グランクラス 東北新幹線に関するニュース

東北新幹線E5系「はやぶさ」デビュー1周年記念 ホルダー付きオリジナルフレーム切手新発売!

PR TIMES / 2012年03月01日09時13分

また飛行機のファーストクラスに相当する、1車両18席しかない「グランクラス」が設けられ、豪華でゆとりある旅も楽しめます。 東日本大震災により「はやぶさ」も運休を余儀なくされていましたが、震災翌月には暫定ダイヤで運転を再開し、震災から半年後の9月23日には東北新幹線は全面復旧して、「はやぶさ」も元通りのダイヤでの運行を再開しました。 この切手はデビュー1周年 [全文を読む]

北陸新幹線にも「グランクラス」 実に快適と大前研一氏絶賛

NEWSポストセブン / 2015年01月09日07時00分

これまでの新幹線開業と北陸新幹線との違い、導入される新幹線のファーストクラス「グランクラス」の魅力について、大前氏が解説する。 * * * 2015年に新たなブームとなることが確実なのが「北陸新幹線」だ。3月14日に金沢・富山~長野間が開業し、速達タイプの「かがやき」(1日10往復)は、現在4時間前後かかる金沢~東京駅間を2時間28分(富山~東京駅間は2時 [全文を読む]

“新幹線の思い出を探しています。” あなたとJR東日本の新幹線の思い出写真を大募集!

PR TIMES / 2012年04月05日10時49分

採用された方にはE5系新幹線「グランクラス」のシート革を使用したオリジナルフォトフレームをプレゼントいたします。 あなたの思い出の一枚から、また新たな思い出を。この機会に奮ってご応募ください。 【実施概要】 (1)募集内容 JR東日本の新幹線(東北・上越・山形・秋田・長野新幹線)と一緒に写った思い出の写真を募集します。新幹線については、東北・上越新幹線が開 [全文を読む]

グランクラスより儲かった国鉄の「特別座席」 1カ月ちょっとで元が取れた「パーラーカー」

東洋経済オンライン / 2017年04月13日08時00分

東北新幹線や北陸新幹線の列車に連結されている「グランクラス」の原型は、国鉄時代に存在した「パーラーカー」だ。パーラーカーとは特別座席を備えた一等車(現在のグリーン車)で、グランクラスと同様に制御車と呼ばれる先頭車であった。パーラーカーは151系という国鉄の特急電車の一車種である。151系自体は1958年11月1日に東京―大阪・神戸間の特急「こだま」2往復で [全文を読む]

東海道新幹線 車体を1度傾け270km→285kmの速度UPを実現

NEWSポストセブン / 2015年03月16日07時00分

センサーで検知した振動を、電動油圧装置で押さえ込む「フルアクティブサスペンション」を最上級車両「グランクラス」に搭載。微細な振動をかつてないレベルでカットする。 安全装備も充実している。整備新幹線(※注)である北陸新幹線の営業最高速度は時速260kmまでと定められているが、最高320kmで走行する東北新幹線(E5系)と同じ性能のブレーキを採用し、地震発生時 [全文を読む]

【悲報】北陸新幹線フィーバーは何だったのか、ツイッターで「ガラガラ」と報告

秒刊SUNDAY / 2015年03月17日00時11分

北陸新幹線は東北新幹線と同様グランクラスという「グリーン」より上の一等車両が用意されているわけですが、まさかソチラに集中していると言うのだろうか。原因はまだ定かではないが、初日のあのフィーバーぶりが嘘のようである。とはいえ、そんなに頻繁に「東京」「金沢」間を往復する方々もおらず、まだ開業したてということもあり、利用頻度は少ないのかもしれない。ゴールデンウィ [全文を読む]

近鉄の新型観光特急「しまかぜ」は通常より3割高の車両製作費

NEWSポストセブン / 2013年04月07日07時00分

東北新幹線「はやぶさ」のグランクラスを彷彿させるシートは、電動リクライニングや内部からマッサージするように腰を優しく押してくれるエアークッションも内蔵している。座り心地はまさに、ラグジュアリー。 別の車両に移動すれば、そこは個室車両。4人で使える個室は和風と洋風、大きな窓に向かって座席をレイアウトした2階建てカフェ。各エントランスには天然の御影石が敷き詰め [全文を読む]

フォーカス