空き家 横浜市に関するニュース

マンション傾斜と同じくらい怖い! 2020年東京五輪後に不動産市場が崩壊、ほとんどのマンションがスラム化する!?

リテラ / 2015年10月19日08時30分

「どうやら東京五輪のフィナーレは空き家問題暴発のセンセーショナルな号砲になりそうです」というのは『2020年マンション大崩壊』(牧野知弘/文春新書)だ。 すでに、空き家問題の暴発リスクは高まっている。総務省が5年に1度調査する「住宅・土地統計調査」によれば、日本全国の空き家数は2013年時点で820万戸。国内住宅総数6063万戸に対する比率、空き家率は1 [全文を読む]

京急グループとパーク24グループ 空き家問題の解決に向けてサービス連携を開始

PR TIMES / 2017年03月23日15時44分

株式会社京急リブコ(本社:神奈川県川崎市、社長:本多利明、以下「京急リブコ」)とパーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一、以下「パーク24」)は、京急リブコが提供する空き家管理サービスにおいて、パーク24グループが展開するカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」および予約制の駐車場マッチングサービス「B-Times」による空き家の駐車 [全文を読む]

問題だらけのマンション大崩壊! 所有するのは愚か、“賃貸”が正しい

週プレNEWS / 2015年11月05日06時00分

不動産コンサルタントの牧野知弘氏は、著書『2020年マンション大崩壊』で「オリンピック後にマンションの空き家は激増し、コミュニティの崩壊が始まる」と予測する。 今、首都圏でも人気の都心部タワーマンションですら、その価値は安泰でないという(前編⇒「マンションの空き家は五輪後に激増、今は絶対に買い時ではない!」)が、マンション市場で何が起きているのか? ■格 [全文を読む]

相続・不動産・空き家問題をスペシャリストが解決「無料個別相談会」10月は横浜市栄区・港南区・南区にて開催

@Press / 2017年09月19日16時00分

一般社団法人かながわ相続・不動産・空家相談センター(事務局:神奈川県横須賀市、代表理事:下田裕之)では10月7日(土)栄区民文化センター、10月8日(日)28日(土)港南区民文化センター、10月22日(日)男女共同参画センター横浜南にて、相続・不動産・空き家に関する相談に専門家が無料で応える個別相談会を開催します。また参加者にはエンディングノートをプレゼン [全文を読む]

産学連携でリノベーションプロジェクトを協働

PR TIMES / 2014年12月19日17時14分

Y-GSA(横浜国大)、株式会社NENGO、リスト株式会社リノベーションで空き家/空室問題の解決と並行で地域活性も行うY-GSA(横浜国立大学大学院 建築都市スクール 担当教員:藤原 徹平)と株式会社NENGO(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:的場 敏行)およびリスト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:北見 尚之)は、賃貸集合住宅のリノベーション [全文を読む]

相続・不動産・空き家問題をスペシャリストが解決「無料個別相談会」藤沢・戸塚・関内にて開催

@Press / 2017年08月28日15時00分

一般社団法人かながわ相続・不動産・空家相談センター(事務局:神奈川県横須賀市、代表理事:下田裕之)では9月3日(日)17日(日)藤沢商工会館、9月9日(土)18日(祝)男女共同参画センター横浜、9月23日(土)関内ホールにて、相続・不動産・空き家に関する相談に専門家が無料で応える個別相談会を各6組限定で開催します。また参加者にはエンディングノートをプレゼン [全文を読む]

“寂聴さんの弟子”がコーディネートする徳島移住のススメ

WEB女性自身 / 2016年11月02日12時00分

空き家を改修して住むなら、家賃は月1万円』という話に惹かれて、私も町役場に問い合わせました。いま56歳なので、経済的に老後が不安になって 」 そう話してくれたのは、いまは横浜市に住んでいる渡辺明子さん(56・仮名)。6年前に夫と離婚し、一人娘が結婚したのを機に美波町への移住を決意した。渡辺さんは5年ほど前から移住を検討し、一度は山梨市内で契約寸前までいっ [全文を読む]

京都のごみ屋敷や横浜の違法屋台…撤去費用は誰が負担?

