マンション 横浜市に関するニュース

【あれどうなった?】横浜傾きマンション、ようやく「違反」と認定

まぐまぐニュース! / 2016年09月09日05時00分

今回は2015年10月に発覚した、いわゆる「横浜傾きマンション騒動」を取り上げます。三井不動産レジデンシャルが販売した横浜のマンションが傾いていることがわかり日本中に衝撃を与えましたが、先日、ようやく横浜市が正式に建築基準法違反を認定する方針を固めたとの報道がありました。メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者でマンション管理士の廣田信子さん [全文を読む]

神奈川県で人気の「横浜市」エリア別マンション相場ランキング!

PR TIMES / 2017年08月08日11時00分

日本最大級のマンション相場情報サイトを運営する株式会社マンションマーケットは、運営サイト「マンションマーケット(※1)」のデータ用いて、「神奈川横浜市」を対象に駅徒歩10分圏内に存在するマンションの平均m2 単価を調査。横浜市内、全18区をランキングにまとめました。神奈川県の中でも人気の横浜市。人気の観光スポットも多く、華やかな街のイメージを持たれている方 [全文を読む]

横浜の「傾いたマンション」 住人は販売業者に「お金を返せ」と言えるか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月22日16時26分

熊谷組が施工し、住友不動産が2003年に販売した横浜市西区のマンション1棟で、建物を支える杭が固い地盤に到達していないという、大きなミスが見つかった。両社は6月上旬に、「ご迷惑、ご心配をおかけしております」として謝罪した。 報道によると、65戸が入るこのマンションでは、建物を支える杭の長さが不足。硬い地盤に達しておらず、建物が傾いていた。横浜市は、施工ミス [全文を読む]

【シゴトを知ろう】マンション管理士 編

マイナビ進学U17 / 2016年10月27日12時01分

みなさんの中には、マンションで暮らしている人も多いのではないでしょうか? マンションの住環境を快適に保つべく、多くの人がその管理に携わっていますが、その中に「マンション管理士」という人の存在があります。横浜市内に事務所を構え、マンション管理士として一線で活躍する川原一守さんに、その仕事内容を伺います。■常に住民の立場に立って考えることが重要Q1.お仕事の概 [全文を読む]

横浜の欠陥マンション偽装事件は他人事じゃない!脅し文句で住人を黙らせる異常な業界体質

Business Journal / 2015年10月16日06時00分

神奈川県横浜市の大型マンションが施工不良によって傾いていることが発覚した問題で、建築基準法違反の疑いで国土交通省や横浜市が調査に乗り出している。 問題のマンションは三井住友建設が施工し、旭化成建材が杭の工事を請け負っているが、建物を支える52本の杭のうち6本が強固な地盤の「支持層」に届いておらず、ほか2本も打ち込まれた長さが不十分だったことが明らかになった [全文を読む]

欠陥発覚も度々、それでも不動産は「大手」が安心なのか?

Forbes JAPAN / 2017年07月20日12時15分

大規模タワーマンションに代表される比較的高級路線のマンションは、主として大手のデベロッパーが手掛けるが、中小規模であまり耳なじみのないデベロッパーがNGというわけでもない。駅近など立地がよく、間取りや企画がそこそこなら、デベロッパーがどこかという点はそれほど問題にされない。大手デベロッパーによるマンションが値下がりしにくいと言ったデータが公表されることがあ [全文を読む]

横浜欠陥マンション傾斜、なぜ偽装は起きた?コスト低減優先&下請け叩きのトンデモ実態

Business Journal / 2015年10月17日06時00分

神奈川県横浜市の「欠陥マンション偽装事件」の余波が止まらない。 これは、三井住友建設が施工、旭化成建材が杭の工事を請け負った大型マンションが施工不良によって傾いていたものだ。調査の結果、建物を支える52本の杭のうち6本が強固な地盤の「支持層」に届いておらず、2本は支持層には届いているものの、打ち込みが不十分だったことが明らかになっている。 さらに、傾きの発 [全文を読む]

宅配レンタカーのインターネット駐車場予約について提携します

@Press / 2015年07月21日14時00分

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 和男)と株式会社フルタイムシステム(本社:東京都千代田区、代表取締役:原 幸一郎)、株式会社日産カーレンタルソリューション(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中川 一夫)は、利用者が営業所に出向くことなく居住マンションからレンタカーを利用できる宅配レンタカーについて、提携 [全文を読む]

<限定200名・参加無料>マンション大規模修繕セミナー 横浜開催のご案内 「マンションは放っておけば、10年後には資産価値がゼロになる」

@Press / 2013年11月01日11時00分

一般社団法人 マンション大規模修繕協議会(所在地:東京都品川区、代表理事:米澤 賢治)とNPO法人 ECO-ECO建物再生推進協会(所在地:神奈川県横浜市中区、理事長:五十嵐 一夫)は、2013年11月24日(日)12時30分より、神奈川・横浜にてマンション大規模修繕セミナーを開催します。このセミナーはマンション管理組合員、管理組合理事、理事長を対象に、大 [全文を読む]

アクロディアの「インターホン向けIoTシステム」、三井不動産が販売したマンションに提供~インターホンリニューアル向けでの初の導入~

PR TIMES / 2017年06月26日16時40分

株式会社アクロディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:堤 純也、以下「アクロディア」)は、下記のとおり、マンション等の集合住宅向け「インターホン向けIoTシステム」を、三井不動産が販売した神奈川県横浜市のマンションにおいて提供することとなりましたので、お知らせいたします。なお、マンションのインターホンリニューアルでの採用は当社初の事例となります。【導入 [全文を読む]

現場点検システム『点検録』が横浜市の販路開拓支援事業に認定 ~建設現場の診断や点検報告が容易に行え、点検記録の共有・追跡が可能に~

DreamNews / 2016年11月08日11時00分

■横浜市平成28年度 販路開拓支援事業認定対象商品ホームページ: http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/20161024113028.html【クラウドサービス「点検録」の特長・メリットについて】点検録は、住宅・土木・工場の検査やビル・マンションの点検・ FC店舗のマネージャーなど、点検シートや [全文を読む]

横浜・偽装マンション傾斜、住民は「いくら」請求できる?建替えは「無理」?

