米倉涼子 江角マキコに関するニュース

エヌ・アンド・シー調べ 建設計画のプロジェクトリーダーが似合う女性タレント 「天海祐希」さんがダントツ1位、2位「江角マキコ」さん、3位「米倉涼子」さん、4位「菊川怜」さん

@Press / 2014年06月06日16時00分

建設業界に特化した技術系人材派遣・人材紹介サービス「Construction Engineering」(コンストラクションエンジニアリング)」を行っている株式会社エヌ・アンド・シー(http://www.nandc.co.jp/)(本社:東京都港区、代表取締役社長 長田 健)は、2014年5月10日~5月12日の3日間、全国の20~59歳のビジネスパーソン [全文を読む]

藤原紀香、天海祐希、米倉涼子…なぜ「アラフォー美人」は姿勢も美しいのか?

アサジョ / 2015年04月21日10時00分

以前、ニチバンが調査した「姿勢が良いと思う有名人」というアンケートの結果でも、女性の1位は藤原紀香、2位が天海祐希、以下米倉涼子、真矢みき、江角マキコ、黒木瞳などがランクイン。しっかりと訓練を受けたモデルや宝塚出身の女優が多く選ばているのがよくわかる。 また、姿勢が悪いと内臓が圧迫されて血行不良になるし、呼吸が浅くなることで脳への酸素の供給も不足など、医 [全文を読む]

藤原紀香、天海祐希、米倉涼子…「アラフォー背すじ美人」が愛されるこれだけの理由

アサ芸プラス / 2015年01月25日09時59分

以前、ニチバンが調査した「姿勢が良いと思う有名人」というアンケートの結果でも、女性の1位は藤原紀香、2位が天海祐希、以下米倉涼子、真矢みき、江角マキコ、黒木瞳などがランクイン。しっかりと訓練を受けたモデルや宝塚出身の女優が多く選ばているのがよくわかる。 一方、男性はまだまだ意識が石器時代から進んでいない、失礼、でもネコよりひどい猫背の人が結構いる。せっか [全文を読む]

“視聴率女王”の座から、すっかり陥落! 「持ってない」天海祐希の主演映画は大丈夫か

日刊サイゾー / 2016年11月13日09時00分

しかし、いまやその座は、同じ木曜に放送されている『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の米倉涼子に、すっかり明け渡してしまった。 そんな現状の天海だが、阿部寛とW主演し夫婦役を演じる映画『恋妻家宮本』の公開が来年1月末に控えている。メガホンを取り、脚本を手がけたのは『女王の教室』で天海とタッグを組んだ脚本家の遊川和彦氏だが、ヒット作となるのは [全文を読む]

北川景子、江角マキコら 連ドラで頻出の「個性派断言美女」

NEWSポストセブン / 2016年08月31日07時00分

脚立を担いで「行くよ!」と威勢がよかった『ショムニ』の江角マキコ、「ここは女の牢獄」と言い切った『大奥』の浅野ゆう子、「事件だから」と部下ににらみをきかせた『BOSS』の天海祐希、そして「私、失敗しないので」でおなじみ『ドクターX』の米倉涼子。 彼女らに共通するのは、美女というばかりではなく、愛想笑いゼロ、無駄口ゼロ、まばたきゼロ(に見える)の三拍子だ。三 [全文を読む]

森高千里 ウェイトレス姿でアイドルと脚の歴史を変えた

NEWSポストセブン / 2016年05月22日16時00分

松嶋菜々子や藤原紀香、米倉涼子という群を抜いたプロポーションを誇る女優も、ドラマの主演や女性誌の表紙を飾った。 1998年には、ドラマ『ショムニ』で江角マキコのタイトスカート姿が話題に。巨乳の代名詞だったイエローキャブからデビューした佐藤江梨子は脚も美しく、後に人気アニメ『キューティーハニー』の実写映画で主演を務めるほど抜群のスタイルだった。 1980年代 [全文を読む]

水原希子、杏、桐谷美玲‥‥“モデル出身女優”増加の理由とは?

アサ芸プラス / 2015年06月21日09時59分

米倉涼子、杏、吉瀬美智子、榮倉奈々、桐谷美玲、能年玲奈など、近年のドラマや映画で主役クラスの女優たちもモデル出身だ。この“元モデル女優”増加の原因は何だろうか。「“読者モデル”という事務所に所属しない、一般読者の肩書きを持った素人モデルが増えたのです。もともと“読者モデル”が登場したのは1978年頃から。この中途半端な立ち位置の“読者モデル”は90年代以降 [全文を読む]

米倉&篠原のW涼子、江角と天海のTV共演が難しい事情とは

NEWSポストセブン / 2015年03月22日07時00分

米倉涼子(39)と篠原涼子(41)は、ともに主演ドラマが高視聴率を叩き出し、“W涼子対決”として注目され続けたことから、対抗心を燃やす関係に。 「同時間帯のドラマ主演対決など常に比較され続けていますからね。篠原は仲間由紀恵(35)もNGです。ライバル関係だから……というだけでなく、実は同じアイドルグループに所属していた過去がある。その時代に触れられるのは [全文を読む]

