真相 岡田有希子に関するニュース

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.10(2)絶頂期アイドルはなぜ死を選ぼうとしたのか?

アサ芸プラス / 2017年01月02日09時51分

89年7月27日号で、その「自殺未遂事件」の真相を追及している。 原因は、マッチと松田聖子との“ニューヨークの密会”だった。写真週刊誌の暴露で、事の次第を知った明菜は、惑乱の末に当時、体重が5キロも減っている。先の密会そのものは、聖子にすれば単なる“火遊び”にすぎなかったようだが、明菜にとっては最悪。彼女にとって聖子は“天敵”みたいな存在で、日頃から「百恵 [全文を読む]

岡田有希子はなぜ飛び降りた? 不可侵の“タブー”へ切り込む『闇に葬られた「怪死」の真相』

日刊サイゾー / 2016年08月01日18時00分

『闇に葬られた「怪死」の真相』(宝島社)は、数々の謎に満ちた“死”を取り扱った一冊だ。女優・岡田有希子の飛び降り自殺や、陰謀論がささやかれる日本航空123便墜落事故など18編の“怪死”に切り込む。 14年、小保方晴子氏の一連のSTAP細胞騒動では、小保方氏の師であった笹井芳樹氏の自殺に大きな衝撃が走った。小保方氏との怪しすぎる“師弟愛”を大々的にバッシング [全文を読む]

日航ジャンボ墜落事故は「撃墜」だった? 謎多き「怪死」の真相は究明されるのか!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月29日06時30分

『闇に葬られた「怪死」の真相』(別冊宝島編集部/宝島社)では、そのような「怪死」と呼ぶべき18の事件を取り上げている。 本書に掲載された事件で私が最も気になったのは、「岡田有希子が飛び降り自殺」した件の追及記事である。彼女が自殺した1986年は私もまだ学生であり、無論アイドルにも興味を持っていたのでその事件は衝撃だった。当時、人気絶頂だったアイドルの突然の [全文を読む]

中森明菜と怪奇現象の不思議な因縁? 番組出演中にアイドルの幽霊が...!

tocana / 2015年02月16日16時00分

失恋を苦に......、仕事によるプレッシャー......、など自殺の原因は諸説あるが、いまだに真相は謎のままだ。そして、その年の6月放送『歌のトップテン』の番組中に「ジプシー・クイーン」を歌う明菜の後に、ワンピースを着た岡田有希子が立っていると多くの視聴者からの問い合わせが殺到したといわれる。彼女を憐れむ気持ちが霊を呼び寄せたのだろうか?■「東京・埼玉連 [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<女優のギョーテン篇「大竹しのぶはヤケドする役で本当に顔面が腫れた」>

アサ芸プラス / 2017年02月27日05時57分

「ヤケドする演技をしていたら、本当にヤケドしたようになったの?」 この伝説を大竹は否定したものの、真相はさらに天才ならではの神話!「舞台で『顔がただれてる、ただれてる私の顔が。こんな顔じゃ‥‥』と言ったら、左半面がブワーッと赤く腫れ上がったんですよ」 肌のコントロールも自在のようだ。 これに負けないのが岩下志麻で、代表作の「鬼畜」78年、松竹)では、こんな [全文を読む]

エビ中・松野莉奈だけじゃない! 岡田有希子、ツタンカーメン…18歳で急逝した5人の有名人!

tocana / 2017年02月09日09時00分

自殺の動機としては、うつ病や『禁じられたマリコ』で共演した峰岸徹から振られたことが原因といわれているが、真相は不明である。報知新聞の記者が撮影した岡田さんの自殺遺体は今でもネット上に出回っている。■ロブ・ノックス(1989年8月21日~2008年5月24日) ハリー・ポッターシリーズ『ハリー・ポッターと謎のプリンス』でマーカス・ベルビィ役を演じたロブ・ノ [全文を読む]

サンミュージック故・相澤秀禎会長が、最期まで守り通した岡田有希子さんの“日記ノート”

日刊サイゾー / 2013年05月31日13時00分

それだけに、相澤会長が岡田さん自殺の真相を知っていたという見方は根強い。芸能マスコミとしてはそれを探りたいところだが「それでも最期まで秘密を守り通したんですから、ある意味、タレント事務所としてはお手本といえる姿でもあります」と記者。 そんな生前の頼れる姿があったからか、28日の通夜には数多くの元アイドルたちが涙を流しながら参列していた。 [全文を読む]

フォーカス