市民 岐阜県に関するニュース

リニア新幹線のルート上で高放射線値を計測! 大量のウラン残土をJR東海は「前提にしていません」

週プレNEWS / 2016年05月07日11時00分

そうした事態を懸念する市民団体が今年2月と3月、ルート上の放射線値を測定したところ、驚くべき数字がーー。 *** リニア建設問題に取り組む愛知県の市民団体「春日井リニアを問う会」の代表、川本正彦さんは岐阜県、愛知県、長野県でリニア建設問題に取り組む各市民団体に呼びかけ、2月16日にリニアルート上での放射線測定を実施した。 岐阜県東濃地区で長年活動を続ける [全文を読む]

首長部局と県立高校が連携して地域のリーダーを育成する~静岡県牧之原市の「学び合いの場デザイン会議」の取り組み

政治山 / 2017年02月23日11時50分

対話の様子 2016年度は、取り組みをさらに進化させ、これまで10年間牧之原市で培ってきた市民ファシリテーターのノウハウを活かし、高校生ファシリテーター、グラフィッカーを育て、一緒に「学び合いの場」を運営することに挑戦しています。 今回は、第11回マニフェスト大賞で優秀シチズンシップ推進賞を受賞した、この牧之原市の「地域リーダー育成プロジェクト」を紹介す [全文を読む]

「無実であると心から断言」 美濃加茂市・藤井浩人市長「最終意見陳述書」(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月24日23時35分

美濃加茂市長として2年目を迎え、市民の方々がどのような感触をお持ちになっているのか、市役所内の雰囲気はどう変わったのか、自分自身が掲げたマニフェストは実現に向けて進んでいるのかなど、私の市政に対する期待と同時に多くの市民の方々と築き上げてきた希望が一瞬にして打ち崩されようとしました。政治家という概念に対しては、さまざまなお考えをお持ちの方がいらっしゃると思 [全文を読む]

本日初公判、全国最年少市長・藤井浩人が激白!「『自白しないと美濃加茂市を焼け野原にする』と言われました」

週プレNEWS / 2014年09月17日06時00分

僕が若いということで、「こんなハナタレ市長を選んだ市民の気が知れない」と言われました。それと、さんざん「市長をいつ辞めるのか」と聞かれましたね。「辞めません」と言っても、「どうなったら辞めるんですか?」「リーダーとして、有罪になる可能性も考えないといけないんじゃないか」と……。 ―逮捕されて、身に覚えのない罪を認めてしまう人も少なくないですが。 藤井 僕 [全文を読む]

ガッツリ濃厚な味噌がヤミツキ!「つじ田 味噌の章」のバリ味噌ラーメンがうますぎる件

GOTRIP! / 2017年08月26日17時30分

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。 甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると [全文を読む]

【日本麺紀行】京都ラーメンといえばココ!京都市下京区の「本家 第一旭 たかばし本店」

GOTRIP! / 2017年07月30日16時30分

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。 甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると [全文を読む]

さだまさしが対談に指名したミスター・ドクターカーの仕事ぶり

NEWSポストセブン / 2016年10月16日07時00分

ここでは、その仕事ぶり、情熱、人柄に感銘を受けたさだまさし(64才)がテレビ番組で対談相手に指名した岐阜県中津川市民病院の医師・間渕則文さん。“ミスター・ドクターカー”と呼ばれるように、自分の生活は二の次で、乗用車型ドクターカーを駆って奥美濃の山中を自在に走り回り、救命率を驚異的に上げた彼の手腕、行動力と熱い医者魂に迫る。 * * * その日、夜9時過ぎ、 [全文を読む]

「最高気温ポイント」で多治見と館林が熾烈なトップ争い…も敵はあの「王者」!?

週プレNEWS / 2015年08月18日20時30分

早速、多治見市民に話を聞いた。 「暑さ日本一!? そんなものになったところで、なんの自慢にもならないしねぇ。館林? 別に他のところが暑かろうが気にならないですよ」 額から汗を噴出しながら、そう語るのは多治見市内に住む40代の男性だ。言葉の端々からは「暑さをネタに地方を弄(もてあそ)ぶな」「メディアには踊らされんぞ」という反発心が見え隠れする。そこで「毎日暑 [全文を読む]

収賄で逮捕・起訴された美濃加茂市長「辞任する意思はまったくない。早く復帰したい」

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月29日20時16分

郷原弁護士は同日、記者会見を開き、「一日も早く保釈して、市民のもとに返すべきだ」と話した。 藤井市長の起訴を受け、美濃加茂市議会は、「進退についての真意」を確認する文書を弁護団に渡した。弁護団を通じて文書を受け取った藤井市長は29日、書面で返答した。郷原弁護士によると、藤井市長は、あらためて現金の受け取りを否定。市長復帰を望む2万1000人以上の署名が集ま [全文を読む]

「早く釈放を勝ち取りたい」美濃加茂市長の郷原信郎弁護人に聞く【動画あり】

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月08日16時30分

●「現職市長に『逃亡の恐れ』ありというのは、市民に対する冒涜」 「この事件については、証拠関係はほぼ固まりつつあります。現金は渡されていないと固まっていて、今後、罪証隠滅の恐れなどまったくないと考えています。 もうひとつ、この事件で、これまでの経緯の中で許せないのは、勾留理由のひとつとして『逃亡の恐れ』があげられていることです。 現職の市長、しかも、多く [全文を読む]

