岐阜県 関市に関するニュース

~刃物のない世界を描いたPRムービーが話題の関市による新たな取組み~ あのウワサは本当だった?固いと評判のアイスと関鍛冶が奇跡のコラボレーション! 『関鍛冶CAFE&あずきBAR』オープン

PR TIMES / 2016年09月08日15時00分

日本刀「孫六兼元の展示や、「あずきバー」を使った限定メニューを販売! 日本一の刃物のまちとして知られる岐阜県関市(市長:尾関健治)は、10月8日(土)・9日(日)に開催する「第49回岐阜県関市刃物まつり」への誘客を目的に、日本刀の展示や井村屋株式会社の代表商品である「あずきバー」を使った限定メニューを提供するコンセプトカフェ『関鍛冶CAFE&あずきBAR』 [全文を読む]

龍馬・信長の愛刀を模した『ペーパーナイフ』6月30日発売 岐阜の関刃物職人が1本1本丁寧に刃付け

@Press / 2017年06月28日11時30分

ニッケン刃物株式会社(本社:岐阜県関市、代表取締役:熊田 幸夫)は、織田信長や坂本龍馬の愛用していた日本刀を模した『名刀ペーパーナイフ』を2017年6月30日(金)に発売します。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/131527/LL_img_131527_1.jpg 封筒カット 当社は、名刀ペーパーナイフの商品 [全文を読む]

刃物の町「関市」のPRムービーが狂気に満ちていてヤバい

しらべぇ / 2016年08月20日12時00分

※画像はYouTubeのスクリーンショット「刃物がないって大変なんだな...」全国でも有数の刃物の生産地である岐阜県関市が作ったPRムービー「もしものハナシ」がヤバすぎると話題になっている。その狂気に満ちた映像を、是非とも自分の目で確かめてほしい。■世界の3S(スリーエス)関市といえば大阪府堺市と並んで刃物の生産が盛んな土地。そのクオリティは世界でも高く評 [全文を読む]

うまい棒の仏像「うまい仏」が名古屋に降臨!

Walkerplus / 2015年01月09日12時49分

岐阜県関市は1月23日(金)から25日(日)まで、愛知県名古屋市にある商業施設のミッドランドスクエアで、「うまい仏(ぶつ) 円空が眠るまち・岐阜県関市 現代アート展」を開催する。 「うまい仏」とは、岐阜県生まれの現代美術作家である河地貢士氏が、円空の作品を現代的に解釈し、スナック菓子「うまい棒」に仏像を彫刻したアート作品だ。親しみのあるスナック菓子に彫られ [全文を読む]

審神者必見!刃物の関市が開発した「日本刀アイス」!

おたくま経済新聞 / 2017年08月26日15時00分

歴史好きや日本刀を擬人化したゲームなどで日本刀のよさが注目されている昨今ですが、刃物の街として有名な岐阜県関市に、新たなご当地銘菓が誕生しました。 関市の有志で作る団体「日本刀アイスをつくる会」が開発した「日本刀アイス」。ツイッターで関市の眼鏡屋「ami」店員の音久さん(@neku07)がツイートした事がきっかけに広く知られ始めてきています。 ( 」゚Д゚ [全文を読む]

ふるさと納税も戦国時代に突入? 岐阜県関市の返礼品は「日本刀」

しらべぇ / 2016年10月05日11時00分

岐阜県関市は、ふるさと納税の返礼品として「刀匠らが手掛ける日本刀」を贈呈すると発表した。日本刀の贈呈は全国初の試みとなる。razvanchirnoaga/iStock/Thinkstock■なぜ「日本刀」なのか?関市は鎌倉時代より続く日本最大の日本刀の生産地であり、現在も伝統を受け継いだ関鍛冶の刀匠が活躍する「刃物のまち」として有名。画像は「関市役所公式ホ [全文を読む]

戦国大名気分で事務作業!?刃物の町 岐阜県関市の職人による名刀モチーフのはさみ見参!クラウドファンディング「未来ショッピング」にて限定仕様版の製造販売プロジェクト8月10日スタート

@Press / 2017年08月10日11時00分

ニッケン刃物株式会社(本社:岐阜県関市、代表取締役:熊田 幸夫)は、クラウドファンディング「未来ショッピング」を通じて、『日本刀はさみ名刀シリーズ』を製造販売するプロジェクトを2017年8月10日からスタートします。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135095/LL_img_135095_1.jpg日本刀はさ [全文を読む]

