生長の家 菅野完に関するニュース

元参議院のドンが暴露する、日本会議の実体! 安倍政権に多大な影響を与える“霊的な力”とは

週プレNEWS / 2017年01月10日06時00分

そこで語られた「日本会議の実体」とは? ■生長の家への接近は「票」のためだった 2016年の年の瀬を迎え、忘年会客で賑(にぎ)わう東京・渋谷の繁華街。その一角にあるイベントスペースで行なわれたトークショーは不思議な「熱気」に包まれていた。 ステージ上にいるのは“日本会議ブームの火つけ役”である菅野完氏と、かつて“参院のドン”と呼ばれて、政界に大きな影響力を [全文を読む]

ベストセラー『日本会議の研究』著者に聞く その怖さと強さの秘密

しらべぇ / 2016年07月06日06時00分

■日本会議は「肉まん」のような二重構造菅野:日本会議、その中核である日本青年協議会や安倍政権のブレーンでもある伊藤哲夫氏が率いる日本政策研究センターは、1960〜70年代に名を馳せた、新興宗教「生長の家」学生運動を源流としています。生長の家はGHQによる占領期が終わった後あたりから、活発な政治運動を展開します。その過程で、70年安保の時代に勃興した左翼学生 [全文を読む]

ベストセラー『日本会議の研究』販売差し止めに著者の反論

NEWSポストセブン / 2017年01月17日16時00分

販売差し止めを申し立てた人物は、日本会議の源流ともいえる宗教団体「生長の家」の元幹部のA氏だ。A氏について、政治団体「一水会」元顧問で、生長の家出身の鈴木邦男氏はいう。 「日本会議は神社本庁などの宗教・思想団体が連合したもの。その実務を仕切っているのはA氏を中心とする、生長の家出身の数名です。A氏は弁がたつ、カリスマ的存在だった」 問題の記述は、A氏を“ [全文を読む]

あの『日本会議の研究』が出版差し止めに! 過去の判例無視、「表現の自由」を侵す裁判所の不当決定の裏に何が?

リテラ / 2017年01月10日08時00分

同書をめぐっては、宗教法人「生長の家」の元幹部である安東巖氏が同書の記述が名誉毀損に当たるとして出版差し止めの仮処分を申し立てていたのだが、6日、東京地裁が安東氏の申し立てを認めるかたちで、出版差し止めの仮処分命令を出したのだ。 たしかに同書は、日本会議のルーツとして、70年安保当時、右派学生運動を担った元生長の家の信者たちに着目。資料や証言をもとに、彼ら [全文を読む]

話題の「日本会議」はどんな団体なのか? 会長を直撃

NEWSポストセブン / 2016年05月23日16時00分

日本会議の研究と銘打っていますが、日本会議のルーツのひとつである生長の家(※注)批判を展開している書物のように感じました。日本会議の創生期には確かに生長の家の創始者である谷口雅春氏らの主張と日本会議の主張が響きあう部分も多く、椛島君や学生運動をやっていた世代の人々が参加しました。 しかし、日本会議が生長の家に牛耳られているとか、生長の家の陰謀だとか、まった [全文を読む]

安倍内閣を牛耳る「日本会議」とは? 閣僚の約8割が名を連ね憲法改正を画策!

週プレNEWS / 2015年07月09日06時00分

この組織のルーツは70年安保の時代に民族派学生運動で活躍した『全国学協(全国学生自治体連絡協議会)』及びその母体である『生長の家学生会全国総連合』のメンバーです。 70年安保で“学園正常化”の名の下に、左翼の学生運動に対抗して大きな成果を挙げた彼らは、右翼・保守陣営の“大人たち”からも一目置かれる存在になった。 そして、左翼から学んだ市民運動の手法を生かし [全文を読む]

宗教法人・生長の家が反安倍宣言 民進党は票取り込みに懸命

NEWSポストセブン / 2016年06月20日16時00分

参院選が事実上スタートした6月9日、宗教法人・生長の家がウェブサイトに掲載した声明が永田町に衝撃を与えた。 安倍政権の原発再稼働や安保法制による憲法解釈変更を批判し、 〈来る7月の参議院選挙を目前に控え、当教団は、安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思を表明するために、「与党とその候補者を支持しない」ことを6月8日、本部の方針として決定し、全国 [全文を読む]

日本会議産みの親「生長の家」が安倍政権と日本会議の右翼路線を徹底批判!「日本会議の元信者たちは原理主義」

リテラ / 2016年06月10日20時30分

〉 宗教法人「生長の家」が、昨日6月9日、ホームページにてこんな書き出しで始まる声明文を公開。安倍政治に真っ向から反対を宣言した。 生長の家は1930年に故・谷口雅春氏によって設立された宗教団体で、49年に法人化。当時は皇国史観や国粋主義的思想のもと「明治憲法復元」や反共を掲げ、政治家と結びついて積極的に政治活動を行っていた。 また、現在、安倍政権と一体化 [全文を読む]

日本会議特集を組んだテレビの選挙特番が自主規制でカット、「日本会議事務局の会員勧誘録音テープ」の内容を全公開!

リテラ / 2016年07月12日12時00分

たとえば前述した日本会議の研究本では、椛島氏、伊藤氏、百地氏らがかつて宗教法人「生長の家」の学生部としてカルトな民族派学生運動を展開していたことや、日本会議の役員には神社本庁や佛所護念会、モラロジー研究所など宗教団体の幹部が多く名を連ね、宗教右派が結集していることなどを記している。また、本サイトはその目指しているものが改憲だけでなく、教育観や家族観も含め [全文を読む]

「日本会議はものすごい“後ろめたさ“を抱えている」先駆的研究者・上杉聰が語る日本会議の最大の問題とは?

リテラ / 2016年06月20日18時00分

これらの諸団体や多面的な運動を統括するのが、事務総長の樺島有三ら生長の家の旧学生グループ、日本青年協議会です。彼らが事実上の日本会議の事務方ですが、普段は決して表にでてこない。この秘密主義は"意外な効果"をもたらしています」 [全文を読む]

現役の神社宮司が「日本会議や神社本庁のいう伝統は伝統じゃない」「改憲で全体主義に逆戻りする」と真っ向批判

リテラ / 2016年06月01日08時00分

椛島氏は、菅野氏が同書で日本会議の中枢に座る「生長の家原理主義」の一人として名指しした人物だ。 言論活動に対して、それが巷間に出る以前から「抗議」と称して差し止めを要求する。これは明らかに言論、出版の萎縮を狙った威嚇行為だ。断じて許されるものではない。 しかし、日本会議側がいくら圧力をかけても、昨年以降、メディアは日本会議を大きく取り上げるようになった。新 [全文を読む]

700万人の憲法改正署名集めた日本会議 正体掴めぬ組織

NEWSポストセブン / 2016年05月17日16時00分

「古くから日本会議にかかわっているメンバーたちが原点としているのは宗教法人生長の家(※注)を設立した谷口雅春先生の教えです。谷口先生は現行憲法を占領基本法だと批判していて、憲法改正というならばまず明治憲法の復効を宣言し、その後に改正すべきだと主張していた。諸悪の根源は現憲法ですよ。 【※注/谷口雅春氏が1940年に創設した宗教団体。1964年から憲法改正 [全文を読む]

フォーカス