熱愛報道翌日も同席の中田英寿氏と柴咲コウ お泊りはナシ

NEWSポストセブン / 2014年11月20日07時00分

これまで噂になった女性は米倉涼子(39才)、滝川クリステル(37才)、宮沢りえ(41才)、そして世界的女優のミラ・ジョヴォヴィッチ(38才)。 「でも、これだけ報じられても、“本命”といわれた女性はおらず、熱愛なのか友人なのか、そのたびに意見が分かれてきました」(テレビ関係者) 柴咲とは確かにデートを繰り返してきた。この夏には、都内の3つ星レストランでディ [全文を読む]

主婦に聞いた「スタッフとして働いていてほしい有名人」 スーパーマーケット部門第一位は“献立の相談にのってお買い得商品を教えてくれそうな”北斗晶さん!

PR TIMES / 2014年10月03日18時02分

2014年9月現在)主婦に聞いた、「スタッフとして働いていてほしい有名人」スーパーマーケット部門第一位は、“献立の相談にのってお買い得商品を教えてくれそうな”北斗晶さん!喫茶店・Cafe部門には“ずっと見ていたい”人気イケメン俳優がずらり!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー調査対象:東京・神奈川・埼玉・千葉在住の20~50代 [全文を読む]

江角マキコ 「1年半前の落書き」発覚と大手芸能事務所からの「独立」の因果関係は!?

アサ芸プラス / 2014年09月19日09時59分

過去にはドラマで共演した米倉涼子さんと現場でバトルを繰り広げたり、国民年金保険料の未払いが発覚し、窮地に立たされたりしたこともありました。そうしたピンチを救ってきたのが、旧所属事務所だったわけです。それが独立という形で大恩ある古巣と袂を分かったわけですから、色々と過去の膿〈うみ〉が出てもおかしくないですよね」(前出・広告代理店関係者) 独立を機に業界を干さ [全文を読む]

発表!芸能界「セクシー熟女」選抜総選挙!(2)魔性の魅力で男性を惹き付ける永作博美

アサ芸プラス / 2014年06月03日09時58分

昨年のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が大ヒットするなど、いよいよトップ女優の座を不動のものにしつつある、「うっふん★選抜」6位の米倉涼子(38)には、 「ドラマでのセクシーさ、きれいな脚にグッときた。責めてみたい」(45歳・商社) 「さばさばした感じが、後腐れがなくていい」(60歳・タクシー) と、割り切った関係を想起させ、セックスシンボル的 [全文を読む]

本田翼が女優業から撤退!? 佐々木希の二の舞を演じぬためにも…

messy / 2014年03月08日12時00分

米倉涼子(38)や香里奈(30)はその成功例ではないだろうか。なお、当然ながらモデルで成功したからといって女優として通用するわけではなく、早々に女優業から撤退するケースも珍しくない。 モデルとして絶大な人気を誇っていたエビちゃんこと蛯原友里(34)はその筆頭格。彼女は『特命係長・只野仁』(テレビ朝日系)や『サラリーマン金太郎4』(TBS系)等、2000年代 [全文を読む]

今さら『ショムニ』まで!? 続編だらけのフジドラマに「必死すぎ」の声

サイゾーウーマン / 2013年04月22日13時00分

「テレビ朝日は、今年中に米倉涼子主演の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』を放送予定というし、脚本家が絶対に続編を作らないと宣言した日本テレビの『家政婦のミタ』も、いまだに制作の意向を見せる関係者は多く存在します」(同)という。今年フジは過去のヒット作を次々と繰り出してくる予定だが、この流れは今後も続いていくのだろうか? [全文を読む]

熊切あさ美はタダの遊び? 「後援会が許さない」梨園の嫁の条件

メンズサイゾー / 2013年02月15日15時00分

海老蔵も米倉涼子との結婚を考えていた頃、病床の父・團十郎の代わりに背負った約20億の借金があったことから、後援会と松竹に『資産家の娘でなければ』と反対されたようですし、いまだに結婚となればかなり口を挟んでくることは確か」(芸能記者) 熊切は先日出演した『スター☆ドラフト会議』(日本テレビ系)で、「仕事がない」「貯金を切り崩している」と今も続く崖っぷちな窮状 [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(4)「松尾羊一×碓井広義」ご意見番対談「男は名取裕子のような上司を求めてる」(松尾)「石田ゆり子は役柄からエロスが漂う」(碓井)

アサ芸プラス / 2012年08月31日10時59分

そういう意味では、米倉涼子(37)、真矢みき(48)、とよた真帆(45)、天海祐希、江角マキコのように、女子っぽくなくて、仕事ができそうな熟女優がいいんですね。 碓井 最近、気になる熟女優は、まず石田ゆり子(42)。「外事警察」がよかったですね。主婦を演じていても、OL役でも、普通の人をちゃんと演じていながら、何かエロスを感じます。いいなあ。それから、木村 [全文を読む]

フォーカス