深田恭子 妻夫木聡に関するニュース

妻夫木聡と水原希子が告発! 新井浩文がわざとNGを出した理由とは?

ザテレビジョン / 2017年09月15日06時00分

また、番組では、カラオケに訪れた一同が深田恭子の「キミノヒトミニコイシテル」や奥田の「CUSTOM」などを歌うシーンも。普段見られない新井や妻夫木らの素顔に注目だ。 [全文を読む]

深田恭子の首筋に激しく…亀梨和也の“夜メロ”演技がセクシーすぎる!

アサ芸プラス / 2015年02月10日17時59分

亀梨演じるコンテンポラリーダンサーと、深田恭子演じる女性教師によるスキャンダラスな大人のラブストリーで、脚本を担当する大石静が「昼メロじゃなくて夜メロ」と言っていた通り、現役アイドルのドラマとは思えないディープなメロドラマになりそうだ。 そんな亀梨が最近、“男の色気”が出てきていると評判だ。 「1月に公開した映画『ジョーカー・ゲーム』では、深田恭子の首筋め [全文を読む]

妻夫木聡、マイコとの交際宣言にマスコミ騒然! 超“過保護”ホリプロの異例の対応とは?

サイゾーウーマン / 2015年01月19日09時00分

例えば、所属タレントの深田恭子が、かつて交際していた少年隊・東山紀之と木村佳乃の交際報道が出た直後、あるイベントに登場したんです。その際、ある記者が、『元カレに熱愛報道がありましたね?』と話題を振ったところ、ホリプロの広報担当者が『深田がかわいそうじゃないですか!!』と絶叫して猛抗議。その熱血ぶりを見たマスコミ陣は、『逆らったらヤバイ』と学び、その広報担当 [全文を読む]

魔性の口淫・カーセックス・逆レ●プ…芸能界の“性豪女優”たち

メンズサイゾー / 2012年06月02日12時00分

そんな美女たちの下半身事情を発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が取り上げており、『芸能界で噂の新性豪列伝20人』として北川景子(25)や深田恭子(29)、吉高由里子(23)、優香(31)らの名前が上げられている。 若手女優の性豪の代表格として上げられているのは、山下智久や松本潤らジャニタレから元サッカー日本代表の中田英寿、プロ野球選手の斎藤佑樹まで [全文を読む]

ポスト藤原竜也&妻夫木聡に!竹内涼真の異例の急成長ぶり

WEB女性自身 / 2017年06月04日10時00分

「所属女優は優香(36)、深田恭子(34)、綾瀬はるか(32)、石原さとみ(30)、高畑充希(25)と年代ごとにバランス良くブレークしている。ところが所属俳優は藤原竜也(35)と妻夫木聡(36)の2トップが続いていた。今の竹内はその2トップを脅かす勢いだともいわれていますね」(芸能プロ関係者) 竹内はもともとJリーグの下部組織に所属してプロサッカー選手を [全文を読む]

春改編でクビつながった和田アキ子

NewsCafe / 2016年04月13日16時00分

綾瀬が飽きられると、今度は深田恭子(33)がブレークしてきて、ドラマでは引く手あまたなんです。石原さとみ(29)、さらにNHK朝ドラヒロインの高畑充希(24)らも女優としては非常に人気が高く、男性では演技派の松山ケンイチ(31)や妻夫木聡(35)もいます。つまり、ドラマに力を入れているTBSに最高の俳優陣を提供することを条件に、和田の起用をずっと継続させて [全文を読む]

ポスト井森美幸!? ホリプロが板野友美より小島瑠璃子を“激推し”する理由とは

日刊サイゾー / 2014年07月11日11時00分

和田アキ子を筆頭に、綾瀬はるか、妻夫木聡、深田恭子、船越英一郎など多彩なタレント陣を揃える大手芸能プロダクション、ホリプロ。なかでもこのところ活躍目覚ましいのが、2009年の「第34回ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを獲得した小島瑠璃子だ。 グラドルとしても活躍していたが、最近はバラエティー番組に引っ張りダコ。また、スポーツキャスターとしてTBS系 [全文を読む]

北川景子が新作映画で魅せた「奇跡の口技」!

アサ芸プラス / 2014年01月20日09時59分

昨秋公開の映画「ルームメイト」では、深田恭子とのキスシーンもこなすなど「艶技」の幅も広げている。公開中の「ジャッジ!」では、主演の妻夫木聡と「偽装夫婦」を演じているというから、期待が高まるが、さっそく誌上上映しよう。 舞台は米サンタモニカで開かれる「国際広告祭」。世界各国の広告代理店社員が自社の作品を持ち寄り、みずらも審査員となり、NO1を投票で決めるイベ [全文を読む]

嵐・櫻井翔、実写版映画『ルパン三世』に「次元大介役で出演」!?

サイゾーウーマン / 2013年10月31日09時00分

情報解禁という概念を無視した言動に、プロデューサーも頭を抱えてしまっているそうですよ」(芸能プロ関係者) さらに前出の幹部によれば、「ほかのルパン一味のキャスティングですが、石川五ェ門が早乙女太一、峰不二子には長澤まさみや深田恭子の名前が挙がっていました。不二子役に関しては、クランクインした現在でも確定していないそうで、やはり企画は相当難航続きなのでしょう [全文を読む]

フォーカス