評価 放送大学に関するニュース

平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 : 一般社団法人情報処理学会推薦の 久野 靖氏、中野由章氏、辰己丈夫氏、中山泰一氏、植原啓介氏の受賞が決定

DreamNews / 2017年04月11日16時00分

業績名:情報教育の評価手法の普及啓発業績概要:情報社会の現代において、情報教育の重要性は大きいが、わが国では情報教育の評価方法について十分な知見が得られていなかったことから、大学入試での情報科の出題が極めて少なく、そのことが科目の重要性に対する無理解や科目実施体制の不十分さ、とくに専門性を持つ教員の採用の少なさや臨時免許・免許外教科担任の濫用につながって [全文を読む]

小池知事の誤算、都の欺瞞。「豊洲問題」で透ける各々の思惑

まぐまぐニュース! / 2016年10月15日08時00分

役人の追認機関に豊洲地下空間の安全評価をさせてどうする 豊洲市場の建物地下に盛土がなく空洞だったことを東京都がひた隠しにしてきたのは、日本の役所の隠ぺい、ウソつき体質を象徴する問題であるに違いない。 だが、この間のメディアの報道によって、盛土なら安全だと勘違いする傾向も強まっているのではないだろうか。 盛土など土壌汚染対策の原案をつくったのは都庁の役人だ [全文を読む]

建物利用者を快適な空間へと個別誘導するアプリを共同開発

JCN Newswire / 2016年06月17日10時03分

昨今、ウェルネス(※3)志向の都市生活が注目される中、屋内外空間の快適性を外的環境のみならず、利用者の心理状況や生体情報など、内的要因も含めて総合的に評価するニーズが高まっています。特に屋外空間の快適性評価は、気温などの気象条件を基に算出された客観的指標を用いて行うことが一般的で、利用者側の状況を個別に反映したものにはなっておらず、ウェルネスの観点からも快 [全文を読む]

大学のオープン化に関する調査結果(2016)

PR TIMES / 2016年11月30日15時51分

未だ世界とは開きがあるものの、この取り組みへの好評価は8割以上に達し、その認知度や利用意向率も徐々に向上してきている。 一方、ITを活用した教育“Edtech”の進展によって、いつでもどこでも手軽に学べる環境が整いつつあるものの、社会人の「学び直し」経験者は未だ少ないのが現状である。しかし、今後の学び直しを希望する層を合わせると、その率は約半数に上った。学 [全文を読む]

教育現場のICT、その最新動向とは?

HANJO HANJO / 2016年05月23日12時00分

講演アクティブ・ラーニングとICT活用中川 一史 放送大学教授・博士(情報学) 中教審の「教育課程企画特別部会の論点整理」では、「何ができるようになるのか」「何を学ぶか」「どのように学ぶのか」という観点から授業評価の充実を図ることを挙げている。なかでも「どのように学ぶのか」については、『アクティブ・ラーニングの視点からの不断の授業改善』と極めて強い表現が使 [全文を読む]

デブサミ2015、講演関連資料まとめ

CodeZine / 2015年02月19日12時00分

(川瀬敦史〔日本アイ・ビー・エム〕) Togetter 【20-B-L】テストケースの優先順位をつけてテストを最適化しよう!(津村直史〔日本シノプシス〕) Togetter 【20-B-3】システム開発を前進させるためのGradle導入法(綿引琢磨〔デライトテクノロジーズ〕) Togetter 【20-B-4】おさえておきたいモダンなチーム開発を支えるツー [全文を読む]

六甲オルゴールミュージアム 企画展「からくり人形 西洋と日本 ~不思議や魅力~」関連イベント からくり研究家の講演会を3月1日(日)に開催

PR TIMES / 2015年02月09日16時00分

2012年に、世界的に評価されている江戸時代の技術啓蒙書『機巧図彙(からくりずい)』〈細川半蔵(ほそかわ はんぞう)著・1796年(寛政8年)刊〉の全文を英訳・注釈した“Japanese Automata‐Karakuri Zui:An Eight-eenth Century Japanese Manual of Automatic Mechanical [全文を読む]

ISID、ソーシャル世代の行動特性を分析するライフログ解析実験を開始

JCN Newswire / 2014年03月20日14時47分

さらに、他の被験者のチェックイン行動や、被験者間で登録・共有される写真や動画などのソーシャルコンテンツが行動意思決定にもたらす影響を評価します。また、カードをかざすだけで外貨両替の受付が完了するサービスや、滞在場所付近の観光案内を漫画で表示するサービスなど、旅先でのコミュニケーション・ストレス軽減を支援する各種IT サービスを試験提供し、その有効性を検証し [全文を読む]

「テーマあいまい?」識者語る春樹がノーベル賞獲れぬワケ

WEB女性自身 / 2013年10月16日07時00分

「ノーベル文学賞は権力の批判や社会の暗部、矛盾をえぐり出すなど、作品の持つ社会性が評価される傾向があります。その点で、村上作品のテーマはあいまいという批判があり、受賞を逃し続けているのは、このことも影響したのではないでしょうか」 選考に社会性、政治性が含まれるのは当初から続く伝統だ。文芸評論家で愛知淑徳大学の清水良典教授が言う。「昨年、中国の作家・莫言(モ [全文を読む]

フォーカス