中学 滝沢秀明に関するニュース

滝沢秀明「SMAPはアホ」発言に対し、今井翼が「解散はメリーさんのせい」と真っ向批判! Jで広がるメンバー間対立

リテラ / 2016年10月17日22時00分

たしかに、今井はSMAPの中居正広と同じ中学出身で、1998年に放送された月9ドラマ『ブラザーズ』(フジテレビ)では、主演である中居の弟役として出演。さらに、今井が2014年にメニエール病を患い休養した際には、中居から直筆の手紙と空気清浄機をプレゼントされたことを自分のラジオ番組で語ったこともある。 また、8月15日に放送された『SMAP×SMAP』(フ [全文を読む]

タッキーのJr.時代「テレビに出るのは習い事という感覚」

WEB女性自身 / 2016年12月02日17時00分

中学生のタッキーが30分間『怪奇倶楽部』で主演したあとに、僕が30分間『MMR未確認飛行物体』で主演。オムニバス形式のドラマだったので、通常放送のロケは別でしたが、スペシャルのときはコラボして共演しましたよね」 滝沢「その節はお世話になりました!でも、もう20年以上前の話なんですね 。『怪奇倶楽部』は僕の初主演ドラマだったんです。ジャニーズ事務所に入って半 [全文を読む]

滝沢秀明「アホ」発言でバレたジャニーズへの臆面もない忠誠心

アサジョ / 2016年09月30日17時59分

「滝沢は中学卒業後の15歳時にはすでに『未来の幹部候補』と呼ばれていました。当時、先輩の東山紀之と堂本光一も幹部候補と呼ばれており、年末恒例のジャニーズカウントダウンコンサートを終えると、その3人プラス女優の故・森光子さんを含めた数人で川崎大師へ初詣に行っていたのは有名な話。事務所に対する忠誠心を臆面もなく誓えて語れる人材こそがジャニーズの幹部候補の必須条 [全文を読む]

TOKIO超え? いつの間にか冒険家と化していた滝沢秀明

messy / 2015年12月18日16時00分

けれども、その当時中学二年生だったタッキー少年はジャニーズよりも憧れていたものがあったらしい。「僕、正直言うとプロレスラーになりたかったんですね」 意外な告白に、スタジオからは驚きの声が上がっていた。タッキー少年のプロレスラー願望は相当本気だったようで、実際にプロレス団体にも電話して「どうやったら(プロレスラーに)なれますか?」と問い合わせまでしていたそう [全文を読む]

「滝沢歌舞伎」10周年でタッキーが描く自分の未来像

アサ芸プラス / 2015年06月14日09時58分

「実は中学に上がる頃から裏方になりたい、プロデューサーをやりたいと言い続けている。10年には『滝沢歌舞伎』で舞台演出を務めるなど演者以外の仕事も経験。今年のシンガポール公演でもキャスティングには滝沢自身が参加し、『ダンスの技術だけでなく、目の輝きがきれいだった子を選んだ』と、選考理由を語っています。これも、プロデューサーになるためにはいい経験となるでしょう [全文を読む]

沢尻エリカが「石原さとみになれない」たった1つの理由

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

そんな恋の経験もそうだが、綺麗になった最大の秘訣は中学の親友二人の存在だという。 「大きな仕事が終わる度に二人と会う事で、役をリセットできるそうです。芸能界は特殊な仕事ですからね、周りの業界人たちからの影響を受けやすいんです。それで性格が変わってしまう人も多いなか、石原さんは信頼する親友の意見をちゃんと聞きます。また、会う度に『私は普通だったら今、社会人何 [全文を読む]

フォーカス