岐阜県中津川のドクターカー 運用以降救急救命率3%→19%に

NEWSポストセブン / 2016年10月19日11時00分

岐阜県中津川市民病院・病院前救急診療科部長の間渕則文さんは、「ミスター・ドクターカー」と呼ばれ、自分の生活は二の次で、乗用車型ドクターカーを駆って奥美濃の山中を自在に走り回り、救命率を驚異的に上げた。そんな間渕さんは、その仕事ぶり、情熱、人柄に感銘を受けたさだまさし(64才)がテレビ番組で対談相手に指名した医師としても知られる。 医師の家系に生まれた間渕さ [全文を読む]

住民とともに、地域の未来を描き、未来を創る、地方創生プログラム[地域みらい大学2017]参加自治体募集開始

DreamNews / 2016年09月06日14時00分

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域課題の解決に挑むissue+designでは、株式会社博報堂のソーシャルデザインを行う組織“hakuhodo i+d”他と共同で運営する「地域みらい大学」の2017年度参加自治体を募集いたします。「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域課題の解決に挑むissue+designでは、株式会社博報堂の [全文を読む]

岐阜県高山市とイオンが「地域連携協定」を締結。10/30にご当地WAON発行!

PR TIMES / 2015年09月29日10時46分

本協定に基づき、高山市とイオンは観光・商業・農林畜産業の振興やイオングループの国内外の店舗網を活用した高山市産品の販路拡大、ライフデザインや子育て支援など計7項目において、より緊密な連携を図り、地域の活性化、市民サービスの向上を図ってまいります。[画像1: http://prtimes.jp/i/7505/450/resize/d7505-450-9807 [全文を読む]

地域の課題解決に住民とともに取り組む「地域みらい大学」 2016年度開催希望地全国から5か所募集開始

DreamNews / 2015年09月14日14時00分

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+ designは、株式会社博報堂他と共同で、ソーシャルデザインの手法を使って地域の課題を解決する「地域みらい大学」の2016年度開催希望地を、全国から5か所、本日2015年9月14日より募集開始いたします。「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに社会課 [全文を読む]

厚労省「村木事件」から検察はなにも学んでいない! 美濃加茂市長の収賄裁判が公判終了【後編】

週プレNEWS / 2015年02月03日06時00分

検察が組織を挙げて、5万5000人の美濃加茂市民を代表する現職市長を起訴し、有罪にしようと、なりふり構わないやり方をしているんですから。 江川 村木事件の後、法務大臣の諮問(しもん)機関として「検察の在り方検討会議」ができました。私も郷原さんも委員だったわけですが、検察庁内部に監察部署ができ、チェック体制が強化されるなど変化もありました。新たにできた『検察 [全文を読む]

利用金額の一部を防災対策に寄付~名古屋市とイオン株式会社との「包括連携協定」について~

PR TIMES / 2014年10月21日13時01分

名古屋市とイオン株式会社は、市民生活の幅広い分野において「地域の活性化や、市民サービスの向上に向けた協働の取り組み」を実施することを目的として、「包括連携協定」を締結いたします。 具体的には、地域防災力の向上のほか、子どもや若者の支援、イオン店舗での名古屋めしや観光のPRなど、幅広い分野において、それぞれの持つ資源を有効に活用しながら、協力して事業を展開し [全文を読む]

「美濃加茂市を焼け野原にするぞ」と警察に言われた――保釈された藤井浩人市長が会見

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月25日17時43分

●警察の取り調べで「市民に対する侮辱」 藤井市長は事件について、「現金を受け取った事実はなく、潔白だ」とあらためて主張。「取り調べでは、『早く認めて、市長を辞めれば楽になる』と散々言われた。しかし辞める事は少しも考えなかった。2万2000人の署名もいただいた。筋を通して、市長職を続ける考えに変わりはない」と強調した。 警察の取調べでは、「はな垂れ小僧に投 [全文を読む]

トヨタ、2013年度「コミュニティコンサート」開催概要を決定

JCN Newswire / 2013年04月12日15時32分

市民参加型コンサート>…1 公演地域ニーズを反映した幅広い市民参加のコンサート。主要都市の大ホールでプロの指揮者・ソリストと市民が共演◆7 月7 日(日) 大垣市民会館(岐阜県)大垣市室内管弦楽団がヴェルディ生誕200 年を記念し、ミラノ・スカラ座にてパバロッティなどの世界的歌手を指導・サポートしてきたダンテ・マッツォーラ氏を指揮に迎え、地元にゆかりのあ [全文を読む]

飛騨市が岐阜県観光連盟とのコラボでリーチ拡大 飛騨市の公式観光サイト『飛騨の旅』がオープン ~スマホ版もスタート~

@Press / 2012年10月02日09時30分

PC版では、150枚もの美しい写真を使って市の魅力をダイジェストで紹介する「10分で知る飛騨市の魅力」や動画・写真・地元市民の声で構成された冬の風物詩「三寺まいり大特集」、岐阜県の宝ものに認定された「天生県立自然公園」のハイキング体験記など、楽しい読み物が満載。スマホ版にはオンライン宿予約機能「旅くら」を全国で最初に導入。PC版と同様、人気旅行サイト(※ [全文を読む]

猛暑でも「35度でへばっては生きていけない」 岐阜・多治見市民のコメントに共感集まる

Jタウンネット / 2017年07月20日20時00分

市民にここまで言わせる「暑さ」とは何なのか。Jタウンネットは、気象台に話を聞いてみた。10年前の最高気温40.9度は、観測史上2番目 多治見市内では7月に5度も猛暑日に 多治見市は、岐阜県南部に位置し、愛知県名古屋市のベッドタウンともされている。2007年8月16日には、埼玉県熊谷市とともに最高気温が40.9度を記録し、観測史上最高となって一躍注目を集めた [全文を読む]

フォーカス