彼女 佐々木蔵之介に関するニュース

永作博美、17年間の友だち関係から結婚した夫婦の「あの距離感が理想」│ 映画「夫婦フーフー日記」

Woman Insight / 2015年05月30日11時30分

ちゃんと最後にみんなを安心させて亡くなっていったというか……そこにも彼女の魅力がいっぱいだなぁと思う、彼女の最後の言葉でしたね。 映画『夫婦フーフー日記』は、夫婦が“フーフー”言いながら過ごした493日間の物語。“泣けるコメディ”のなかには、「死」という永遠の別れを受け止めつつ、残された人々がどう「生きるか」……そんなヒントもくれる映画です。家族など大切な [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『夫婦フーフー日記』コラボ企画第二弾!「友だちから恋人に発展したきっかけエピソード」募集!

PR TIMES / 2015年05月25日17時09分

[画像: http://prtimes.jp/i/11086/64/resize/d11086-64-891842-0.jpg ] 映画「夫婦フーフー日記」は、38歳という若さでこの世を去ったヨメと、彼女を支え続けたダンナの闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)が原作。作家志望のダンナが、長年友人だったヨメと出会って17年目にして結婚、1 [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『夫婦フーフー日記』コラボ企画第二弾!「友だちから恋人に発展したきっかけエピソード」募集!

PR TIMES / 2015年05月25日17時09分

[画像: http://prtimes.jp/i/11086/64/resize/d11086-64-891842-0.jpg ] 映画「夫婦フーフー日記」は、38歳という若さでこの世を去ったヨメと、彼女を支え続けたダンナの闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)が原作。作家志望のダンナが、長年友人だったヨメと出会って17年目にして結婚、1 [全文を読む]

あの『ソロモンの偽証』が映画化!1万人から選ばれた新人女優の意外な”偽証”とは……

Woman Insight / 2015年02月20日11時10分

そんな藤野さんを、成島監督は 「彼女は演技未経験で本当に何も出来なかったんですが、映画を観てもらうとわかると思いますが、映画の進行とともに彼女も成長しているんです。役や演技での成長ではなくて実際彼女が撮影の中で強くなって、それをそのまま撮っていて 半分、彼女の成長ドキュメンタリーのようなものになっています。想像以上に藤野涼子になりきってくれたと思います」 [全文を読む]

ぱるる登場!「ひよっこ」における島崎遥香の存在とは!?

dmenu映画 / 2017年06月30日07時00分

彼女がヒール(プロレスの悪役レスラー)となって楽園を混乱に陥れるのでは? との期待どおり、70話で初登場した時、かなりの感じ悪さだった。71話では、彼女のことを、みね子が「悪魔」と呼ぶほどだ。これはいい。朝ドラでは、姑や小姑やライバルが、ヒロインをいじめ抜くエピソードが定番であり、好まれてもいる。さあ、いよいよ、有村架純とぱるるのバトル開始か! と思ったと [全文を読む]

『夫婦フーフー日記』佐々木蔵之介×永作博美インタビュー

NeoL / 2015年05月31日13時29分

治療しながらも出産した彼女は、ダンナと二人三脚で怒濤の“育児&闘病生活”を始めるが、やがて旅立ちの日が近づいて──。佐々木蔵之介と永作博美が共演した映画『夫婦フーフー日記』は、実在の夫婦をモデルにした感動の物語だ。原作は、闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)。笑いと涙が詰まった“493日の記録”を映像化するにあたり、若きコメディーの名手・ [全文を読む]

『3月のライオン』映画化でファンが注目する倉科カナの「あの部分」

しらべぇ / 2016年12月30日07時00分

その3姉妹の長女、あかりを演じるのが倉科カナなのだが、彼女は原作ではかなり胸が大きい設定。溢れ出る色気を武器に、叔母が経営している銀座のクラブを手伝い、男性客をメロメロにしているのだ。もともと、作者の羽海野氏が前述の『ハチクロ』を連載していたときは、グラマラスなキャラでもかなり控えめな絵柄で描かれていた。しかし、本作の連載を青年誌である『ヤングアニマル』で [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木蔵之介、深田恭子の「殿、飲みに行きませんか」お誘いを断っていた

TechinsightJapan / 2016年09月15日15時35分

料理とのマッチングにこだわるという彼女が、いろいろなお酒を飲み比べるうち料理を忘れて「全部おいしい!」と口にしてしまう場面があった。深田も次の日が撮影でなければお酒を飲むのが常で「お休みの日は朝起きたら“天気がいいな。お酒飲もう”ってなる」というほどだ。佐々木蔵之介が舌を巻くのも無理はない。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】深田恭子 “超高速!参勤交代 リターンズ”Tシャツ姿が可愛すぎ「こんな30代いない」

TechinsightJapan / 2016年08月28日11時30分

映画タイトルがデザインされたTシャツは、彼女用にスタイリストさんがリメイクしてくれたオフショルダータイプである。 「何年経っても愛される深キョンの様な女性になりたいです。ふとストロベリーオンザショートケーキの赤いダッフル着てた深キョンを思い出しました」と女性ファンが多いのも彼女の特徴だろう。映画の予告によると「幕府軍1000人 VS たった7人の貧乏藩」と [全文を読む]

彦星と織姫気分?アンジャ渡部が七夕の番組で佐々木希との交際を認めた!?