Business Journal / 2015年10月20日06時00分

先日来、三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市都筑区の大型マンションマンションを支える地下杭が固い岩盤まで届いておらず、加えて地下杭の施工記録に偽装があったことが発覚し、世間を騒がせています。15日には、事業主である三井の藤林清隆社長が当該マンションの住民説明会に出席し、「このような状態になり、皆さんにご心配を掛けて申し訳ない」と謝罪するなど、大手の三 [全文を読む]

マンション購入の危険 滞納膨張で追い出し、高齢住民増で認知症事故やスラム化

Business Journal / 2014年12月07日06時00分

これからのマンション住まいには十分な注意が必要なようだ。というのも、住宅ローンの返済はおろか、マンションの管理費や修繕積立金が払えずに滞納するという事態になりかねないからだ。「サンデー毎日」(毎日新聞社/11月30日号)の記事『「貧困老後」の現実 持ち家が老後を破壊する』では、こんなケースを紹介している。 現在60代のある男性は、10年前に老後を過ごすため [全文を読む]

ヘーベルハウスが売れない…突然に販売不振突入、「マンション全棟建替」地獄に業界が震撼

Business Journal / 2016年06月09日06時00分

横浜市都筑区のマンションで旭化成建材が杭打ちデータを改竄した問題は15年10月に明るみに出た。11月以降、旭化成ホームズの月次の受注額は大幅な前年割れが続く。販売現場は釈明に追われ、親会社の旭化成はグループ全体で広告宣伝を自粛。今春から再開したものの、新年度のスタートとなった4月の受注額は2ケタ減となっている。 杭打ち問題による旭化成ブランドの毀損がどこ [全文を読む]

実は日本中に溢れる深刻な欠陥新築マンション、なぜ住民は泣き寝入り?売主企業の恫喝

Business Journal / 2016年08月11日06時00分

昨年は欠陥マンション問題がメディアを賑わせた。横浜市で大手企業によって過去に分譲されたマンションが2物件、杭が支持基盤に達していないことが判明し、ともに全棟建替えの方向で手続きが進んでいる。 その内の1物件では、杭を打ち込んだ時のデータが偽造されていた。その後の調査で、偽造を行った社員はほかの多くの杭工事を担当していた。そして、同様の偽造が行われていた。さ [全文を読む]

欠陥マンション発覚ラッシュで新規建設消滅の恐れ…全棟建替の悪しき前例に業界が悲鳴

Business Journal / 2016年04月14日06時00分

熊谷組が施工した神奈川県横浜市西区のマンション「パークスクエア三ツ沢公園」で新たな施工不良が見つかり、販売元の住友不動産が住民に全棟建て替えを提案したと報じられたことが引き金となった。 3月5日、横浜市内のホテルで住民説明会が急きょ開催され、販売元の住友不動産と施工した熊谷組は、5棟の住宅棟すべての建て替えを提案した。熊谷組の樋口靖社長は初めて住民説明会に [全文を読む]

新築マンションの購入は「ババ抜き」との説

NEWSポストセブン / 2016年03月09日07時00分

マイナス金利導入により、マイホーム購入の機運は高まっているが、その一方で「傾斜マンション問題」発覚もあり、日本人の“新築信仰”は揺らぎつつある。このたび『新築マンションは買ってはいけない!!』(洋泉社)を上梓した住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、新築マンション購入に潜むリスクを解説する。 * * * 日本人は「新築」が大好きだ。 住宅は何世代にもわたって継承 [全文を読む]

傾きマンションに業界関係者 「意図的であり犯罪的」と断罪

NEWSポストセブン / 2015年10月24日16時00分

また完成したら戻ってきて再転校でしょ? できれば建て替えはしてほしくないです」(30代主婦) 傾いていることが発覚した横浜市都筑区にある4棟建ての大型マンション『パークシティLaLa横浜』の住民はこう困惑を隠さない。 JR横浜線鴨居駅から徒歩10分。飲食店や衣料品店、映画館が入る『ららぽーと横浜』に隣接する高級マンションだ。2005年11月に着工し、200 [全文を読む]

NITOH株式会社(代表取締役 宮園泰人)が提供するマンションブランド『RELIA』シリーズより『RELIA YOSHINOCHOII』が、発展し続ける横浜エリアに登場。

DreamNews / 2017年01月19日15時00分

首都圏の投資マンションを開発から分譲・管理まで一貫して行うNITOH株式会社(http://www.nitoh.co.jp)東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビル5号館4階 代表取締役 宮園泰人は、自社マンションブランド『RELIA』シリーズを横浜市南区吉野町に開発し、平成28月12月20日より販売を開始しました。首都圏を中心にリライアシリーズマンション [全文を読む]

株式会社ティファナ・ドットコム、株式会社マルナカのマンションリフォームのサービスサイト「マルナカスタイル」を制作

DreamNews / 2014年12月24日15時00分

Web制作会社、株式会社ティファナ・ドットコム(以下ティファナ・ドットコム、本社:東京都目黒区、代表取締役社長:藤井亮、URL:http://www.tifana.com/)は、株式会社マルナカ(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:中嶋久信)のマンションリフォームのサービスサイト「マルナカスタイル(http://marunakastyle.com/)」を制 [全文を読む]

フォーカス