デスノート 東原亜希に関するニュース

東原亜希のデスブログの精度がアップ!? 2013年はさらなる脅威の存在に

ハピズム / 2012年12月25日09時00分

かつて大ヒットしたマンガ『デスノート』(集英社)は、名前を書かれたら死ぬというノートが物語のキーになっている。これはもちろんマンガの中の話なのだが、数年前から、そのデスノートが現実にあるとネットユーザーのあいだで話題になっている。その的中率の高さから、「もうこれは間違いない」「デスノートのようなものだ」と信じている人もいるほど。 それが、タレント・東原亜希 [全文を読む]

パンダの赤ちゃんも?東原亜希「デスブログ」の恐るべき魔力

NEWSポストセブン / 2012年07月14日07時00分

東原さんの「デスブログ」とは、漫画『デスノート』のように、そこに書かれた人が死ぬ(ひどい目に遭う)ことを意味するわけですが、これまでにかなりの不幸を事前に的中させてきました。以下、いくつか紹介しましょう。これまでに2ちゃんねるを中心にまとめられたものをコピペします。・世界中でほぼ敵なし状態であった井上康生と付き合うも直後アテネオリンピック四回戦敗退・デス [全文を読む]

祝・双子出産で東原亜希の「伝説」を一挙プレイバック

アサ芸プラス / 2015年07月06日09時59分

●にわか阪神ファン宣言⇒優勝目前だった阪神が2勝8敗と超失速●K‐1グランプリで応援していた選手が数名⇒全員みごとに敗退●細木数子から「あんたは他人の運気を吸い取る女だから気をつけなさい」とアドバイス⇒細木数子が全番組降板●「(甲子園の)決勝では常葉菊川を応援します」⇒大阪桐蔭に17‐0で敗れる●明星食品のCMに出演⇒カップ焼きそばに虫混入●鳥人間コンテス [全文を読む]

重なりすぎた偶然…東原亜紀"デスブログ"約4割が「信じる」

NewsCafe / 2013年11月05日12時00分

名前を書いた人間を死なせることができる死神のノート「デスノート」をめぐり、激しい頭脳戦を繰り広げる主人公と名探偵…。少年漫画誌においては非常に過激な内容ながら、スリリングな展開で多くの人を惹きつけ、アニメはもちろん実写映画や小説、ゲーム、トレーディングカードなど幅広くメディア展開された。その「DEATH NOTE」大ヒット直後に開設されたのが、タレント・東 [全文を読む]

SMAP、甘利元大臣、クリス松村と被害者続々…ゲスノートの呪いに戦々恐々

デイリーニュースオンライン / 2016年02月22日08時00分

川谷と関わった人物が次々とスキャンダルに見舞われ、人気漫画「デスノート」にちなんで、「ゲスノートの呪い」と呼ばれ恐れられているのだ。 筆頭はもちろんベッキーなのだが、川谷から楽曲提供を受けていたSMAPと「チームしゃちほこ」も「ゲスノート」に名を連ねる面々。SMAPは解散騒動が起こり、川谷の作詞作曲を提案したSMAPの元チーフマネージャーのI氏は芸能界から [全文を読む]

【ウラ芸能】東原亜希、デスブログに新たなエピソード

NewsCafe / 2015年12月21日15時00分

記者「タレント、東原亜希(33)が12月4日付のブログで米アウトドアブランドThe North Face(ノース・フェイス)のおむつ入れを紹介たら、わずか5日後に同社の共同創業者ダグラス・トンプキンス氏(享年72)が事故死て騒動になってます」デスク「出た! 久々のデスノートねたってか」記者「東原の場合は、ブログで取り上げた事柄はみんな不幸になるという『デス [全文を読む]

フォーカス