ドラマ 妻夫木聡に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

スポーツの秋・・・は過ぎちゃったけど、やっぱり観ておきたいスポーツドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年11月29日11時15分

冬の寒さなどに負けず、体を動かして楽しんでいきましょうと、お薦めのスポーツドラマでもいくつか紹介してみたいと思います。決して、スポーツの秋をテーマに書くハズだった原稿が、秋の終わりに間に合わなかった・・・なんて事ではありません。そう、心まで冷えてしまいそうな今の季節だからこそ、スポーツドラマで熱くなるべきなのです。 スクールウォーズ高校ラグビーを題材にした [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

最近のドラマではだいぶ少なくなったヤンキードラマ。深夜枠で時々放送しているとついつい観てしまう・・・なんて事はありませんか?アクションや人情、そして青春と、人より少し熱い青年・少年たちの活躍。なぜかワクワクドキドキしてしまいます。そんな、今だから観直したい、心が躍り出しそうなヤンキードラマ。懐かしいものから厳選して10作品集めてみました。意外なあの人も出演 [全文を読む]

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

夏を楽しむアウトドアレジャーはたくさんありますが、一方で、強い夏の日差しを横目に、涼しい部屋の中で冷たいドリンクと共に楽しむドラマや映画、これもまた夏ならではの至極の楽しみと言えるのではないでしょうか? 今回は、そんな夏に楽しむドラマとして、ぜひ若い人にも観て頂きたい夏にぴったりの懐かしドラマを5本ピックアップしてみました。 WATER BOYS2001年 [全文を読む]

【おすすめ恋愛ドラマ5選】トヨエツにキムタク、ブッキーも!

恋学 / 2017年03月14日10時30分

最近の恋愛ドラマといえばまず浮かぶのが「逃げるは恥だが役に立つ」ですよね。最終回の視聴率は20%を越えたとか。“ムズキュン”なんて言葉も生まれました。 観るだけで胸をキュンとさせてくれる恋愛ドラマにも、その時代時代に名作があります。今回は、90年代から2000年初頭のオススメ恋愛ドラマをご紹介しましょう~! 【東京ラブストーリー】(1991)<あらすじ>愛 [全文を読む]

フジテレビ「若者たち2014」に団塊世代「安易過ぎる」と苦言

NEWSポストセブン / 2014年07月16日16時00分

* * * 7月9日に大注目の中で始まったフジテレビ開局55周年記念ドラマ「若者たち2014」(水曜午後10時)。妻夫木聡、瑛太、満島ひかり、柄本佑、野村周平、長澤まさみ、蒼井優……豪華キャストがそろい踏みの「兄弟たちの青春群像劇」。 1966年に時代を魅了した伝説のドラマ「若者たち」の再来と鳴り物入り。事前PRも、ひと味違った。その生真面目さが異彩を放 [全文を読む]

『逃げ恥』はなぜ共感を得やすいのか? 特徴的な“カット割り”と“モノローグ”の効果

リアルサウンド / 2016年11月08日06時10分

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が、2016年のドラマ最高満足度(テレビウォッチャー調査)を更新しました。(参考:新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」が今年のドラマ最高満足度更新!)『逃げ恥』から目が離せない理由、応援したくなる理由はいくつかあると思いますが、今回は“カット割り”と“モノローグ”から、考察してみたいと思います。 参考:妻夫木聡と綾野剛、『 [全文を読む]

瑛太とV6・森田が「ハロー張りネズミ」よりも前に共に出演した“伝説の月9”って…?

dmenu映画 / 2017年08月31日07時00分

2017年7月より放送中のドラマ「ハロー張りネズミ」(TBS系)。主演に俳優・瑛太、その相棒にV6・森田剛を擁する探偵ドラマである本作は、SNS上で「二人の息ピッタリな掛け合いが面白い!」と大きな話題を呼んでいる。実は瑛太と森田は、過去にとある月9ドラマへ共に出演していたことをご存じだろうか? 二人が出演した“伝説の月9”にフォーカスしてみよう。 瑛太×森 [全文を読む]

池袋ウエストゲートパーク、初のミュージカル化 マコト役に大野拓朗 上演場所も“胸熱”

モデルプレス / 2017年08月28日11時48分

【池袋ウエストゲートパーク/モデルプレス=8月28日】2000年に放送され、現在も根強い人気を誇るTOKIO・長瀬智也主演のドラマ「池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P)」(TBS系)が、12月に初の舞台化にしてミュージカル化することが28日、分かった。タイトルは「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」で主人公のマコトは俳優の大野拓朗が務める [全文を読む]

妻夫木聡、謎の多い私生活と意外な素顔告白に驚きの声! 水原希子はコスプレ姿披露

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年09月13日11時00分

だが妻夫木曰く、「(映画やドラマなどの)作品の共演者と行ったりはしますけど、常日頃から飲む役者仲間はそんなにはいない」のだとか。SNS上では、「妻夫木くん絶対性格いい」「え!わたしも飲み屋で妻夫木くんと知り合って飲み友達になりたいんだけど!」といった声があがった。 また虫が大嫌いで、特にセミが苦手だという妻夫木。その理由が、「夜8時ごろ、家でご飯を食べな [全文を読む]

【伝説】ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出ていた俳優は絶対ブレイクする説 / 高橋一生、妻夫木聡など

