堺雅人 草なぎ剛に関するニュース

「視聴率がとれないジャニーズ」を変えた飯島マネージャーが考えていたSMAPの将来

メディアゴン / 2016年01月20日12時48分

例えば「真田丸」の配役において主役・堺雅人(真田幸村)の父、昌幸役は、三谷幸喜組と言うことなら役所広司がやってもいいわけだが、役所広司は主役しかやらない。この役を演じた草刈正雄さんも主役を張る役者だったがここでは脇に回って名演を見せている。「スターウォーズ/フォースの覚醒」ではハン・ソロとレイア・オーガナの息子、カイロ・レン役には、レオナルド・ディカプリオ [全文を読む]

山下智久がなぜ!?「好きな男優」ランキング入りの怪

messy / 2017年03月31日00時00分

4位以降は高橋一生、5位堺雅人、6位草なぎ剛、7位菅田将暉、8位山田孝之と“演技派”として評価の高い面々が並ぶのだが、なぜか9位に、山下智久がランクインしているのである。 山下がこのランキングに入ったのはおそらく初。しかしどのような意見が得票につながったのか、記事ではまったく触れられていない。そもそも昨年~今年にかけて、山下が出演した作品といえば大コケした [全文を読む]

元SMAP“キムタク以外”4人の独立は既定路線! 受け皿となる「田辺エージェンシーの元専務」の存在とは

日刊サイゾー / 2017年01月26日11時00分

この4人の陰に見え隠れしているのは、タモリや堺雅人、夏目三久らが所属する大手芸能プロ「田辺エージェンシー」の田邊昭知社長の存在だ。 SMAPをジャニーズから独立させようと、当時チーフマネジャーだった飯島三智女史が田邊社長の元へ相談に行っていた話はすでに報じられているが、その後、キムタクの裏切りで独立に失敗。飯島女史はジャニーズ事務所どころか、事実上、芸能界 [全文を読む]

テレ朝強し! フジテレビは凋落……「2016年ドラマ視聴率ランキング」

日刊サイゾー / 2016年12月28日21時00分

4位は嵐・松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の17.2%、5位は堺雅人主演のNHK大河ドラマ『真田丸』の16.6%、6位は水谷豊主演『相棒season14』(テレビ朝日系)の15.3%。 7位には、初回10.2%でスタートも、その後グングン右肩上がりで視聴率を上げ、最終回では20.8%と大台を突破した新垣結衣主演『逃げるは恥だが役に立つ』 [全文を読む]

菅野美穂、ヘアヌード写真集発売時の心境語る...ファンからは感心コメント続出

メンズサイゾー / 2016年10月07日10時00分

13年に俳優の堺雅人(42)と結婚して15年に長男を出産した彼女にとって、約4年ぶりの連ドラ主演作となる。 しばらく仕事から遠ざかっていた菅野にとって、この秋は女優業の本格再始動となりそうだ。そんな時期にヌード写真集発表当時の心境を語った菅野。そこには気持ちを新たにする"ケジメ"のような意味があったのかもしれない。 (文=愉快) [全文を読む]

年末に駆けめぐった「SMAP独立」情報に、テレビ界が大パニック! 木村拓哉“大河”もあった!?

日刊サイゾー / 2016年01月13日06時00分

「最近のNHK大河は男女が交互に主演を務めていて、今年の『真田丸』が堺雅人、来年の『おんな城主 直虎』は柴咲コウに決まっています。実は、その次の大河にキムタクが内定していたようなのですが、突如、白紙になった、と……」(同) 騒動の背景には、ジャニーズの派閥争いがあった。決定的となったのが昨年の『紅白』司会をめぐる暗闘劇だったという。NHK関係者が声を潜め [全文を読む]

【ウラ芸能】ジャニーズ事務所、帝国に激震

NewsCafe / 2013年11月03日15時00分

それに加えて、脇役までも抱き合わせで押しつけてくるのがあの事務所」デスク「それそれ!」記者「それで、面白いドラマを作れと言われても無理…という現場の声もあります」デスク「前のクールで堺雅人(40)主演の『半沢直樹』(TBS系)が、知名度は低くても役柄に合致する俳優をキャスティングし、脚本がしっかりしていて、いくら主役が意見しても書き換えない、みたいな骨太ド [全文を読む]

フォーカス