分が結婚相手になれるワケはないとわかっていても、好きな俳優には独身でいてほしいというファン心理だろう。 西島の芸歴は長く、1992年から俳優として活動しているが、名前が頻出するようになったのは [全文を読む]

フォーカス