ロケットニュース24 / 2017年08月21日11時45分

ところで、あなたはスターを何人も生み出してきたある伝説的なドラマのことをご存じだろうか? そのドラマとは、2000年にTBS系で放送されていた『池袋ウエストゲートパーク』である。出演者の中にはあの高橋一生もいたりと、その金脈っぷりは15年以上経った現在も衰えることを知らない。今回は、豪華すぎる出演者たちについて振り返りながら、次に来る俳優について考えていこ [全文を読む]

引退の成宮寛貴を襲った「10年前の挫折」……赤西仁、瑛太との因縁のめぐり合わせ

日刊サイゾー / 2016年12月16日11時00分

ただ、俳優としては伸び悩んでいたのも事実です」(芸能事務所関係者) 00年に、宮本亜門演出の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』で俳優デビュー後、すぐにCMやドラマで引っ張りだこになった。 「特に02年の『ごくせん』(日本テレビ系)のヒットが大きかったですね。04年の『オレンジデイズ』(TBS系)では、妻夫木聡、柴咲コウに次ぐ3番手で、あの瑛太よりも [全文を読む]

<妻夫木聡主演「キッドナップ・ツアー」>夏帆、満島ひかり、八千草薫、脇の女優が光る

メディアゴン / 2016年08月07日07時40分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *筆者は普段、ドラマは見ないが、今シーズンは何となく気になっていたドラマがあった。妻夫木聡主演の「キッドナップ・ツアー」(NHK)である。8月2日7時半の放送開始時は、横目で見ていたが、そのうちに目が離せなくなってしまった。その理由は、物語が小学5年生の少女ハル(豊嶋花 )の心の声のモノローグで進むか [全文を読む]

美味しい料理は料理番組だけじゃない!?日本ドラマの名(迷)料理人10選!

日本タレント名鑑 / 2016年02月13日09時55分

そして、それはドラマでも同じこと。魅力的な料理や料理人は、ドラマの素敵なスパイスになります。今回は、日本ドラマに出てきた料理人の中でも、特に印象に残ったキャラクターを10人あげてみました。 真似したい!?どれもこれもおいしそうな正統派料理人昨年高視聴率をマークし、日本中を感動させたドラマ『天皇の料理番』。過去にも何度かドラマ化された名作です。カツレツやら [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

日ごろ見ない時間帯にテレビを見たり、深夜に放送される懐かしのドラマや昔の映画を見ると“意外と知らなかった”新たな発見があってなかなか楽しいものです。 筆者自身も、1987年の映画『湘南爆走族』を深夜に視聴し、織田裕二さんや江口洋介さん、清水美沙さんなど、今もドラマ界を賑わす大人気俳優さんたちが出演されているのを知り、その姿に衝撃を受けたのを覚えています。 [全文を読む]

橋本愛、背中ヌード&泡風呂の中で足を広げ…ドラマで“過激画像”を連発!!

メンズサイゾー / 2014年07月10日16時00分

続々と夏の新ドラマがスタートする中、『若者たち2014』(フジテレビ系)の初回が9日に放送された。妻夫木聡、瑛太、長澤まさみ、満島ひかり、蒼井優といった豪華な役者陣が共演することで、放送前から話題になっていた同ドラマは、1966年に放送された人気ドラマ『若者たち』の現代版。早くに両親を亡くした5人の家族を中心に青春群像劇が繰り広げられるという前作をベースに [全文を読む]

『池袋ウエストゲートパーク』ミュージカル化に賛否! 脚本もキャストも総変わりに「勘弁して…」

messy / 2017年08月30日20時00分

2000年に放送されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系、以下『I.W.G.P.』)が、主演・大野拓朗(28)、脚本・作詞に柴幸男、演出・杉原邦生(KUNIO)でミュージカル化されることがわかった。しかし、圧倒的人気を誇っていたドラマだけに「勘弁して……」と早くも拒否反応が起こっている。 ドラマ『I.W.G.P.』の全話平均視聴率は14.9%(ビ [全文を読む]

橋本愛 能年玲奈より「脱あまちゃん」な妖艶演技をプレイバック

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時58分

ドラマのラインナップから、意外なダークホースが飛び出した。朝ドラ「あまちゃん」の美少女役で注目を浴びた若手女優の橋本愛(18)が妖艶変化を遂げたのだッ! 驚きを隠せない様子で語るのはスポーツ紙文化部記者だ。 「オンエアを見てビックリしました。まさかここまで過激な艶技をしているとは思わなかった」 視聴者によるネットの書き込みでも「橋本愛セクシー過ぎ」と称賛 [全文を読む]

物語CMが隆盛 ドラマ人気で大物のキャスティングに相乗効果

NEWSポストセブン / 2014年03月27日16時00分

テレビの地盤沈下が叫ばれて久しいが、2013年はドラマ復活の年だったといえるだろう。大ヒットした『あまちゃん』や『半沢直樹』の続きを皆が気にし、最終回には「まだ終わらないでほしい」と惜しまれた。まるでドラマ復活と呼応したかのように、CMでも続きが気になる、ストーリー性がある作品が好まれる現象が起きている。 CM総合研究所による「2013年度 銘柄別CM好感 [全文を読む]

企業が注力するドラマ仕立てCM 視聴者を検索に誘導する効果

NEWSポストセブン / 2013年06月29日16時00分

最近、とみに「ドラマ」が多くなったと感じる人が多いのではないだろうか。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 * * * ソフトバンクの「白戸家」CMで、完全に定着した観のある「連続ドラマ」CM手法。ライバルのNTTドコモも「ドコモ田家」で追随し、ファミリー話を展開中です。が、こっちの評判は今一つ盛り上がらない気配。「白い犬の方が面白い」。6月1 [全文を読む]

フォーカス