政治山 / 2016年03月07日11時30分

景観を損なう空き家や往来を妨げる障害物が近所にあれば、何とか撤去してほしい――誰しもそう思うでしょう。所有者に代わって、行政機関が行うのが「行政代執行(代執行)」です。代執行…最近よくニュースになっています。 ごみ屋敷、空き家、屋台…最近増えてきた? 最近の主なものを挙げると、京都市は昨年11月、ごみ屋敷条例に基づき、ごみ撤去の代執行を行いました。京都市は [全文を読む]

リフォーム顧客向け専用ショールーム「リフォームサロン」3拠点同時オープン(ニュースレター)

PR TIMES / 2015年02月06日11時41分

[画像: http://prtimes.jp/i/2296/457/resize/d2296-457-766833-0.jpg ]●展開の経緯 全国の空き家件数は年々膨れ上がっており、2008年の757万戸(※1)から2013年には820万戸※1まで増加し、今後も空き家は増えると予想されています。中でも高度成長期前後に開発された大規模団地では、少子高齢化が [全文を読む]

<産学連携でリノベーションプロジェクトを協働>Y-GSA(横浜国大)、株式会社NENGO、リスト株式会社 リノベーションで空き家/空室問題の解決と並行で地域活性も行う

@Press / 2014年12月22日17時00分

本プロジェクトは、昨今の空き家/空室問題を、リノベーションで地域を活性させていく手法を用いながら解決していこうとする取り組みです。産学連携で3者各々のリソースを持ち寄って相乗効果を生み出すことにより成果につなげてまいります。■プロジェクト発足の背景2013年、全国での空き家率は13.5%、うち神奈川県の空き家率は10.6%(※1)と過去最高の数値となってい [全文を読む]

100万で横須賀の空家を買った女性の暮らし 30代女性がハマる、「生活実験」の最前線

東洋経済オンライン / 2017年09月14日08時00分

横須賀の空き家を100万円で買ってリノベーションし、週3日勤務をする。福岡県に移住し、シェアハウスを経営し、月の食費1500円で暮らす。肉はイノシシを狩猟して食べる。そこまでいくと、現代ではもはや実験、冒険に近い。今回は、その実態をリポートする。■週3回勤務、残りの4日は空き家をリノベする生活立花佳奈子さんは、飲食店やシェアハウスのリノベーションをする会社 [全文を読む]

タワマンより豊か 名作ニュータウン3選

プレジデントオンライン / 2017年07月10日09時15分

言ってみれば空き家になったのだ。椿峰ニュータウンができるまで、存在がほぼ消えたのである。 だが椿峰ニュータウンの開発に当たっては、この歴史ある緑豊かな景観がうまく生かされた。なんでもかんでも木を伐採して、土地を平らにするニュータウンとは異なる、風情のある住宅地がここに生まれた。 ただし、後期高齢者が増えるこれからの時代には、起伏の多い地形が負担になる危険も [全文を読む]

いま家は買うな? 不動産の「2022年問題」がチャンスに変わる理由

まぐまぐニュース! / 2017年05月30日16時41分

その結果、市街地から遠く賃貸には向かない立地に新築アパートが乱立し、おびただしい空き家を生んでしまったというのです。 政府もこの問題を認識しており、都市農地の保全を推進する姿勢を示し、生産緑地制度の改正も視野に入れているようですが、生産緑地を優遇しすぎている現状にも問題があると指摘されているなど、有効打となるかは不透明です。 そこでカギを握るのは、自治体の [全文を読む]

ROOMBLOOM・大学生・地域が共同 -- 「Happy Wall Project」で空き家の利活用イベントを開催~5月31日(水) 神奈川県横須賀市追浜 -- 関東学院大学

