ラケット 水谷隼に関するニュース

佐野勇斗、真顔でガチ練習 若手注目俳優の「卓球大会出場宣言」どうなる?!裏側に密着<ミックス。>

モデルプレス / 2017年08月25日18時00分

台上を行き交う白い球に神経を集中させ、無心にラケットを振る姿は真剣そのものだ。小学生時代はサッカーのクラブと野球部を両立する欲張りぶりで、中高はサッカーに熱中。ほかにも陸上や空手の経験があるスポーツ大好き少年だが、卓球との出会いは「学校の体育の授業で。友達と『卓球でいいんじゃない?室内だから暑くないし』くらいの軽い気持ちで選んだのを覚えています(笑)」と振 [全文を読む]

日本の「希望の星」、弱冠13歳で世界選手権ベスト8に入った張本智和とは?―中国紙

Record China / 2017年06月08日08時40分

2003年に日本で生まれた張本選手は、2歳の時に母親の張凌さんからラケットをもらって卓球を始め、現在に至るまでずっと続けてきた。「毎日9時間練習する」。これが「神童」の成長の歴史だ。「神童」と呼ばれるようになると、想像以上のプレッシャーにさらされるようになる。試合で、張本選手は毎回ポイントを取るたびに「チョレイ」と掛け声を上げ、士気を高めるほか、相手にプレ [全文を読む]

バトミントン、テニス、卓球......「ラケット競技」を行うと長生きできるって本当?

ヘルスプレス / 2016年12月16日20時16分

卓球の女子団体では福原愛・石川佳純・伊藤美誠トリオが、バドミントンの女子シングルスでも奥原希望選手が健闘するなど、「ラケット競技」の大活躍ぶりが目立った。 彼らメダリストの雄姿が各競技の普及に及ぼす好影響は計り知れない。さらに「ラケット競技」人気の追い風になる新たな知見が豪州から届いたので紹介しておこう。死亡リスク回避では<ラケット系>が優位 あなたがもし [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】バド奥原希望選手 “そっくりさん”横澤夏子に「お会いしたいです」とラブコール

TechinsightJapan / 2016年09月02日16時20分

奥原希望選手に似ていると周りから指摘された横澤は8月19日、自身のツイッターに「奥原希望選手に似てるって言われたよ! 銅メダルおめでとうございます~! うふ!」というコメントとともに、 ラケットとシャトルを持って満面の笑顔の写真を投稿していた。 この件を知っていたのか、8月31日の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)に出演した奥原選手が、“自身に似てい [全文を読む]

Fカップお天気キャスター・酒井千佳、連日の五輪コスでファン魅了

メンズサイゾー / 2016年08月13日18時00分

そして12日は卓球男子シングルスで水谷隼(27)が銅メダルを獲得したことから、ラケットを持って登場。卓球のユニフォーム風衣装に身を包み、ラケットを振りながら、水谷の悲願をたたえた。 そんな酒井のサービス精神にテレビの前の視聴者も大盛り上がり。ネット上には、「柔道着姿の千佳さんがあまりにも可愛すぎる」「サンバのステップも見事でした」などの称賛コメントのほか [全文を読む]

『ビートたけしのスポーツ大将』27年ぶりレギュラー復活 “金メダルの卵”発掘へ

ORICON NEWS / 2017年08月29日05時00分

あとはデカいラケットを持って立っているだけとか(笑)」と、やる気満々。 「俺は100メートルを走ったりするのではなく、体力に応じた司会をするだけ。参加する人たちを叱咤激励していればいいかな。ただ、テレビ効果というのか、テレビで映像が流れたりすると選手たちは思わぬ力を出してくれる時がある。そんないい効果があるので選手たちには期待しているよ」と、エールを送って [全文を読む]

張本智和 13歳の怪物育てた母の厳格教育「いつも謙虚であれ」

WEB女性自身 / 2017年06月08日11時00分

両親が仙台市で卓球教室のコーチを務めていた影響もあってか、2歳からラケットを握っていたという。 全日本選手権の小学生以下の部では前人未到の6連覇も達成。だがそれほどの成績を残していても、彼は慢心しなかった。それも、凌さんの影響が大きかったようだ。 「私は智に『自慢するのはよくないことだ』と教えてきました。県大会で優勝しても『全国にはまだ強い子がいる』と言い [全文を読む]

張本智和 母が語った“まるで福原愛ちゃん”な泣き虫幼少期

WEB女性自身 / 2017年06月08日11時00分

サラブレッド一家 に生まれた張本選手は両親が卓球教室のコーチを務めていた影響もあり、2歳からラケットを握っていた。だが堂々とした現在の姿と違いシャイでメソメソした性格だった。凌さんが言う。 「智は、試合に負けるといつも大泣きしていました。まだ幼かったから、気持ちを抑える方法がわからなかったのでしょう。でもあの子は一度も『辞めたい』とは言いませんでした。あ [全文を読む]

何回おめでとうって言えばいい?福原愛のディズニー披露宴にファンが祝福疲れ

アサジョ / 2017年02月08日18時15分

「中国記者のツイッターによると、引き出物は2人の仲睦ましいハート型の写真と、メッセージが印刷されたラケットだったようです」(スポーツライター) 結婚発表当初は、彼女がSNSにアップする幸せオーラ全開の写真を見て、“幼少時代から見守ってきたファンからは「キレイになった」「幸せになってほしい」と祝福の声が殺到したものだった。しかし、いつしか「幸せの押し売り」と [全文を読む]

福原愛、水谷隼ら卓球メダリストがとんねるずと対決!

Smartザテレビジョン / 2016年11月23日06時00分

そんなラリーも今回の勝負ではたくさんできましたし、ラケット以外のものでみんなも普通にプレーできていたと思うので、その辺りも楽しんで見ていただきたいですね」と視聴者に見どころをアピールした。 水谷選手らを助っ人に迎えた石橋貴明は、「初めて間近で男子選手のプレーを見ましたけど、本当にすごかったです。卓球台から離れてのラリーもすごかった。まるでシルク・ドゥ・ソレ [全文を読む]

五輪大奮闘「未曾有の卓球ブーム」到来でテレビ局「卓球芸能人リスト」を公開

アサ芸プラス / 2016年08月18日17時58分

台とラケットと球を用意するだけですし、メダリストのギャラもそれほど高額にはなりません。これから当面、卓球が上手い芸能人は確実に仕事が増えるでしょう」 そう語るこのディレクターに、局内で共有しているという「卓球芸能人リスト」を教えてもらうと、「筆頭はフリーアナウンサーの福澤朗ですね。『福澤朗のジャストミート卓球部』という会員制サークルの代表を務めているぐらい [全文を読む]

男子卓球エース・水谷隼がリオへ悲願「今度こそ中国勢に勝って、シングルのメダルも獲りたい」

週プレNEWS / 2016年03月19日11時00分

前回転がかかっているとスゴく重くてラケットを押し返されたり、はじき飛ばされちゃうほどで。だから、最初はブロックするだけで精いっぱいだったんですけど、慣れてくると少しずつカウンターで返せたり、アタックもできるようになる」 ―そうやって練習を重ねる中で弱点も見えてくる? 水谷 「サーブにはスゴく慣れました。あとは、弱点というよりも『ここへ返したら絶対にポイント [全文を読む]

フォーカス