アサ芸プラス / 2016年07月12日09時59分

続いての「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、古くからの付き合いだという土田晃之が「彼女とかも可愛い彼女だと思うんすよ」と交際について触れると、司会の宮迫博之が「メチャ可愛いです。知ってます」と被せる展開に。ここで有吉弘行が「佐々木健介?」、そして山崎弘也が「佐々木蔵之介?」とボケ倒し、渡部をあきれさせていた。 そんな渡部と佐々木の関係について、芸能ラ [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『夫婦フーフー日記』コラボ企画第一弾!「イクメン」に関するアンケート調査を実施!

PR TIMES / 2015年05月01日18時30分

[画像: http://prtimes.jp/i/11086/59/resize/d11086-59-187760-0.jpg ] 映画「夫婦フーフー日記」は、38歳という若さでこの世を去ったヨメと、彼女を支え続けたダンナの闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)が原作。作家志望の「ダンナ」が、長年友人だった「ヨメ」と出会って17年目にして [全文を読む]

『ひよっこ』愛子&省吾がツーショット! 愛子の思いは実るのか?

週刊女性PRIME / 2017年09月22日05時00分

愛子(和久井映見)“憧れの君”省吾(佐々木蔵之介)とのツーショット! 閉店後のすずふり亭に招かれた彼女は、これまで話すことのなかった、今も心に残る初恋の男性の存在を打ち明けた。戦死した彼への思いを抱きつつも、省吾に「好きです」と涙とともに告白する愛子。省吾は優しく「自分もあなたと同じように亡き妻への思いは変わらない」と語り始めた。それって、彼女の告白を断 [全文を読む]

有村架純インタビュー「ひよっこ」で昭和の強さを知った(前編)

文春オンライン / 2017年08月16日07時00分

朝ドラは“変われる” 他のドラマや映画にはない、長丁場を乗り切った彼女たちの言葉には説得力がありましたし、とても勇気づけられました。 朝ドラの主演をする前と後とでは、ヒロインの方の顔や喋り方、声まで全然雰囲気が違うんです。ものすごく成長できる。『べっぴんさん』の芳根京子さんも昨年の月9で共演しましたけど、その後、朝ドラに出られて、彼女がクランクアップした [全文を読む]

『ひよっこ』『あまちゃん』『あさが来た』なぜ朝ドラの登場人物は“失踪”するのか

citrus / 2017年07月26日20時00分

彼女は東京に働きに出たまま失踪した父親を捜すため、また実家に仕送りをするため、必要に迫られて東京に出てきたのである。オンエア開始から1か月も経たないうちに失踪し、その後はみね子の心の声で語られるだけになってしまった父・実(沢村一樹)。そう言えば朝ドラでは主人公周辺の人物が“失踪”することが比較的多い。これには一体どんな理由があるのだろうか。■朝ドラの登場人 [全文を読む]

婚活市場で「奢らない」男の評価はこうも低い 年収1千万のイケメンを彼女が見限ったワケ

東洋経済オンライン / 2017年06月01日08時00分

「“結婚を前提にお付き合いしたい”と言われたので、しばらくは彼と真剣に向き合ってみようと思います」 [全文を読む]

島崎遥香、謎の力によるゴリ推しが止まらない! 数年後には空疎な「大女優」ポジションに昇格確実?

messy / 2017年05月18日18時10分

グループ在籍時代から特に推されていた彼女であるが、卒業後は以前にも増してそのゴリ推しぶりに拍車がかかっている。 今年の1月から3月にかけて、ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)で堤真一(52)の娘役を演じた島崎。5月よりオンエアがスタートした「ドリームジャンボ宝くじ」のCMでは、役所広司(61)と宝塚の星組トップスター・紅ゆずると共演。ま [全文を読む]

『3月のライオン』神木隆之介と佐々木蔵之介はマスト!原作ファンの声とマッチしたキャスティング秘話

Movie Walker / 2016年11月17日12時00分

彼女も、その演技力はもちろんですが、原作にそっくりでしょ(笑)」。キャスティングが最後まで難航したのは、宗谷冬司名人役の加瀬亮だと言う。「宗谷は本当に難しかった。将棋の神であり、幻のようであり、彼岸に立つ人であり。さらには羽生(善治)さんをルーツにしているとも言われているでしょう?これは悩みに悩んで、キャスティングを決め込む前にお会いさせていただいて、この [全文を読む]

深キョンの色っぽい着物姿に男たちもメロメロ!?

Movie Walker / 2016年08月16日13時20分

ドラマ「ダメな私に恋してください」では非モテアラサー女子を好演し、女性ファンの支持を得た彼女だが、もちろん男性からも“セクシーな大人女子”として熱視線を送られている。 そんな深田が、今作で演じているのはヒロインのお咲。前作『超高速!参勤交代』(14)では、勝気な飯盛女だったお咲だが、本作では晴れて殿・内藤政酵(佐々木蔵之介)と結ばれ、お姫様に。 今回お披露 [全文を読む]

「美しくてたまらない」深田恭子、艶やか和服姿で佐々木蔵之介をKO!

アサジョ / 2016年06月20日17時59分

彼女には結婚せずに美貌を見せ続けてほしいですね」(週刊誌記者) 和服姿の次がリアル花嫁衣装とならないことを祈るばかりである。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡村隆史が1位。“幸せになってほしい独身有名人TOP10”芸人が総ナメ。

TechinsightJapan / 2015年11月07日13時32分

岡村は『ぐるぐるナインティナイン』の“ゴチになります!”で共演する江角マキコからも「彼女を作れ」と心配されており、業界関係者も彼の幸せな結婚を待ち望んでいるようだ。 ※画像は『岡村隆史 okamuradesu Instagram』より。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

フォーカス