岐阜県関市が誇る、一千有余年の歴史を持つ伝統漁法 『小瀬(おぜ)鵜飼(うかい)』開幕

PR TIMES / 2017年05月10日11時00分

掘りごたつ式観覧船追加! 【開催期間】:2017年5月11日(木)~10月15日(日)岐阜県関市では2017年5月11日(木)~10月15日(日)の158日間、長良川河畔の小瀬の里にて、一千有余年の歴史を持つ伝統漁法「小瀬鵜飼」が開幕します。 「清流長良川の鮎」が世界農業遺産の認定を受けてから初の開催となった2016年度の乗船者数は、8,474人と、盛況を [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】世界的な刃物の町「岐阜県関市」で味わう、ニッポンの真髄

GOTRIP! / 2016年10月22日10時00分

そんな世界中の人々から愛される日本の刃物は、どこで生産されているかご存知でしょうか? ・刃物の一大産地それが岐阜県関市 岐阜県関市。 ここは古来より日本刀の生産地として全国に名を轟かせてきました。 その技術を活かし、今では刃物の一大産地となっています。 関のナイフは世界的に非常に有名で、欧米企業も注目しているほど、ドイツ資本のツヴィリング・ヘンケルス社は [全文を読む]

今度の週末は真田丸&伝統刃物イベントに出かけよう!

しらべぇ / 2016年09月26日05時30分

岐阜県関市では、まったく同時期に『刃物まつり』が開催される。関市は世界有数の刃物生産地として知られ、このイベントでは地元の刃物業者がブース展示を行なう。居合道の演舞、日本刀鍛造などが公開実演されることでも有名だ。最近では「歴女」も刃物まつりに駆けつけているという。ドイツのナイフメーカーであるツヴィリング・ヘンケルスの日本支社は、この関市に所在。同社のハイグ [全文を読む]

岐阜県関市が誇る、一千有余年の歴史を持つ伝統漁法『小瀬鵜飼』開幕

PR TIMES / 2016年05月10日17時11分

「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定されてから初の開催!【開催期間】:2016年5月11日(水)~10月15日(土)岐阜県関市では2016年5月11日(水)~10月15日(土)の158日間、長良川河畔の小瀬の里にて、一千有余年の歴史を持つ伝統漁法「小瀬鵜飼」が開幕します。2015年3月に、農林水産業にかかわる技術の指定として日本で初めて「長良川の鵜飼漁の [全文を読む]

世界に刃物がなかったら…刃物の街・関市のPRムービー

HANJO HANJO / 2015年10月02日12時00分

700年以上の歴史を持つ刃物の街・岐阜県関市が、PRムービー「もしものハナシ」を公開した。 ムービーは「もしも刃物がなかったら」をテーマにした内容。ニンジンをチョップで切ろうとする主婦をはじめ、ひげ剃りの代わりにガムテープを使う男性、ナイフなしのウェディングケーキ入刀など、「刃無し」の世界における日常風景を描いた。 動画は9月28日の公開から3日が経過した [全文を読む]

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市のPR動画がホラーすぎて怖いwww【動画】

AOLニュース / 2015年10月01日21時00分

岐阜県関市のPRムービーが公開され、話題を呼んでいる。 https://youtu.be/AjRPdeHCZwA <関連動画はこちら> タイトルは「もしものハナシ」。ゆっくりとした音楽に合わせて、一心不乱に野菜をチョップで切ろうとする主婦や、雄叫びを挙げながらガムテープで髭を抜く中年男性、鬼のような形相で客の髪を噛みちぎる美容師に、握手会に来たファンに笑顔 [全文を読む]

関市:料理芸人を「包丁大使」 地場産業をPR託す

毎日新聞 / 2017年09月01日20時46分

刃物名産地の岐阜県関市は1日、料理芸人として人気のいけや賢二さん(39)を「包丁大使」に任命した。主婦や子どもたちに包丁や料理への関心を高めてもらい、地場産業をPRする狙い。 居酒屋で板前のアルバイト経験があり、テレビ番組で華麗な包丁さばきを披露しているいけやさん。大使として今後、市のイベント参加や出演番組などで関の包丁をアピールしていく。 いけやさんは市 [全文を読む]

フォーカス