岐阜県 大垣市に関するニュース

【人気の地方都市シリーズ】首都圏や関西へのアクセスも抜群!岐阜・静岡編

ZUU online / 2017年05月03日06時40分

■教育熱心な岐阜県大垣市松尾芭蕉の「奥の細道」の結びの地としても有名な岐阜県大垣市は、教育熱心な地域としても知られています。2015年度からは大垣市の全小中学校で土曜授業を開始するなど、全国に先駆けた教育への取り組みを実施しています。市内の至る所から湧き出す地下水も、大垣市の特徴の一つです。近くには木曽川、揖斐川、長良川など、地域を代表する清流もあり、全国 [全文を読む]

地下水に恵まれた「水の都」岐阜県大垣市の魅力

ZUU online / 2017年04月05日06時40分

旅をしながら全国を巡った紀行作品として有名な「奥の細道」ですが、松尾芭蕉が旅の終わりの地として選んだのが岐阜県大垣市でした。今回はそんな大垣市の魅力について紹介します。■水の都大垣市大垣市は湧き水が多いことで知られ、「水の都」とも呼ばれています。市内には数多くの井戸があり、各地から多くの人が美味しい水を汲みに訪れます。全国水の郷100選にも選ばれる程水資源 [全文を読む]

注目の新“聖地”が登場! 京アニが劇場アニメ化する『聲の形』の聖地・岐阜県大垣市が張り切っている件

おたぽる / 2015年12月06日16時00分

岐阜県・大垣市だ。 先日、人気・有力アニメスタジオ、京都アニメーションが劇場アニメ化を発表した『聲の形』(講談社)。実は作者の大今良時は大垣市出身で、地名こそ架空のものになっているが、作中の公園、歩道、橋などの風景は市内の実在の場所がモデルになっている。 大垣観光協会による観光サイト、「大垣・西美濃観光ポータル 水都旅(すいとりっぷ)」では特設ページも設け [全文を読む]

三菱UFJ銀がある地方銀行につくった“借り” 多すぎる地銀の淘汰が加速!

Business Journal / 2015年07月23日06時00分

●十六銀行、岐阜県の指定金融機関の座を大垣共立銀行に奪われる 今年4月1日、岐阜県で異変が生じた。県の公金収納や支払い事務の窓口となる指定金融機関が、十六銀行(岐阜市)から大垣共立銀行(大垣市)に交代したのだ。県レベルの指定金融機関が替わるのは、全国でも珍しい。 県の指定金融機関は、制度が始まった1964年から、十六銀行が一貫して務めており、2年ごとに議会 [全文を読む]

残念ながら「まちづくり」で人は増えない

プレジデントオンライン / 2017年07月21日09時15分

ここで、中心市街地活性化基本計画がある都市のうち、北から宮城県石巻市、岐阜県大垣市そして福岡県大牟田市の人口の推移をみる(図表2)。 中心市街地活性化基本計画がある地方都市のなかでも大牟田市は人口減少ペースが急である。大牟田市の2015年における国勢調査人口は117,360人と、過去ピークであった1959年の208,887人と比べ約半分にまで落ち込んでいる [全文を読む]

茨城県・大洗町だけじゃない!? 『君の名は。』飛騨市、『聲の形』大垣市が“聖地”として盛況! 香川や呉も続け!!

おたぽる / 2016年11月10日11時00分

』の作中の舞台の一つになったにも関わらず、地元には映画館がなかった岐阜県飛騨市で同作の上映会が行われ、新聞各紙、TVの『ニュース番組にも取り上げられるなどの話題となった。 邦画史に残る大ヒットとなった『君の名は。』だけにその影響力は強く、飛騨市を訪れる人も急増しているとか。そんなファンに応えるべく、飛騨市の公式観光サイト「飛騨の旅」では丁寧な“巡礼”マップ [全文を読む]

パラグライダーに十二単にみそづくり…!? ふるさと納税で「体験型特典」を楽しもう

Woman.excite / 2016年04月01日21時00分

どっぷりディープな「体験型特典」の一例をご紹介します!■パラグライダー、舟下り、花火の打上げ、みそづくり 岐阜県大垣市岐阜県の大垣市は、国内でも有数のゆたかな地下水に恵まれた「水の都」。この土地ならではの舟下りや、たらい舟乗船をはじめ、パラグライダー、ゴルフ、花火の打上げ、豆腐・みそづくり、化石さがしなど豊富なラインナップが魅力です。家族やカップルで特典を [全文を読む]

その時々に適切なサービスを 認知症ケアパス配布中(岐阜県大垣市)

認知症ねっと / 2016年10月29日20時00分

高齢介護課などで配布 公式ホームページでも 岐阜県の大垣市は、認知症やその家族が市内の住み慣れた地域に長く安心して暮らし続けるための冊子「認知症ガイドブック~大垣市認知症ケアパス~」を作成、配布している。このガイドブックは市の高齢介護課や市内の地域包括支援センターで配布しているが、市の公式ホームページでも閲覧できる。 増加する認知症高齢者 進行する高齢化社 [全文を読む]

日本初のタクシー配車アプリ「日本交通タクシー配車」「全国タクシー配車」シリーズ 累計60万ダウンロード、アプリ経由の売上5億円突破!

@Press / 2012年07月31日13時00分

■新規提携タクシー会社<都道府県> 岩手県<配車エリア>盛岡市<会社名> 株式会社ヒノヤタクシー<車両台数> 109台<開始時期> 8月中旬開始予定<都道府県> 福島県<配車エリア>福島市<会社名> 福島貸切辰巳屋自動車株式会社<車両台数> 51台<開始時期> 提供済み<都道府県> 福島県<配車エリア>郡山市<会社名> クラブ自動車株式会社<車両台数> 7 [全文を読む]

フォーカス