堺雅人 織田裕二に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

篤姫を演じた宮崎あおいは大スターとなり、徳川家定役の堺雅人も、その演技力が高く評価された。■2005年のパラダイムシフト俗に、先の『冬ソナ』の大ヒットを受け、テレビの視聴者の構造が女性主導に変わった現象を「2005年のテレビ界のパラダイムシフト」と呼ぶ。現に映画界でも、05年に邦画の興行収入が洋画を逆転。そこから邦画主導の時代になるが、それも映画の観客が女 [全文を読む]

10月の秋ドラ「ギャラ戦争」松嶋菜々子は準主役でも200万円

WEB女性自身 / 2016年10月07日06時00分

「菅野は夫の堺雅人も『真田丸』撮影が佳境にあり、1歳の子供の世話は菅野の母にまかせていることが多い。一方、松嶋のギャラは準主役としては破格。井上真央の退社に揺れる所属事務所のために、松嶋は主演へのこだわりは捨てたという」(テレビ局関係者) 『IQ246』は、同局の看板枠である『日曜劇場』で放映される。2年ぶりの連ドラとなる織田の脇を固めるのはディーン・フ [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

同じくじわじわ人気となったコメディドラマ『リーガルハイ』で、弾けた演技を見せてくれた堺雅人さん主演ということで、放送前からもある程度話題ではありましたが、最終回にむけて視聴率はうなぎ登り。日本国内どころか、アジア各国でも大きな注目を集めました。 もともと人気の高い原作者の池井戸潤氏ですが、その後の作品も池井戸氏原作なら面白かろうと安定の人気。2014年『花 [全文を読む]

織田裕二がディーン・フジオカに見せつけた「芸能界のヒエラルキー」

アサジョ / 2016年08月05日09時59分

放送される日曜劇場の枠はドラマ視聴率が軒並み低迷している中、13年には堺雅人主演の「半沢直樹」、15年には阿部寛主演の「下町ロケット」で視聴率20%超えを果たしているため、久しぶりのドラマ出演となる織田には期待がかかっている。「織田は91年放送の『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)をはじめ、『振り返れば奴がいる』『お金がない!』『踊る大捜査線』シリーズ( [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

堺雅人を一躍視聴率俳優に押し上げ、TBSの「日曜劇場」を復活させた救世主だ。TBSドラマ班のボス、福澤克雄Dの畳みかけるような演出が見事でしたね。そうそう、面白いのは、同ドラマは一切恋愛要素がないのにも関わらず、F2やF3層からの人気が高かったこと。本当に面白いドラマを作れば、ちゃんと女性たちも見てくれることも証明した。ちなみに、最終回の視聴率42.2%は [全文を読む]

キムタク初の医師役 過去の医療ドラマとの共通点と違いは

NEWSポストセブン / 2017年01月29日07時00分

そのとき鳴海慧(堺雅人)から「目の前の患者を星野彩佳と思うな。1人の乳がん患者と思え」と言われる場面があった。鳴海もまた、心臓発作で倒れた妻を周囲の反対を押し切って自ら執刀したものの、冷静さを失ってミスを犯し、植物人間にさせてしまった過去があった。『A LIFE』もこのように、ヒューマンドラマの要素も兼ね備えている。 他にも『医龍』でいうところの小池徹平が [全文を読む]

松嶋菜々子が大暴落?「砂の塔」惨敗で視聴率女王から”戦犯”扱いへ

デイリーニュースオンライン / 2016年10月30日11時05分

堺雅人(43)と結婚し、一児の母となった菅野が4年ぶりに連ドラに主演するとあって当初は話題を集めましたが、それも今や、日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』や火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』などTBSの他の好調ドラマに埋もれてしまっています」(芸能記者) 確かに織田裕二(48)主演の『IQ246』は13.1%、12.4%と安定した推移を見せている [全文を読む]

池井戸ドラマで、犯人探し。ミステリー作家としての才能に触れよ

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月17日05時50分

ドラマ版は堺雅人、香川照之ら濃ゆい俳優たちの演技により、原作の魅力がくっきり輪郭づけられることになった。ものすごく単純化して言ってしまえば、池井戸作品の真髄は「ストレスと、その解放」にある。上層部の悪役からぎゅーっと圧迫されにされた主人公が、終盤で疾風怒濤の反撃=倍返しに出る。圧迫され続けていたからこそもたらされる解放感と、とびきりの爽快感たるや。 関連情 [全文を読む]

『半沢直樹』今世紀で最高視聴率、Kis-My-Ft2・玉森はワースト樹立! 夏ドラマ視聴率

サイゾーウーマン / 2013年09月28日13時00分

今期はなんといっても、堺雅人主演の『半沢直樹』(TBS系)が圧倒的な高視聴率を誇っていたが、そのほかのドラマはどのような結果が出たのか。平均視聴率ランキングを元に振り返ろう。 ベスト1位は「倍返しだ!」の決めゼリフが流行するなど大ブームとなった『半沢直樹』で、全話の平均は29.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。初回19.4%からスタートし [全文を読む]

高視聴率連発の夏ドラマ! キスマイ玉森主演『ぴんとこな』は“真打ち”となるか!?

PR TIMES / 2013年07月18日16時17分

堺雅人主演ドラマの『半沢直樹』は初回視聴率でいきなり19.4%をマークしたのもすごいが、海の日連休の狭間という悪条件の中で放送された2話では20%超えの21.8%を記録。また、沢村一樹主演ドラマの『DOCTORS2』は初回から19.6%をマークと、前評判どおりの好記録をマークしている。ほかにも、山下智久主演のフジテレビ月9ドラマ『SUMMER NUDE』も [全文を読む]

フォーカス