Digital PR Platform / 2017年05月23日08時05分

関東学院大学では、人口減少の影響による空き家問題が顕在化する横須賀市で、学生有志が参加して空き家を改修し、利活用を進めるプロジェクトを実施してきた。 日本ペイントホールディングスでは、近隣との交流を通じた地域活性化などにも取り組む同プロジェクトの主旨に賛同し、同社のペイントブランド「ROOMBLOOM」が進めてきた「Happy Wall Project」 [全文を読む]

ROOMBLOOM・大学生・地域が共同「 Happy Wall Project」で空き家の利活用イベントを開催~5月31日(水)神奈川県横須賀市追浜~

PR TIMES / 2017年05月22日15時30分

関東学院大学では、人口減少の影響による空き家問題が顕在化する横須賀市で、学生有志が参加して空き家を改修し、利活用を進めるプロジェクトを実施してきました。日本ペイントホールディングスでは、近隣との交流を通じた地域活性化などにも取り組む同プロジェクトの主旨に賛同し、同社のペイントブランド「ROOMBLOOM」が進めてきた「Happy Wall Project [全文を読む]

2017年3月、民間事業者として初となる「リノベーションスクール」を池上周辺エリアにて開催

PR TIMES / 2016年12月08日15時43分

空き家などの活用によるエリア活性化事業「リノベーションまちづくり」に取り組みます。 当社は、池上周辺エリア(池上・蒲田・武蔵新田など)におけるリノベーションを活用したまちづくりの一環として、2017年1月と2月に「リノベーションまちづくりシンポジウム@東急池上線」を、3月には「リノベーションスクール@東急池上線」を、民間事業者として初めて開催します。 近年 [全文を読む]

特定非営利活動法人 空家・空地管理センターが10月1日空き家管理・コンサルティングサービスを全国展開

@Press / 2015年10月01日14時00分

特定非営利活動法人 空家・空地管理センター(所在地:埼玉県所沢市、代表理事:上田 真一)は、全国の「放置空き家ゼロ」を目指すため、北斗ソリューションズ株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:上田 真一)と協力して開発した総合空き家・空き地管理システム「SAKAS(サカス)」を2015年10月1日から不動産会社に提供し、空き家管理及び空き家活用コンサルテ [全文を読む]

京急グループが手元資金ゼロでのリノベーション付きサブリース事業に参入「カリアゲ 京急沿線」を開始~空き家問題にお困りの沿線オーナー様の需要に対応~

@Press / 2017年03月28日12時30分

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)、京急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:樫野 敏弘、以下 京急不動産)および株式会社京急リブコ(本社:神奈川県川崎市、社長:本多 利明、以下 京急リブコ)は、空き家物件を借り受け、改修したうえで6年間サブリース(一定期間転貸運営)するサービス「カリアゲ」を東京23区を中心に展開 [全文を読む]

櫛の歯が抜けるように人が減った“限界ニュータウン”現地ルポ

プレジデントオンライン / 2017年03月27日09時15分

実は東京駅から30キロメートルを超える立川駅以西や枝線ともいえる青梅線・五日市線沿線では、すでに人口減や空き家問題が顕在化している。そのあたりを見越してか、昨年のダイヤ改正からJR中央線、青梅線の一部が減便されているのだ。 毎年行われている地方移住のための相談会にも、東京西部の福生市、瑞穂町、奥多摩町などが合同でブースを出し、地方のような「空き家バンク」開 [全文を読む]

空き屋対策と子育て支援を組み合わせた取り組みが横浜市で始動

イクシル / 2017年02月22日11時07分

入居するにあたり補助が行われる 今回、横浜市が発表した「子育てりぶいん制度」の拡大は、子育て支援の一環というだけでなく、同市内における空き家対策を目的とした施策でもあり、空き屋化の予防や流通活用の促進を目指して行われる施策の一つでもあります。 これにより、同市では、子育て支援と一戸建て住宅の空き屋対策を同時に進める狙いがあり、同制度の開始に伴い、3月1日 [全文を読む]

フォーカス