遺書 岡田有希子に関するニュース

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.10(2)絶頂期アイドルはなぜ死を選ぼうとしたのか?

アサ芸プラス / 2017年01月02日09時51分

86年4月24日号によれば、岡田有希子の遺書には「峰岸さんにふられた」とか「好きだったのに冷たくされた」という文字が躍っていたという。 だが、当の峰岸は、事件当夜の記者会見で「あくまで兄と妹のような関係」だったと、困惑した様子で反駁。自分が原因だったとは思えないと語ったうえ、ほかの理由に推測の輪を広げて会見を終えた。 アイドル歌手の投身自殺は、中高生や同世 [全文を読む]

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(5)横山やすし「娘よ、漫才だけはするな」

アサ芸プラス / 2012年02月25日10時54分

誠実な人柄で人気だった逸見政孝アナ(享年48)の遺書は、息子への愛情にあふれている。 〈パパにとって太郎の激励は、ボストンで将来の目標に向かって一生懸命勉強することである〉 家では頑固オヤジを貫いていた逸見アナ。息子とはいさかいが絶えなかったという。その後、父と同じ世界に身を投じた息子を晴恵夫人(享年61)とともに、逸見アナは草葉の陰で見守っていることだ [全文を読む]

日航ジャンボ墜落事故は「撃墜」だった? 謎多き「怪死」の真相は究明されるのか!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月29日06時30分

一説には遺書に「峰岸さんにふられた」と書かれてあり、それが原因だと囁かれた。本書では自殺の現場を目撃したという記者の話から始まって、核心となる本記事の著者・中野信行氏による峰岸徹氏へのインタビューに移る。中野氏はどうやら最初から「峰岸原因説」を疑っていたようだが、インタビューでも峰岸氏は岡田との不純な関係はなかったと一切を否定したという。では本当の原因は何 [全文を読む]

ホラー×アイドル!初主演映画の撮影秘話を語る♡ゆるめるモ!インタビュー前編

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月13日19時09分

もし蘇生できるなら、遺書に『生き返らせてください』と書いてある人だけ生き返らせたいです」もね「うーん。もうすでに誰か生き返っている気がします。たまに街を歩いていると、変な人いるじゃないですか。そういう人は生き返っている人なんじゃないかって思います。ちなみに私が生き返らせたい人は尾崎豊さんです」飾らない彼女たちが持つ、作りこまれすぎていないアイドル像。彼女た [全文を読む]

自ら命を絶った有名人100人の心層「悲劇はなぜ止められないのか?」

アサ芸プラス / 2015年07月25日17時57分

沖雅也は〈オヤジ、涅槃で待つ〉と書いた遺書を遺していた。直後から「オヤジ」こと所属事務所社長で養父だった、日景忠男氏が世間の注目を集めるようになった。 芸能レポーターの石川敏男氏が言う。「もともと沖さんの側近といっても違和感がありましたが、〈涅槃で待つ〉という言葉によって、世間一般にそういう関係だったのかと‥‥」 日景氏はその後、美少年を愛好するキャラク [全文を読む]

フォーカス