藤原紀香 長谷川京子に関するニュース

すっぴん長谷川京子にオーラなし! “CM女王”の成れの果てに、上戸彩もショック?

日刊サイゾー / 2015年11月26日13時00分

浮き沈みの激しさは芸能界特有の怖さともいえますが、“ハセキョー現象”の頃とのギャップに一番驚いているのは、本人でしょうね」(同) 長谷川と同じく、かつて「CanCam」の専属モデルを務め、CM女王と呼ばれた時期もあった藤原紀香も、今では片岡愛之助との恋愛騒動ばかりが注目される“ワイドショー女優”となってしまった。先輩2人の凋落ぶりを見るにつけ、現在CM女王 [全文を読む]

安達祐実の巨乳がエロ過ぎると話題に? “同じ経歴”の藤原紀香に圧倒的な差を見せつける!

おたぽる / 2015年09月16日12時00分

一方で、安達と同じように、お笑い芸人と結婚・離婚といえば、今なにかと話題の藤原紀香の名前が浮かぶのだが……。 「抜群のプロポーションを誇り、高嶺の華というイメージが強かっただけに、お笑い芸人の陣内智則と結婚したことで評価は一気に下落。離婚したことでさらに評価を落とし、今ではモデルなのか女優なのか、よく分からない中途半端なポジションをさまよっています。先日 [全文を読む]

過去には700~800万円の判例も……前田敦子、綾瀬はるから「おっぱい訴訟」の勝算は?

日刊サイゾー / 2014年03月26日19時00分

元AKB48・前田敦子、藤原紀香、篠原涼子、国生さゆり、綾瀬はるか、石原さとみ、深田恭子、優香ら女優8人が25日、週刊誌「週刊実話」の発行元である日本ジャーナル出版などを相手取り、8,800万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。 問題の記事は、昨年11月21日号掲載の記事「勝手に品評!! 芸能界妄想オッパイグランプリ」。原告側は、「アーティストの写真に [全文を読む]

草なぎ剛と共演すると女優の株が上がる!! 女優を輝かせるMr.アゲチン

messy / 2017年03月20日18時00分

』(フジテレビ系)に出演した菅野美穂(39)は、本ドラマ終了2カ月後に発売したヘアヌード写真集『NUDITY』(インディペンデンス)が80万部のベストセラーになるほど話題となったり、『スタアの恋』(フジテレビ系)では藤原紀香(45)や長谷川京子(38)が、『僕の生きる道』(フジテレビ系)では矢田亜希子(38)が、『僕の歩く道』(フジテレビ系)では香里奈(3 [全文を読む]

森星ら若手女性タレントにファッション業界注目の理由

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

『JJ』出身の賀来千香子はその“元祖”であり、賀来より一世代下の『CanCam』の藤原紀香や長谷川京子、『ViVi』の松嶋菜々子らも続いた。 パリコレに出られるような本物のファッションモデルは別として、日本の雑誌専門モデルは、女優のほうが絶対格上だとされていたからだ。 しかし、ここにきて、状況が変わってきた。特にこの数年、海外のハイブランドが若い女優やタレ [全文を読む]

藤原紀香が「最強肉食女子会」を結成 自慢の夜のテクニックを後輩に伝授!?

メンズサイゾー / 2013年08月04日11時00分

女優の藤原紀香(42)が、タレントの西山茉希(27)や東原亜希(30)らと「最強女子会」を結成したと発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が報じている。参加メンバーはバツイチの紀香、DV騒動の末に大衆演劇の早乙女太一(21)と結婚したお騒がせの西山、一部で“デスブログ”が恐れられている東原という濃すぎるメンツだが、一体どのような会になったのだろうか。 [全文を読む]

森泉の妹「CanCam」モデル・森星、読者に人気もブレイクしない理由

サイゾーウーマン / 2013年01月25日13時00分

かつては、蛯原友里、山田優、押切もえ、米倉涼子、藤原紀香、長谷川京子などを輩出した女性誌「CanCam」(小学館)。人気芸能人への登竜門ともいえる「CanCam」だが、現在、関係各所より「ブレイク要素は限りなく兼ね備えているのに、なぜかブレイクしない」と言われている専属モデルが、森泉の実妹である森星(ひかり)だという。これには本人の意向、また大手プロによる [全文を読む]

フォーカス